Windows10 ログイン/エクスプローラが重い - Autoruns他 (11/10)

タスクマネージャーでスタートアップを削除したが、起動時デスクトップ表示するまでがどうも遅い。

そこでAutorunsというマイクロソフト謹製のレジストリ操作ソフトを使ってみる。
次のサイト様に詳しい。
Autoruns の使い方
Windows10 64bitなのでAutoruns64を。

管理者権限で起動すると、タスクマネージャーで見つからなかったスタートアップが見つかる。
赤が提供会社が不明なもの、黄色がレジストリとして起動Exe等が無いもの。
最初にSaveでレジストリを保存しておく。2年使ったマシンだが700KBぐらい。
a0034780_19045226.jpg
アップデートマネージャーが多くこれらの常駐を切るのは自己責任で。Javaとか。
余り極端に変更するのはやめておこう。サービスのt_mouse.sysを止めたらFOX-XRAYのマウスポインタが出なくなって焦った。
マイクロソフトのマウスを繋いで何とかなったが。
エクスプローラの右クリックで出るカスケードメニューも全てではないが削除できる。
再起動後、反映されている。

あと、Windows8あたりからピクチャーフォルダ等を開くと、エクスプローラが勝手にサムネイル画像を作成し出して、アドレスバーに緑色のプログレスバーが伸びて終わるまでソートとかが終わらないのだが、何も選択していない状態で、右クリックで[プロパティ][カスタマイズ]でダイアログを表示して、中央のリストをピクチャ→ドキュメントに直す。ダウンロードとかドキュメントフォルダも同様にしておくと良い。
a0034780_19070141.jpg

[PR]
by k1segawa | 2016-11-10 19:08 | Comments(0)
<< Japanino Arduin... codebenderでインスト... >>