<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポケコン USB接続 (12/14)

少し間が空いたけど、ハードの事もメモしておきます。

PC-G850VなどPC-G系ポケコンは、色々な方がハードを作られています。
その中でとてもダイレクトに分かったのが、
ポケコン情報サイト 【Kazuchi Software】
「ポケコン資料」の「ポケコン用USBシリアルインターフェース製作2」~5

まず接続ケーブルが今までだと、RS-232C<->USB<->インバータ<->ポケコン

・RS-232CをUSBにプロトコル変換
・PCとポケコンの電圧変換(今回は5V)
・信号反転:回路によって正/負論理(今回は負論理)

と幾つかのステップを踏まないといけなかったのが、
メーカー品番:TTL-232R-5V(ストロベリーリナックス様) 5V用 ¥1,300
という全て入ってて繋ぐだけという画期的なケーブルが発売されたのです。
(これがきっかけ)

その使い方も、初めのサイト作者様の
「ポケコン資料」の「ポケコン用USBシリアルインターフェース製作2」~5で全て解説されています。

はんだ付けは一切必要なく、ケーブルとケーブル-ポケコン間を繋ぐ線を購入して、老舗 米 メーカーのFTDIから以下の2つをダウンロードし、
USBドライバ(VCP)
EEPROM プログラミング ユーティリティ (MProg)
インストールして、Mprogで信号を反転するだけです。

準備が終わったらあとは、ケーブルとポケコンの繋ぎ方ですが、
それもサイト作者様の「ポケコン同士で通信する」に回路図があり、ポケコンの何番ピンが何の意味なのかが示されています。
そしてFTDIのTTL-232R-5Vのデータシートの10ページ目の図にケーブルの色とその意味が示されています。

次のようなピンの線5本で、
a0034780_2017067.jpg

以下のように繋いでいます。(たがい違いにクロスする必要もない)
a0034780_20174633.jpg

ケーブル側のアップ
a0034780_20184433.jpg

ポケコン側のアップ
a0034780_201944.jpg

PCとポケコンとのやり取りは、PockeLinkかTera Term Pro 2.3(日本語版)で行っています。
PockLinkはTEXTモードでのやり取りはOKなのですが、MONでマシン語モニタのR/Wコマンドではうまくいかなく、Tera Termで行送信遅延50msにするとOKです。この辺の設定もあとで備忘録します。
[PR]
by k1segawa | 2014-12-14 20:08 | ポケコン | Comments(0)

2014年 ひさびさに ポケコン (12/7)

a0034780_17472115.jpg
しばらくアクセスしてなかったブログ。違う事に興味が移っていたり、忙しかったりでほったらかしでした。また備忘録的に投稿。

PC-G850Vを数年前に中古で入手。
その時は保存のインターフェースが作れなくて、たいして使わなかったのですが、USB-シリアルが意外と簡単らしい(いや元々簡単なんだろうけど)ので、また引っ張り出してきた。

それは、また別の機会ということで、今回はパソコン上の仮想ポケコンにマシン語をロードして実行する方法。

- Version 0 -様
(2015/10/09:追記 サーバ移転のため上記URLがroot。下記URLは旧。)
実行環境
g800win32.0.10.12.1.zip
マシン語プログラム
G-KART
(以下は実行環境のmanual.txtから、動かすために必要な手順を抜粋したものです)

1. g800.exeを起動(マシン語モニタ画面)
a0034780_17472115.jpg

2. メニュー起動(F4)
a0034780_17473743.jpg

3. ファイルメニュー呼出し(F)
a0034780_17475646.jpg

4. ファイル保存領域に読込み指定(R)
a0034780_17481763.jpg

5. ファイルの指定(g800.exeと同じフォルダ)
a0034780_1891749.jpg
(リターン後)
a0034780_1894321.jpg

6. モニタ画面に戻って(ESC)
7. ファイルメニューで読み込んだファイルをマシン語領域に読込み(R)
a0034780_17491593.jpg

8. &H100から実行(G100)
a0034780_17492851.jpg

英小文字でも構いません。
ファイルが1つなので8番はRでOK。読込み開始領域もデフォルト=&H100なので。
【実行画面】
a0034780_175038.jpg
でも、g800win32のquick.txtにたった2ステップでできる事が説明されています。
g800.exeへgkart.ihxをドラッグ&ドロップ > G100

マシン語はインテルHEX形式です。
インテルHEX形式・モトローラS形式
PastelMagic様
[PR]
by k1segawa | 2014-12-07 18:43 | ポケコン | Comments(0)