Wi-Fi ルータ バージョンアップ - WPA2脆弱性に関して (10/20)

10/17のWi-Fi WPA2の脆弱性でファームウェアバージョンアップが必要か調べた。以下備忘録。
最近買ったAterm WG1200HSだ。

メーカサイトのページによると2017/9/28にバージョンアップがある。

結構最近だな。だが件の脆弱性の前のようだ。
メーカサイトのサポートお知らせページにいくと、[重要]という10/18のお知らせがある。

中身を見ると各製品の脆弱性についての現時点までの調査結果があり、WG1200HSの脆弱性は「ルータ・ブリッジモード:影響なし」、「子機:対象外」となっていた。

ルータモードしか使ってないが、大丈夫そうだ。

一応バージョンを確認するため、方法を調べる。

ここからオンラインバージョンアップを行うため、クイック設定Webというのを行う。

ルータの管理Webページに行き、ユーザ名とパスワード(変更済み)を入力。
ファームウェア更新をクリックしてバージョンを確認する。
少し古いようだ。

オンラインバージョンアップの「更新」ボタンを押し、ルータの再起動まで待つ。
a0034780_06104932.jpg
正しくバージョンアップ出来たようだ。

[PR]
by k1segawa | 2017-10-20 06:08 | パソコン | Comments(0)
<< Raspberry Pi 2... Raspberry Pi 2 ... >>