Logicool K240 Windows10 日本語キーボード(9/21)

LogicoolのK240(MK240SBK M/N:Y-R0036)という2200円のワイヤレスキーボード&マウスを入手。
Buletoothではないのだが、Windows10で使っていると、日本語キーボードとして認識しない。
半角/全角キーがバックスラッシュ(`)になるし、+や=、(などの位置が英語キーボードになっている。

解決策はLogicoolのSet Pointをインストールすること。
K240のはないので、Wireless All-in-One Keyboard TK820(モデル番号Y-R0039)のをインストール。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/wireless-all-in-onekeyboard-tk820
Smart Installerというのを選んで32/64ビット自動でインストール。(自分は32bitだが)
インストール後SetPointの設定というマウス・キーボードの設定プログラムを起動したが、何も変更しないでそのまま適用ボタンを押し、変化がないのでOKボタンを押して終了した。

再起動もなくすぐ半角/全角キーでタスクトレイのA→あに切り替わった。変換キーでも日本語入力ONになる。
無変換キーはあ→カ(全角)→カ(半角)の切り替えループ、カタカナになってもローマ字キーでひらがなに戻る。

おー、いい設定だー。
自分でも変換キーはカスタマイズしているけどこのままでもいいかな。
[PR]
by k1segawa | 2015-09-21 18:00 | Comments(0)
<< 画期的!キックスタート支援。次... 地球温暖化はCO2など温室効果... >>