カテゴリ:3Dプリンタ( 3 )

IoTのわかりやすい説明 (4/12)

Windows10 Creators Updateの最中に閲覧したサイト様のデザインが秀逸で感心した。

a0034780_22372967.jpg
いわゆる高橋メソッドっぽいものと、東京オリンピックの外国人観光客に向けたモノトーンのアイコン(例えば非常口の絵文字:ピクトグラム)的なイラストと組み合わせて、不明瞭なIoTのイメージ喚起に成功している。

自分はポケコンやAVRマイコンで行なっているが、arduinoやRaspberry Piなどでセンサー部品も購入しやすく入門用の敷居が下がっていき、その際産業機器や自動車、インフラへの適用が騒がれて、ビックデータやAIによる後押しもあるホットな領域だ。
いい事ばかりでもない事が最後近くに書かれているが、セキュリティの重要性が高まりそういったエンジニアの待遇が改善されていくと嬉しい。そこがまだまだ若い人が活躍する分野で活気あるというのは希望が持てる。

IoTデバイス開発の両輪であるソフトとハードを理解する方が増えて、ますます知識の共有しやすい環境になったら記事を書くモチベーションも上がるな。

[PR]
by k1segawa | 2017-04-12 22:57 | 3Dプリンタ | Comments(0)

3Dプリンタ の 世界 (4/12)

以前 デルタ型3Dプリンタ - パラレルリンク機構 (3/23) という記事を投稿したが、あの機構ともちょっと違うX-Y-Z軸のX-Y成分を2つの回転機構で置き換えた3Dプリンタもある。

こちらは、Z軸だけプーリーによる上下運動にして、平面の任意の座標を、2つのアームの回転の極座標で算出している。
なるほどー。極座標変換ってあったなー。

話は変わるが、こちらのサイト様で、X-Y-Z機構の3万円を切る3Dプリンタが紹介されている。本命は6万円を切るこちらだが、あとから絶対必要になるヒートテーブルや自動キャリブレーション、任意のそして別の種類のフィラメントの使用を考えたら、どんどん活用するなら決して後悔しない値段だと思う。

そして、CNCフライス(CNCミル)ではないが、パラレル機構にレーザーカッターが付いた物がこちらに。
ケースを作るなら3Dプリンタの積層物より強度が出る。もうこれでいいんじゃないかな。まだわからないがひょっとしてレーザーの出力を弱めれば、プリンタ基板を溶解する事無く切削出来るかもしれない。

もちろんきちんとしたCNCフライスの付いた3Dプリンタが現時点では確実だが18万円かー・・・。

「3Dプリンタ レーザーカッター」というキーワードでもこんなに色々紹介されているサイト様もある。

Google検索の結果でもこんなに楽しい。




[PR]
by k1segawa | 2017-04-12 07:02 | 3Dプリンタ | Comments(0)

デルタ型3Dプリンタ - パラレルリンク機構 (3/23)

3DプリンタとかCNCフライスとかプリント基板の削除による作成を検討していたのだけど、タイトルのようにx-y-z軸でない3Dプリンタが高精度・低価格・コンパクトで購入しやすい。

機構が面白いので調べたら、サーボモータ3個で簡単に作れそう。制御方法は数式が難しそうだが。

a0034780_23381572.jpg
なんで水平になるのかよくわからないけどこちらのサイト様が詳しい。
a0034780_23472280.jpg
別のページでオートキャリブレーションや高い剛性、入手しやすいフィラメントの選定など勉強になる。

こちらのサイト様でしっかりした物が6万円の手ごろな価格で購入できる。国内で組立済みで買えるのでトラブルも少ない。
a0034780_23525050.jpg
基本は枯れた技術らしい。ドリルが載せれられば切削してプリンタ基盤も作れるかな。


[PR]
by k1segawa | 2017-03-24 00:04 | 3Dプリンタ | Comments(0)