カテゴリ:Raspberry Pi( 12 )

新しい Raspbian "Stretch" - Debian Stretch 対応 (12/10)

(2017/12/11追記)
[現象]
midori と Firefox をLDXEのメニューから起動し、任意のページを開くと落ちる。端末からコマンドで起動すれば正常に開ける。Chromiumは大丈夫。

[対策]
LDXEのメニューから[設定][Add/Remove Software]で両アプリを検索、一旦削除し、直後に再度インストール。

[原因]
コマンドでアップデートかけたため、oldconfigfileが$HOMEを基準に作成されたため。バックアップメッセージで注意を促されていた。

$HOME(/home/pi)にconfigfileが作成されてしまい、LDXEが管理する設定ファイルの場所と異なるため、それが更新されずに不一致で落ちていた。多分rootでLDXEは起動しているはずなので$HOMEは/になっているはず。

[教訓]
デスクトップ環境の場合、apt update/upgradeは使わず、デスクトップ環境が用意するアップデート管理アプリを使うこと。

[注意]
ユーザデータである、ブラウザの履歴・ブックマークは残っていた。

(ここまで)

久しぶりにRaspberry Pi のupdate/upgradeをかけたら、再起動後に"the latest version of Raspbian Stretch ~"というメッセージが出て"Stretchという最新版がありますよー"とのこと。
Stretch for PCs and Macs, and a Raspbian update | Raspberry Pi 財団
a0034780_15123428.png
おお、Jessie から Stretch に変わるのか~

Debian本家で 6月に出てたのがやっと10月に安定板になってようやく反映されるようだ。
Debian JP Project - リリース情報 |日本Debianユーザ会

これによると、PIXELのアプリケーションにもいくつかの変更があるので、オプション設定とか変わってくるのだろう。

普通に以下の通り行うとアップデートできる。PC版はちょっと手数が増えるようなので注意。
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

PC版:
/etc/apt/sources.list と /etc/apt/sources.list.d/raspi.list を sudo で起動したエディタで、“jessie” を “stretch"に置換したのち、以下を実行する。

sudo apt-get update
sudo dpkg --force-depends -r libwebkitgtk-3.0-common
sudo apt-get -f install
sudo apt-get dist-upgrade
sudo apt-get install python3-thonny
sudo apt-get install sonic-pi=2.10.0~repack-rpt1+2
sudo apt-get install piserver
sudo apt-get install usbbootgui

wheezy から Jessie にアップデートした時、クリーンインストールしたのとはちょっとデスクトップが違ったのでLDXEも綺麗に反映させるなら、OSイメージダウンロード(クリーンインストール)かな。

詳しいことはGoogle 翻訳でトランスレートしたTOPページからメニューのブログを参照のこと。
翻訳後:PCとMac用のストレッチとRaspbianのアップデート | ラズベリー財

(翻訳精度が高いのはさすが財団が教育機関を重視しているだけの事はあるのかな)

[PR]
by k1segawa | 2017-12-10 15:16 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi で Youtube - 音楽BGM再生機 (11/24)

PCのグラフィックが高負荷になると落ちるようで、クリーンインストール後の動作が安定していたのは以前は色々ブラウザChromeに拡張機能を入れてたかららしく、Firefox Quantum にしてからは余計な常駐物や拡張もなかった、サービスを無駄に切ってメモリ効率を落としていた(Indexer servie OFFやFall Creatorでのメモリ圧縮)のよう。レジストリもきれいだし、勝手にUpdateするプロセスもない。

で電源が劣化しているのだろうと思うので置換として使っていたRaspberry Piはプログラミングには面白いのだがブラウジングには非力なので、Youtueの音楽再生機としてサブディスプレイにつないでBGMを流すようにしている。設定で解像度は最低にすればFirefox ESRでも軽い。

AbemaTVもそろそろ飽きてきたしね。

AndroidタブレットのLinux化もなかなか面白かったがいかんせん別タスクが裏で勝手に起動するのでいちいち止めにHOMEに戻る必要がありキーボードもまだイコールキーがキーバインド直してないし、まあAbemaTV用にAndroid 4.3以上にROM焼きしてからまたインストールする。

ノートPCにLinuxをLive USBメモリ起動しても面白かったが、設定値書き込みはできるがUpdate書き込みはできない。またブラウザはFirefox ESRが入ってるが、ノートPCだとWindowsで使うのと大差ないので別の利用目的に使ってるのでこちらは止めるかな。

Raspberry PiはNASにしてもいいけどバックアップするデータが毎日あるわけでもないので、クラウドでもいいし、USBでHDDつないで一括保存してもいい。アプリのバックアップはSDカードが16GBが何枚もあるしね。

あれ、省電力ぐらいしか利点がないな。
最近ジャンクPCにLinuxインストールしてもいいかと思ってるのでRaspberry Piをあえて選ぶ理由がないぞ。Arduino IDEもLinuxで動くし、IoTはArduinoでもいいかな?まあいまあるRaspberry Piは簡単にネットにつながるのでスマートハウスのIoTデータのマスタにはいいか。動画サーバでもいいがそんなに録画したいほど見たい番組ないしなー

700円無線内蔵Raspberry Pi Zero WでIoTの方がIoT端末としてはコストパフォーマンスはいいから、標準化された利点を生かしてもっと高性能化するしか道はないのかも。Linuxの勉強といってもIoTと一緒にやると初心者には大変だからArduinoの方がいいんじゃないかな。Linuxの勉強ならPCにインストールする苦労さえなんとかできれば古いPCの方がいい。だったらRaspberry Piよりずっと強力だし。デスクトップマネージャも選び放題(かえって迷うが)だし。

(ここから独白なので不要)
IoTも道具や設備、部品調達とずいぶんコストと空間を消耗したが、最初の熱は冷めてきたな~
回路を組むことができなければ自由はないし、マイコンの使い方を極めてもマイコン自体の方言が多すぎるし、電気電子の知識は一朝一夕ではつかないし。
またソフトに戻っていきそう。ただLinuxはあっているがWindowsアプリはだめだなー。Webアプリは技術の変化が激しすぎるしとっくに置いて行かれてるし。
GUI重視のソフトはデザイン力がないとだめだし、アルゴリズムを工夫したりする旧来のソフトはどこに行ったー。IoTのソフトはハード屋さんの要求するようなマイコンの機能を引き出すコーディングで凝ったアルゴリズムは必要ないし。Webアプリもそう。自己満足の世界しかないのかな~

[PR]
by k1segawa | 2017-11-24 18:55 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi の w3m-img で インライン画像表示 (11/15)

chromium や firefox を使っていると1タブでもプロセスが軽く20や30も動くので、5〜6タブでページングファイルまで圧迫するとほとんど動かないくらい遅くなる。

複数ページを開きたい時はレイアウトが重要でないなら w3m が軽い。
日本人が開発したのでヘルプや設定も日本語。
さらに w3m-img を入れるとインライン画像も表示される。

ただ、今まで urxvt や lxterminal に VL gotchic で表示させているせいか画像がちらついて上手く表示できない。

Andorid で Debian をインストールして同じことをやってたらどうも xterm 系だと画像がちゃんと表示される。

なのでこちらでも試したら上手く表示された。
a0034780_19530777.png
フォントのせいじゃなくXftで表示させてるせいか。lxterminalはMonospaceでも上手く行かないし、設定ファイル見ないと。Xftだとなめらかでキレイなんだけどな。
(Android だとTrue Type Fontsを選びLANGでUTF-Fontsにあった設定をし、urxvtでも表示できているので)

xterm ではCTRL+マウス左、右、中ボタンでカスケードメニューが出て設定できるので、「Large の Bold Fonts なし」 が見やすい。


[PR]
by k1segawa | 2017-11-15 20:12 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi で パッケージ管理 - radioTray エラーの場合 (11/11)

apt-get で コマンドレベルで色々なソフトをインストールしていたのだが、何かのきっかけでradioTrayが再生されず、コンソールで実行してみた所、次のようなエラーを吐いていた。

NULL *** URL ***

よくわからないがラジオの曲が変わるタイミングでURLを見失うみたいだ。
何か余計なものをインストールしたり、autoremoveでその時不要になったものを削除したのがいけなかったのかと思い、一旦削除してから再インストールしたが変わらず。

やー、どうしたものかと思って他のサイト様を除くと、別のソフトを前提にしているとかなんとか。
Lubuntu14.04 RadioTrayエラー - donpappaのlinuxメモ(仮): Hatena Blog

Radio Tray で繋がらない放送局一覧 - 地球本舗 by Nikon | デジイチで野鳥の追っかけ!!

ただそれも色々やって結局わからないらしく、こりゃーもう別のストリーミングラジオを探すしかないかなと思ったが、念の為Raspberry Pi PIXELがメニューで用意してるパッケージ管理を使ってインストールしてみたらあっさり治ってしまった。以下は[メニュー][設定][Add/Remove Software]からインストールした様子。
a0034780_19370915.png
どうもサイト様にあったような隠しファイルがコマンドで実行した時と、ツールメニューで行った時とで、違う場所に格納されているのではないかと予想。$HOME以下か/etc以下かなどだ。

もし動かなくなったソフトがあれば、ディストリビューション提供のかつDESKTOPマネージャー提供の、パッケージ管理ツールで再インストールするのを試して見て欲しい。設定ファイルを吐き出すディレクトリも違っているかもしれないので。んー、コンソールオンリーは各種マネージャーの事も理解する必要があるのかー。まあradioTray自体LXDE上で動くソフトだしな〜

[PR]
by k1segawa | 2017-11-11 19:43 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi で大きいマウスカーソルへ変更 - Xwindow (11/5)

(2017/11/6追加)
どうも調子が良くない。64x64以外にしても64の大きさにしかならず大きすぎる。そして項目の削除が出来ない。元の大きさにしてもルートウィンドウやx-cursor未定義のウィンドウのカーソスサイズは戻らない。PiXにするとブラウザ内のカーソルは戻るがデスクトップやメニューで開いた設定ウィンドウのカーソルサイズは大きいまま。

元に戻すには、Adwaitaを選ぶとルートも元に戻り、その後さらにPiXを選べば最初の大きさと種類に戻る。

どうもAdwaitaが全ての種類をきちんと定義していてPiXはルートのカーソル定義に抜けがあるようだ。

どうやらこちらのサイト様に色々と情報があるようだ。x-cursorで検索。

色々なDesktop ManagerやXの設定ファイルなどがあって違いがありlnでリンクされたりして消えないのかも。

どうやら予想は合っているようだ。
LXAppearance の項目で、以下のファイルがあり、
~/.config/gtk-3.0/settings.ini

Create links to missing cursors の項目で、以下のファイルがある。
/usr/share/icons/Adwaita/cursors
/usr/share/icons/PiX/cursors

Adwaitaはかなりのソフトのカーソルを定義していて膨大だし、PiXはだいぶ少ない。

元に戻す手順は当たりだった。項目削除できないのはメニューから呼び出すソフトの設定ファイルなのでもう少し調べてみる。それ以外は回復可能。
(ここまで)

30インチモニタを使用しているのでマウスカーソルが小さい。なので4K用やビッグカーソルを探す。

まず、Raspi側で[メニュー][設定][Main Menu Editor]で隠れてるメニューを表示する。
左の一覧の中に[設定]があるのでクリックしてから、右の一覧から[ルックアンドフィールを設定します]という項目をチェックONにしてOKを押す。
a0034780_21490246.png

すると[メニュー][設定]に追加されるのでそれを実行する。[マウスカーソル]タグがあるのでクリックするとAdwaitaとPIXのみがありPIXが通常は選択されている。(以下は新しいマウスカーソルを追加後の画面)
a0034780_21491106.png

マウスカーソル自体はGNOMEのCursorが使えるみたい。なので次のサイトに行く。

左の一覧にCursorという項目があるので選択。マウスカーソルが色々あるので画像を見ながら大きいのがあるのを選ぶ。画像の下に○が複数あれば画像をクリックすると次画面を表示する。ただしすでになくなってしまっているのがあるので、下の方のProduct Files(9) Changelogs(5) などと書かれたところの、Filesのカッコ内の数字が1以上のものを選ぶこと。

この中でWin8とHackneyedを見つけた。Files がタブボタンになっているのでクリックすると左端が提供ファイルへのリンクになっているので、その中から色々選ぶ。

ダウンロードしたらそのまま解凍しなくてよい。
前のツールのマウスカーソルタグ画面の左下に[インストール]ボタンがあるのでこれを押してダウンロードしたファイルを[適用]する。32x32以下のファイルしか一覧には表示しない。また適用後は再起動したほうが良い。

例えばHackneyed(64x64)を選んだらマウスカーソルは説明とは違って白ではなく黒になった。しかし相当大きくなりウィンドウリサイズ時のマウスカーソルもでかくなって見やすくはなった。右利きと左利き用がある。48ぐらいがいいかも。

[PR]
by k1segawa | 2017-11-05 21:53 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi でXプロトコル転送 - DISPLAY / Xwindow (11/1)

Raspberry Pi 2 だとAbemaTVの全画面表示や高精細なコンテンツの再生がつらいので、2台めのRaspiに表示させることにする。

XサーバをDISPLAY変数設定してXプロトコルを転送してやればいいと思っていたが、どうもうまく行かない。

プライベートIP:1台め 108、2台め 107

1台め:(手元)
xhost +198.168.10.107

2台め:(離れたところにある)
export DISPLAY=192.168.10.108
(Desktop のAbemaTV
のショートカット)chrome-bjapnpinbddipbampkemelgbmibpahdp-Default.desktop

can't open DISPLAY
と出て表示できない。

rlogin で2台めに入っても駄目。

GPUがDirect 表示だからかな〜とか色々考えたけれど、以下のサイト様の方法で上手くいった。

下の方にある「3.MacからRaspberry Pi上のarduino IDEを使う」にある方法だ。

1台め:
xhost +198.162.10.107
ssh -X pi@198.162.10.107
(パスワード入力)
chromium-browser

これで離れたところにあるRaspiのブラウザが手元のRaspiでリモート表示されるのでAbemaTVを検索して表示させる。2台めの操作は不要(パスワード入力でログインしてるけど)。

Desktopのショートカットは上手く行かなかった。

ただし、転送速度が遅いのでだいぶパラパラ漫画状態かつ、音は転送できない。

しかし2台めを近くに置いてイヤホンジャックにスピーカを挿せばいい。

これでマルチメディア関係の重い処理は別のRaspiで分散処理させることが出来る。
a0034780_13010840.png

[PR]
by k1segawa | 2017-11-01 12:53 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi Wi-Fi WPA2 脆弱性 - ファームウェア更新 (10/29)

Raspberry Pi も Wi-FiやBluetoothの脆弱性があるはずなので、特に3やPi Zero Wは内蔵されているので、ファームウェアも関係あるのかな?

なので、次のサイト様の記事で。
sudo rpi-update

を実行。以下ログ(自分はRaspi 2上で)。
pi@raspberrypi:~ $ sudo rpi-update
*** Raspberry Pi firmware updater by Hexxeh, enhanced by AndrewS and Dom
*** Performing self-update
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 13403 100 13403 0 0 38917 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 38962
*** Relaunching after update
*** Raspberry Pi firmware updater by Hexxeh, enhanced by AndrewS and Dom
*** We're running for the first time
*** Backing up files (this will take a few minutes)
*** Backing up firmware
*** Backing up modules 4.9.41-v7+
#############################################################
This update bumps to rpi-4.9.y linux tree
Be aware there could be compatibility issues with some drivers
Discussion here:
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=29&t=167934
##############################################################
*** Downloading specific firmware revision (this will take a few minutes)
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 168 0 168 0 0 220 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 220
100 54.0M 100 54.0M 0 0 2242k 0 0:00:24 0:00:24 --:--:-- 2840k
*** Updating firmware
*** Updating kernel modules
*** depmod 4.9.58+
*** depmod 4.9.58-v7+
*** Updating VideoCore libraries
*** Using HardFP libraries
*** Updating SDK
*** Running ldconfig
*** Storing current firmware revision
*** Deleting downloaded files
*** Syncing changes to disk
*** If no errors appeared, your firmware was successfully updated to a07ea5c699452adff501fff435d6b15929742dde
*** A reboot is needed to activate the new firmware
pi@raspberrypi:~ $

結構あるかな?
一応ファームウェアのGitHubをのぞいてみる。

issuesタグでざーっと見ているとRaspi 2やzero W色々混ざってやってる。ただ直接記事になっているものは見当たらない?

WiFiやBluetoothはDebianのドライバだからファームウェアじゃないのか〜

とりあえずファームウェアもたまには更新しておこう。

P.S.
Raspiも最近はマイニングで狙われているらしいから、デフォルトのパスワードはしっかり変更しておこう。

[PR]
by k1segawa | 2017-10-29 08:44 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi でコントロールキーとCaps Lock 変更 - Xwindow (10/28)

キーボードのコントロールキーを今のCaps Lockの位置に変更したいのだが、ちょっと上手くいかない。
参考となるサイト様を探したところ以下の所が一発だった。

ただし、文字化けする。HTMLソースを読むとcharset=ISO-2022-JP。
a0034780_07373099.png
検索結果の一覧表示では正しく表示されているので、そのリンクを右クリックしてページの保存をしてからnkf -gでコード調査した所UTF-8となる。

ソース自体はUTF-8なのにキャラクタセットの指定がJPのままなのね。
古いページなので昔のブラウザがキャラクタセットを読まなかった名残りなのだろう。

あれ?検索エンジンが「DuckDuckGo」だとUTF-8なのに、Googleに変えるとASCIIになるぞ?

(chromeの[メニュー][設定][検索エンジン]でDuckDuckGo や Googleに切り替えられる)

しかしgoogleのキャッシュを表示すると正常に表示する。HTMLソースを見るとcharset=UTF-8になってる。なるほどー。
a0034780_08112579.png
戻すには検索エンジンの管理でDuckDuckGOをデフォルトに選ぶ。

本編だが以下に設定内容を示す。

(ここからサイト様の該当箇所 - ただし半角/全角うんぬんの先頭!!を半角に変換済み)

Ctrl_L と CapsLock の交換
以下の内容で ~/.xmodmap.mod を作る。

!! Caps_Lock と Control_L の入れ換え
remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

!! 半角/全角キーを Escape に変更
keycode 49 = Escape

両方のキーを modifer map から削除し、 keysymbol を入れ換えてから再び登録するという手順を踏んでいる。 keysym 行の左辺の keysymbol 名は現在の keycode に変換される。 ついでに半角/全角キーを Escape に変更しておく。

(ここまで)

この通り書き込んで、
xmodmap .xmodmap.mod

試行錯誤したのが嘘のようだ。

chromeの自動エンコードも良し悪しだな。メニューの強制エンコードを残してくれればよかったのに。

P.S.
ちなみに自分の場合、右クリックによるカスケードメニューはcrxMouseを入れているのでダブルクリックしないと出ない。なぜだー
OneTabとcrxMouseとさらにstylebotも入れたら重くなった。stylebotを無効にしても変わらなかったのでstlylebotを「削除」した。3つは拡張機能としてRaspiのchromiumは限界なのかも。

[PR]
by k1segawa | 2017-10-28 07:31 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi で PIXEL の 日本語初期設定 まとめ(10/23)

新しい軽量ディスクトップを採用したラズパイの日本語初期設定まとめ。

準備:
・未使用16GB microSD カード (フォーマット不要:フォーマット必要なら東芝SD Formatter)
・Windows用書き込みソフト DD on Windows
・解凍ソフト Windows8以降:不要、Windows 7:7zip
・PC容量 7GB (OS zip形式 1.6GB + 解凍後 5GB)

ダウンロード:
・Raspbian OS WITH DESKTOP zip形式

書き込み:
・DD on Window で解凍後のOSイメージファイルをmicroSDに書き込み

起動:
・microSD セット後、USBキーボードとマウスとLANケーブルを差してACアダプタを繋ぐ
・起動後、自動的にイメージファイルが16GB用に拡張される

いつもの:
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

日本語設定:
・[Menu][Setting][Raspberry Pi Settings]起動
・[Localization][Language]をJapanese、[Time Zone]をJapan、[Keyboard]をJapanに設定

日本語フォント:
sudo apt-get fonts-vlgothic

日本語入力:
sudo apt-get ibus
sudo apt-get ibus-mozc

再起動する

入力メソッド:
・[メニュー][設定][入力メソッド]起動
1画面目[OK]
2画面目[いいえ]
IBusが標準に設定される

IBus の設定:
・[メニュー][設定][IBus の設定]起動
IBus デーモン起動[はい]

再起動する

(以降は多分に個人の好みが含まれる)
IBus の設定:
・[一般][キーボードショートカット][次の入力メソッド][…]をSuper→Shiftに変更

Mozc の設定:
・[メニュー][設定][Mozc の設定]起動
[一般][スペースの入力]入力モードに従う→半角に変更

LXTerminal(端末)の設定:
・[LXTerminal起動][メニュー][編集][設定][スタイル][端末のフォント]VL ゴシック 11 に変更
[Pallette]をSolarizedに変更
[背景色]を白(RGB 255:255:255)に変更
[前景色]に黒のボタンをドラックアンドドロップ

chromiumの設定:
・[メニュー][設定]を開く
フォントサイズを大
フォントをカスタマイズで、固定幅フォント以外をVL Pゴシック、固定幅フォントをVL ゴシックに変更
ページのズームを125%に変更

別パッケージマネージャのインストール:注1
sudo apt-get install synaptic

chromium 拡張機能追加:
・OneTab インストール
タブを開いても削除されないようオプション設定
・cxMouse インストール
↓で閉じるに設定・保存

AbemaTV:
・AbemaTVを開いて好きな番組を表示し、chromiumの[メニュー][その他のツール][デスクトップに追加][ウィンドウとして開く][追加]を押し、デスクトップにWebアプリとしてショートカットを作成([メニュー][chromium ])

スクリーンショットと編集用:
sudo apt-get install imagemagick
sleep 5 && import ss.png
a0034780_23373158.png
(ここまで)

注1:
標準のAdd/Remove Package:PiPackagesはソートがパッケージ名なのに、1行目に「情報」を太文字表示、2行目に「パッケージ名」を薄い小さめ文字で表示しているから混乱する。カテゴリ切り替え毎に読み込み、リスト表示のフィルター機能やキーワード順などの機能がない。

注2:
topを端末で起動し KiB Swap: の freeを見ていると、Abema TV で高精細映像のコンテンツが再生されると、free(スワップの空き)が0になる。
その後しばらく続くとブラウザが固まったり、端末の文字入力がカクカクになる。
かなりメモリを食うのでブラウザはもちろん、マウスやmozc-serverなどが重くなりキーボードが効かなくなるようだ。ただし日本語入力関係をインストールしなければキーボードやマウスは重くならない。



[PR]
by k1segawa | 2017-10-23 23:07 | Raspberry Pi | Comments(0)

Raspberry Pi 2 で PIXEL + chromium : クリーンインストール後の初期設定 (10/21)

(2017/10/22追記2)
shutter重すぎ。
システム全体に影響し、chromiumも端末も全く動かなくなってしまう。
なので削除。
sudo apt-get remove shutter
sudo apt-get autoremove

たくさんのパッケージが削除されるので、念の為再起動。

ImageMagickは残る。
スクリーンショットはxwdを使う。
Synapticで検索してx11-appsをインストール。

xwd > ss.xwd
クロスカーソルで指定ウィンドウをクリック。
convert ss.xwd ss.png
拡張子xwdで判定するので標準出力をリダイレクトするファイル名に注意。
ImageMagickでも画像変換可能。

(ここまで)

(2017/10/22追記)
時計がずれていたのだが、そもそもタイムゾーンがUTCになっていた。
sudo raspi-config

4.Localisation Options
I2.Change Timezone
「その他」→「アジア」「東京」
タブキーでボタン選択
すぐに反映され、dateの結果が「UTC」→「JST」

P.S.
これもメニュー>設定>Raspberry Pi の設定>ローカライゼーション>タイムゾーンの設定で可能だった。
(ここまで)

PC不調のため、PC ディスプレイでも ラズパイを活用。
クリーンインストールからの初期設定を備忘録。

以下の画像は日本語関連をインストール設定後の様子。256色に減色しているので背景がモアレになっているが、実際はフルカラー。
a0034780_05421436.png
フォーマットは東芝SDの有名なやつで。

NOOBS だと Raspbian OS のダウンロードで 1.5GB ほど容量が増えるので、NOOBS LITE でインストールする(数十MB)。あと NOOBS だと解凍対象が 1GB 超えなので 7-zip が必要。

その代わり、ダウンロードで有線LAN が必要かつ 30分+ OS展開に 3時間(microSD 16GB使用時)ほどかかるので、有線LAN が空いて無いか、ダウンロード先のPCに容量があれば NOOBS でダウンロードしたほうが早い。

OS起動直後は日本語入力がなく、chromium や端末の固定幅フォントが MONOSPACE らしく、ほぼ中国語フォントなので「」や「」などがいいかげん。ただしメニューやタスクバーのフォントは可変幅フォントの Piboto Light で、日本語も正常に表示されている。

まずいつもの。
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade

apt 自体が古いので3番目でだいぶ時間がかかるがやっておく。このあとのインストールの依存関係で必要になるし。

日本語入力は iBus(core)と iBus-mozc(FEP)。

日本語フォントはVL Gothic。

パッケージ名がよくわからないので、適当な名前で検索出来る、情報が分かりやすいパッケージ管理マネージャ Synaptic をまずインストール。
sudo apt-get install synaptic

メニュー>設定>Synaptic パッケージマネージャ で起動。
a0034780_12432424.png
検索で ibus と ibus-mozc を探す。
(core) というのとそのものズバリがそれ。

インストールを選んでマークし、適用を押すと PEAL5 や gmone 、samba-common が依存関係でインストールされる。

インストールにはだいぶ時間がかかる。

検索で vlgothic を探すと font-vlgothic みたいなのがヒット。
これをインストール。

インストール後、再起動。

設定:
メニュー>設定>iBus の設定と Mozc の設定 を行う。
iBus デーモンは「起動」を選ぶ。
a0034780_11025730.png
メニュー>設定>入力メソッド で iBus Mozc を「優先」にする。

日本語入力キーは Super → SHIFT + SPACE にする。
起動直後は直接入力で英数なのでアイコンからひらがなに切り替えるか、ひらがなキーを1回押せばその後は切り替え不要。

chromium も詳細設定>フォント で カスタム→固定幅フォントを VL ゴシック 、それ以外を VL Pゴシック に設定する。
端末は MONOSPACE→VL ゴシック 11に設定。
Mozcの設定でスペースキーは入力モードに従わず常に半角。

あとは無線LAN や 端末の色(文字黒・白背景)やブラウザのズーム125%、フォントサイズ大にカスタマイズ。
端末の色は solarized を選択すればおしゃれカラーに出来るし、chromium に OneTabcrxMouse も入るし、トップ画像の様なYoutubeも見れるし、もうラズパイでいいかな。

P.S.
w3mインストール後、画面がかなり見やすい。標準ツールの軽量IDE Geany もなかなかすごい。起動後、Cソースをいきなり打ってメイクを選ぶと、メイクが入っていませんと出たあと、ビルドメニューに自動的にコンパイルとLintが追加された。
Lintは実行するとcppcheckがないと出て、cppcheckをインストールするとIDE再起動無しでLint出来るようになる。
a0034780_11032729.png
またPrint Scrキーで画面全体のスクリーンショットがhome/piにPNGで保存される。
減色やリサイズはWebで出来るが、ウィンドウ単位や任意範囲のトリミングはちょっと難しい。

なのでshutterをインストール。すごくたくさんの関連ファイルが入ってしまうが、その中でImageMagickも入る。shutterでhome/pi/画像の下にウィンドウ単位でPNG保存。これをImageMagickでトリミング。ウィンドウ画面でクリックするとツールメニューが表示され、Transform>Cropでマウスで範囲指定する。ESCでキャンセル。Cropでトリム完了。枠はカーソルで移動出来る。

今日のブログはすべてラズパイ上で作成。その間chromiumやツールが落ちることもなかった。AbemaTVもchromium のメニュー>その他のツール>デスクトップに追加>ウィンドウとして開くでWebアプリ化出来るが、さすがに帯域を食うのでスマホで。ニュース流しっぱなしで快適。

chromium上でネットサーフィンするので画像が多いとカクつくが、メニュー>設定>Raspberry Piの設定>パフォーマンスでオーバークロックすれば少し改善。GPUメモリはGTX760では効果がなくメインメモリ不足になるので禁止。

デスクトップはウィンドウ間やルートウィンドウにぴたっとくっつくのでリサイズ・配置しやすい。
df -a で /dev/root 5GB消費しているのでmicro SDは16GB以上あれば安心。

Raspberry Pi 3 安いし、こんだけ使えるならデスクトップPC代わりに1個買ってもいいんじゃないかな。


[PR]
by k1segawa | 2017-10-22 03:07 | Raspberry Pi | Comments(0)