<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本語入力キー設定 - カスタマイズ覚書 (7/3)

☆日本語入力 IME ON/OFF表示
SetCaretColor・・・日本語入力モードの時、キャレット(文字の入力位置を示すカーソル)の色を変えて教える。
日本語入力モードの時は太いグリーンに変化する。

☆半角スペース
MS IME Standardで、言語バーを復活して▼(オプション)をクリックし、設定を開く。
MS IME Standard XXXXが選ばれている状態で、プロパティを押す。
入力設定のスペースからの入力とテンキーからの入力を常に半角にする。
(全角スペースはほとんど使わないのでCtrl+で入力できればいい)

☆コントロールキーをCaps Lockに割り当て
ChgKey・・・レジストリを変更してキーコードを変更する。
Caps Lockをコントロールキーに変更。
元のCaps Lockはほとんどいらないので、Scroll LockをCaps Lockに変更。
(元々のコントロールキーを変えてしまうとカットアンドペースト時に手が覚えていて困る)
再起動要。

☆日本語入力 IME ON/OFFキーボード変更
半角/全角・ESCは日本語入力中には遠いので、無変換とスペースと変換キーをCtrlキーで駆使。ついでに矢印キーも変換の右移動には遠いので、これも。左移動と文節縮みはそれほど使わないのでそのまま。
【設定】
上記の、MS IME Standard XXXのプロパティの中で、大きな変なアイコンの「設定」を押す。
*キー欄で
SPACEの[入力/変換済み云々]が半角空白、[入力文字のみ]が全変換になっていればスペースキーはOK。
変換の入力/変換済み云々をIME-オン/オフに。
無変換の入力/変換済み云々をIME-オフに。[入力文字のみ]を全消去、[変換済み]を全戻しに。
Ctrl+無変換の[変換済み]と[候補一覧表示中]を文節長+1、Ctrl+変換の[変換済み]と[候補一覧表示中]を文節右に。

Shift+は変えない。
これで、日本語入力の開始や終了・取り消しが親指の辺りで行える。
無変換が状態を戻す機能、文節移動・伸ばし(戻す機能なので無変換)は、Ctrl+変換、無変換(左や縮みは変更無し)に落ち着く。

☆Eclipse3.6でCtrl+M,J,Hのショートカットを解除し、本来のキーに戻す
エディタでホームポジションから遠いEnterキーとBackspaceキーも、標準のCtrl+M,JとCtrl+Hでできるようにする。
【設定】
メニューから[ウィンドウ]-[設定]、左のツリーから[一般]-[キー]を選ぶ。
フィルター入力の欄にCtrl+Mとアルファベットとして入れる。
アクティブウィンドウの拡大縮小云々という機能が割り当てられているので、
コマンドのアンバインドボタンを押して解除する。
同様にCtrl+J,Hも解除する。

Ctrl+Hだけはキー割り当てが空白なので設定する。
【設定】
その画面内にExploreのソートするのと同じGUIで、4番目にある「カテゴリー」をクリック。
「テキスト編集」カテゴリーの中に「前を削除」コマンドがある。
バインディングが空白なので機能しないので、行を選択状態にして、
画面の下から2番目のバインディング欄で、直接キーボードからCtrlを押しながらHを押してキーコードとして入力。
(デフォルトの復元ボタンですべて一括で元に戻るので)適用を押して再起動無しでOK。
[PR]
by k1segawa | 2011-07-03 14:26 | Comments(0)

Android NVIDIA TegraZone Games 増えた (7/3)

Android では、GPUが載ってる NVIDIA tegra2 の機械を処理性能の面から選んでいるのだが、Androidのグラフィックチップを生かしたゲームが増えていてうれしい。

GIGAZINE
これが「Tegra 2プロセッサ」の実力、高画質でグリグリ動くゲームをプレイしてみた
a0034780_6422273.jpg


前は無料ゲームとしてCES2009あたりにでたコンセプトゲーム「Dungeon Defenders」、いわゆるTower Defender系が、Androidのタッチパネルでぐりぐり動いてたので、Freeで出た時にマーケットからNVIDIA Tegra Game2(NVIDIAのマーケットみたいなもの)をインストールして、そこからLifeTouch NoteとP10AN01へそれぞれダウンロードしていた。
両方ともTegra2なので、家のPCのGForce GTXの性能にせまる(画面のスムーズさで言えばAndroidの方がヌルヌル)ぐらいのグラフィック性能を見せてくれた。

で、Galaxy of Fire2 HDがFreeで出た。
Tegra採用スマホのHTC EVO 3Dはすでに対応済み)
⇔有料でもせいぜい$3~10なんだけどね。
でもこのグラフィックでこの値段はお値打ちでしょう。

これでadobeが本気でAndroidのFlash 10.xでTegra対応してくれたら、ニコニコの最近のMMDも落ちなくなるんだがなー(1MBのFLVぐらいは余裕で再生可能なのだが、HD画質でもさらに超HD画質のMMDのHD投稿ビデオがまたカクカクするように高画質化しつつある)
Flash 10.3でもまだ落ちるってNVIDIAはもっとadobeに投資していい。
ってニコ動のMMDを手元で見るために買ったのにー(泣
[PR]
by k1segawa | 2011-07-03 07:26 | Comments(0)