Windows10で漢字(半角/全角)キーで日本語入力不可(9/1)

ノートパソコンHP Stream11 をWindows10にアップグレードした後、何らかのきっかけで半角/全角キーで日本語入力できなくなった。どうも101/102キーボードになってしまったようだ。
デバイスドライバでキーボード>HIDキーボードや標準キーボードのドライバをすべて削除し、再度デバイスの検出でHIDキーボードだけにしても、ダメ。
相変わらず、漢字(半角/全角)キーでシングルクォート、シフト+;(セミコロン)で:(コロン)、シフト+2が@になる。

よくわからないが、
設定>システム>タブレットモード>オフ
およびサインイン時の動作>デスクトップに移動
およびデバイスがタブレットモードのオンオフを自動的に切り替えるとき>切り替える前に常に確認する
にしたところ、再起動後正常に戻った。

どうやらWindows10は内蔵キーボードがなんらかの原因で未接続になると、タブレットモードと認識して、その後内蔵キーボードが接続状態に戻っても、英語キーボードになってしまうようだ。
従って、Windows10のノートパソコンはタブレットモードを基本的にオフにしておいて、故障か何かでキーボード未接続になってもタブレットモードに切り替えるのをユーザの確認なしには行わないようにしておくほうが良いようだ。

なかなか新しいOSは難しいな。
[PR]
by k1segawa | 2015-09-01 11:02 | Comments(0)
<< vi で 制御(コントロール)... RaspberryPi で A... >>