カテゴリ:未分類( 316 )

Google アナリティクスに登録してみた (8/16)

エキサイトブログのいつもトップのアクセス数のページが一体どこからリンクされているのか、調べようとして無料の「Webマスターツール(Google Search Console)」を登録すると良さそうなので、Googleアカウントで登録したが、どうやらエキサイトブログは対応していなくて、自分のサイトである証明のための必要なファイルをアップロードできないらしい。

そしてそもそも旧となっていてこれは古いようだ。

で、無料のGoogle アナリティクスに切替え、エキサイトブログとの関係を調べると対応しているようなので、下記のエキサイトブログのヘルプを参照しながらGoogle アナリティクスに登録(1000万ページアクセスまで無料とある。そんなにあるわけないが)。

登録後のGoogle アナリティクス画面がこちら。
a0034780_14453211.png
このトラッキングID(消去済み)をエキサイトブログヘルプの通りに設定するのに、[管理画面]-[基本設定]を選んでから、一番下にあるGoogle Analytics登録に追加。
いつごろ有効になるのかな~



[PR]
by k1segawa | 2017-08-16 14:37 | Comments(0)

この世界の片隅に - 映画 (8/11)

「この世界の片隅に」をネットで見た。
そうかー、目が細くなって照れ隠しで笑うキャラクターだったのかー
イメージポスターに載ってる主人公の姿は、ただただ弱い姿を見せていたので好ましく思わなかったが、どんな状況でも笑ってやり過ごす姿は泣き叫ぶよりずっと強い。

そんな主人公の夫も前向きなだけでなく、すずの気持ちをおもんばかって口を閉じてしまうような面を見せている。イケイケドンドンではなかった。

後半3/4ぐらいまで戦時中なのにどこかのほほんとした雰囲気だが、急に主人公の体に戦争の魔の手が伸びる。誰でも可能性のあった事が自分に降りかかる。
そこで気が付き、憤慨するが、自分もそうだったように淡々とした日常生活と人々との反応が再び続く。しかし戦後の被害はすぐそこにありそれらを包含して生活は続いていく。
a0034780_01131787.png

[PR]
by k1segawa | 2017-08-11 01:14 | Comments(0)

[+α] 32GBストレージのWindows 10マシンにCreators Updateを適用する : Windows Info - ASCII.jp (8/3)

タイトルの通り、ASCII.jp で連載のWindows Info (塩田紳二) で、32GB の PC は eMMCが多い。hp stream 11やIntel ComputeStickなどがあり容量がギリギリだ。
記事でも最初インストール可能になっても、途中でエラーになっている。

実は記事内で触れられていないが、奥の手として「ページングファイルの縮小」がある。

設定>システム>バージョン情報>システムの詳細設定>詳細設定タブ>パフォーマンス設定ボタン>詳細設定タブ>仮想メモリ
a0034780_00214586.png
ここで、ページングファイルのサイズが2.6GBになっている。これはシステムのデフォルトなので変更ボタン押下で1GBにする。
a0034780_00241554.png
設定ボタン押下後OKで終了。再起動後さらに1.6GB残り容量が増加する。

小さい容量のPCなので色々やってあと少しという時はこれを試して欲しい。



[PR]
by k1segawa | 2017-08-03 00:15 | Comments(0)

exiteモバイル と IIJ の格安SIM SNS付き高速データ通信専用SIMの比較 (8/1)

(2017/8/2 修正:13ヶ月目にキャッシュバック→8月13日までにメールアドレス確定。口座登録は15日から。8月29日までに口座登録した方に29日以降に順次キャッシュバック。およびP.S.追加)
(2017/8/2 修正:1分1MB→10MB)
8/1からexiteモバイルがキャッシュバックキャンペーンを行なっている。
エキサイトモバイル | 自分にも家族にもぴったりの格安SIM・格安スマホ
データ通信専用なら7,000円、電話番号もしくはSNS付きなら10,000円だ。
ただし、13ヶ月目にキャッシュバック(指定口座振り込み)なので、電話番号付きのみ途中解約料が9,800円(データ通信専用とSNS付きは無料)の場合は特に注意。
最初の事務手数料は普通の3,000円。

いわゆる従量課金制の最適料金プランと、定額高速データ通信プランがあるが、極端に使わない月と使う月はシッカリ使う場合のみ従量課金制がお得だが、せいぜい0.5~4GB の間の使用量の違いなら、500円~1,170円なので500円差なら、繰越しが出来る定額高速データ通信の方が使わなかった月の分も増えてお得。これ以上の使用量(従量課金制は5GB、高速データ通信は9GB)なら1,500円以上になって月1,000円以上の差になるので普段は余り使わず、超がっつり使う月がたまーにある人(例:2ヶ月に1・2日ほど数ギガ必要な社内スマホ - デザリング)には従量課金制もいいかも。

まあ、前提としては定額高速データ通信プランなのだが、"SNS付き"だとキャンペーンが10,000円にアップし、途中解約料が無料なのが超重要。

3GBのケースだと、exiteモバイルもIIJも900円で同じで、IIJも途中解約料は無料だし、SNS付きも140円で同じ。低速通信になってからの366MB/3日の通信制限も同じ。
IIJmio

exiteモバイルの利点は、キャッシュバックと追加高速データ通信料が1GB 580円で安い事。
IIJの利点は、低速通信時も通信制限になってからも、最初のブースト転送があってそれほど遅くない事。逆に100MBで200円で割高。そして3GBのプランではMAX3GBまでしか追加できない事。大きい容量のプラン変更は翌月からしか出来ず、2,100円で別SIMになる。

例えばYoutube閲覧が月に20時間(平均1分で10MBだと平日5日往復で1時間閲覧で20時間=20x600=12GB)だと、全く足りない。2時間以上や休日外出使用、または家にWi-Fiがないならダウンロードで簡単に20GB越え。そうすると3GB前後のコース(繰越しで6GB)は、月合計2時間程度しか閲覧できない(2時間=2x600=1.2GB)。
YouTube:動画のデータ通信量の目安・1時間でどれくらい? - よぅつべぇのYouTube講座

今すぐ10,000円キャンペーンを使っても、今回の手数料3,000円を引いて7,000円は手に入る。最悪、みんなが一斉に契約して遅くなっても、12か月間我慢すれば再契約でさらに3,000円引かれて4,000円。ひどければ12ヶ月経たずに6,000円勉強代とするかは、神のみぞ知る。

そこまでひどくはならないとは思うが、SIMサイズ交換でnanoSIMにすると2,000円(現在IIJのmicroSIM)かかると考えると次機種のためにexiteモバイルでもいいか~
ブースト転送も通信制限まで使ったことないしな~

おっと、キャッシュバックは8月13日までにメールアドレス確定。口座登録は15日から。8月29日までに口座登録した方に29日以降順次キャッシュバックするのか。結構短い期間で29日以降振り込まれるのか。

(8/2 8:00頃までは以下の通りだった。13ヶ月目のメールで外部決済代行業者「株式会社イーコンテクスト」に委託していて、メール送信後2週間以内に「CASH POST」という送金サービスに口座情報を登録しないと受け取れない。うーん、忘れそうだな~)

CASH POST自体はコンビニ決済で最近聞くメールアドレスのみで入金送金できるサービスらしい。
昨年ぐらいから話題になっていた。それ自体はどうか知らないし、それほど大きい会社でもないらしいが、決済代行会社自体は古くからありまだ数社でやっている感じかー
システムに強い!ベリトランスの評判と考察 - 元決済代行会社のプロが教える決済比較ブログ

econtext - コンビニ決済

CASH POST - econtext

口座情報を7,000円で売る事になる感じかなー。出来るだけ個人情報の拡散は少ない方がいいなー
キャッシュバックしなくても追加高速データ通信料が安くて有利は有利なんだが、3GBの範囲で使うなら安くても関係無いしなー

P.S.
ん~、exiteモバイルの従量課金制を見ると、同じギガで定額高速通信と比べて逆に安い!なぜだー!
なら2ヶ月に1・2日ほど数ギガ必要な社内スマホ - デザリングとして使ったり、離月でYoutube閲覧が必要になる人だけでなく、(もちろん青天井になるので)普通に使い過ぎない人は従量課金制で節約できるのか。定額高速通信にも繰越しがあるのでメリットはあるが。
ここの基本説明事項(PDF)の4ページ目によると、

(ここから引用)
・最適料金プランは 1 ヶ月あたりの高速データ通信の使用量に応じて月額料金が毎月変動します。3 枚コースの場合は、
ご利用の SIM カードすべてのデータ通信量の合算値に応じて月額料金が決まります。追加 SIM をご利用になられる場
合は、追加 SIM も含めたすべての SIM カードの高速データ通信量の合算値に応じて月額料金が決まります。
(例)1.3GB(1 枚目)+2.3GB(SIM2 枚目)+3.3GB(SIM3 枚目)=6.9GB ⇒ 7GB の月額料金が適用
・1 ヶ月あたりの高速データ通信量の上限(1 枚コースは上限 10GB、3 枚コースは上限 15GB となります)を超過した場
合、当月末日まで通信速度が低速データ通信(送受信最大 200kbps)になります。低速通信の 3 日あたりの通信量が
366MB を超えた場合、当該 SIM カードを使った通信の速度を制限する場合があります。
(ここまで)

となっており、従量課金制といってもMAXの高速データ通信容量は決めておいて、それ以下のギガしか使わなければ表にあるような価格で済み、自分で決めたMAXを越えると、低速通信になるので、追加高速通信1GB 580円で増やしていくのか~。ならMAXをSIM1枚の時の上限の10GBにしとけば、ほぼ高速データ通信を使わない時は0GBじゃないので、630円で済み、沢山使うときは10GB 2,380円でIIJ 2,560円(しかしこちらは毎月定額かかる)より安く使える。10GBはYoutube10時間/月 分程度しかないが。

正確には2か月連続でMAXまで使うなら、定額の繰越しがある方がexiteモバイルでもIIJでも安いが、ほぼ使わない月やMAXの半分の料金までしか使わない月が2か月あれば、2か月分の損を取り返せる。

てか、最適料金プランってMAXのギガを選ぶ必要ないのかな。

これを選ぶ人は、毎月ほぼ回線使わずに630円払ってくれて、使っても10GBの壁があるからBitTorrentのような極端な高速大容量通信は出来ず、10GBまでは定額高速データ通信と同じ価格なので、ユーザにも優しく、繰り越しできないから割増料金(1GB 580円で安いと言っても定額よりは高い)を払ってくれ、定額高速データ通信のユーザには繰越しという形の最適料金プランには無い救済サービスが用意されている。

よく考えられてるな。


[PR]
by k1segawa | 2017-08-01 16:51 | Comments(0)

PWAの解説 - Web App モバイルファースト (7/29)

PWAというWeb技術があるそうな。
こちらのサイト様で詳しく説明している。

App Shell と content

App Shell = カードメニューGUI(用意された固定のモノ:ユーザが既存のモノから選んで配置する)
content = view領域(ユーザカスタマイズ:上のGUIは配置できない)

つまり、App Shell はWindows GUIのような物で、メニュー、ダイアログ、リストボックス等で、
contentはイメージ画像やドキュメントを置く場所。

App Shell領域には画像(一定の位置に一定の大きさで)が表示できるが、それほど自由度は無い。
contentでは逆にApp Shellで使えたGUI部品が使えない。

一定の制限をかけたカードメニューみたいなものだ。
ただし、App Shellとcontentでネットワークを分けているので固定表示のApp Shell部分のキャッシュ再読み込みを無くし、content部分の自由領域の再読み込みを軽減させる働きがある。

モバイルの設定画面のメニューがApp Shellと思えばよく、設定画面の先にイメージ画像や本文がある構成になる。

モバイルの設定画面は深くなると何をやっているか、どこにあるか、どうやって戻るかがわかりづらくなり、使いづらいと感じてしまう。そしてGUI部品のそっけなさからどうしてもやらされてる感じがぬぐえない。

だからモバイルファーストなら、2画面ぐらいの深さならそれでいいが、飽きられやすいのではないか。
App Shellにもcontentと同じイメージを置けて、カードメニューの階層ごとの機能差を無くした方がいいような。

Web Appがアプリ化するのに、今の設定画面のようなGUIになると、せっかく解像度の高いモバイル画面をつまらないGUI部品で覆ってしまうのは、悪手だと思う。

PWAは流行らない。ユーザーの立場からそう思われる。


[PR]
by k1segawa | 2017-07-29 17:35 | Comments(0)

フェイクニュースの元4chanは日本のふたば☆ちゃんねるが発祥 - 2ちゃんねると同時期の掲示板 (7/29)

インターネットをNECの文豪mini 5Eで初めて繋いだ頃、どうやってCP/Mのソフトを文豪mini 5Eに持っていくか、Turbo Pascalを動かすかなどで、2ちゃんねるのモバイル板に情報を求めてROMっていた。モバギやCASIOPEA、TeliosなどWindows CE関係でモバイル板や機種板を覗く事も多々。

他にもふたば☆ちゃんねるなどのBBSもあったが、そこには行ったことが無かった。

最近、ネットのウソ情報を見抜けないジャーナリストが問題になっているが、海外でも 4chanなどのサイトを、嘘を嘘と見抜けない人が悪質サイトだと騒いでいる。

海外の4chanが日本のBBSを参考にして作られたことは知っていたが、それが2ちゃんねるではなく、ふたば☆ちゃんねるだとは知らなかった。

なるほど、こちらのサイト様が言っているようにサイトの構成やトップのFAQを見ると確かにそう。

LINEの一方通行のような感じで、画像を伴ってコメントを投稿する形式。今でも活動は盛んのよう。

4chan -orgで見つけたMusicは確かに系統がそれっぽい。でもまた日本とはちょっと毛色が違って面白い。






[PR]
by k1segawa | 2017-07-29 13:53 | Comments(0)

1995年当時宮崎駿監督がチャゲアスを知らなかった話 - Gigazine : 「宮崎駿」さん - aska_burnishstone’s diary (6/30)

どこかで見た記憶があったが思い出せない、「1995年にチャゲアスの楽曲 On Your Mark のプロモーションビデオとしてアニメとコラボした動画」の説明がGigazineさんに記事にされていた。当時はまだ新しい手法でチャレンジしていく様子が語られている。

最初断った理由が記事タイトルのような事であってその後、発注費用がうなぎ上りになっていっても、発注者はOKを出していって、最後にはジブリから支援を取り付けるぐらいになった様子が、作成した動画と何か共通する物がある感じがして、動画自身にその意味がよくわからなかったのに熱意が乗り移ったような気がする。

a0034780_07105654.png
やっぱり名作だなぁ。


[PR]
by k1segawa | 2017-06-30 07:12 | Comments(0)

stylebot で Google Chrome を ユーザカスタマイズ (6/28)

大分周回遅れなのだけど、Google Chrome で ブラウザのCSS表現を検出して置換・アクションできるアドオン stylebot を使っている。

自分の場合の使い方は、画像がただの画像なのかリンクなのかを判別して、むやみにリンクを踏まないように太破線の枠で囲ったり、またリンク先のサーバが重くてブラウザの表示完了を遅延させているWeb要素を非表示にしたりしている。

ずいぶん前に作者は開発を停止しているとの記事があったのだが、今の所ストアでも高評価だし、GitHubでソースも公開されている。

同じ様な物に、stylishとかあるが、最近あまり良くない動きがあるのと、UIがちょっとなのでこちらがおススメ。

iframeで分割されたエリアごとどうにかする事はできないがCSS要素で囲まれていれば大体どうにかなる。

広告ブロックが問題となっているが、手間はかかるが同じような使い方が出来る。広告サーバが重かったり大きすぎたりちらついたり配置が悪い広告だけで、マナーを守った広告は問題ない。だからユーザが広告の表示を取捨選択できるのは必要だ。もちろん極端な事を言うわけではない。

使い方は以下のサイト様を参考に。

表示を変えるのも、CSSをちょっとかじっていれば、リンクの枠をbold表示にしたりも簡単。

非表示にするのならGUIでHidenにする。

Adblockはサイトによっては「広告ブロッカーをはずしてください」と表示されるのでこれによって使わなくなった。

[PR]
by k1segawa | 2017-06-28 14:07 | Comments(0)

流行りの漫画を買ってみた - とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話 | 佐倉色 (6/25)

一部で話題となっているタイトルの本を買ってみた。
a0034780_11571444.png
真面目な人は騙されるまたは騙される方が悪いとか揉めそうな感じだが、内容は213Pで余計なページが差しはさまれていなくてシンプルでいい。
最初の20Pくらいで胃が痛くなる。逆に最後まで読む時は、軽い気持ちでチビチビと読んだ方がいい。

全然絵柄もとっつきやすいし、話し方も普通の常識人だ。軽めに話題を流しているので、重くならなくてこの方、作家の方が向いてる気がする。

さてゆっくり時間をかけて読もう~
たまには紙の本もいいね。


[PR]
by k1segawa | 2017-06-25 12:07 | Comments(0)

TVの新しいバラエティが最近面白い (6/24)

TVがつまらなくなって全然見なくなって久しいが、AbemaTVをずっと見るようになり、ついでにバラエティにもチャンネルを変えて見てたら意外に面白い。

芸人が新しいバラエティで何が受けるかを試行錯誤して番組の方針を色々探っている感じが、とてもいい。

何か悟り切ったり、ひねくれて斜に構えたり、内輪請けで盛り上がったりせず、ちょっとまずいかな~と少し不安になりながらやっている。

そこに怠慢はなく、騙しやいじめもない。少々の自虐があるだけでスタッフもゲストも含め正直。

見ている視聴者側が、不正やパワハラに敏感で、サイレントマジョリティの圧力がSNSで強くなっている。ネット弁慶の広く薄い人々の意見が拡散されて、そこに受ける番組として今のバラエティが作られつつある感じがある。

ドラマやドキュメントより、芸人を使った何が起こるかわからないニュース番組や、訳の分からない内容だがしかし芸人が必死な情報番組などがとっても面白い。

TOKYO MXとか今まで深夜枠でしか試していないようなセンスの番組を昼に持ってくるのがいい。そして受けなければ次は無い感じで新陳代謝が激しいのがいい。

ライブ感のある番組がやはりネット時代受けるのだろう。

決まったレールに乗ったような手法はもう受けない。それならビデオで検索してやればいいし。

やべー、ネットコンテンツもうかうかしてられないな。

[PR]
by k1segawa | 2017-06-24 13:38 | Comments(0)