人気ブログランキング | 話題のタグを見る

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ
円安の原因をChatGPTに聞いてみた。

[ChatGPT] わかりやすい円安の原因 [聞き方] (1/25)_a0034780_11595916.jpg

あー、一般的な円安の原因か~。現在の、それも円の、ドルに対する円安を知りたかったのに。
じゃあ現在の、それとアメリカの利上げが原因って聞いたからそれも加味して。
[ChatGPT] わかりやすい円安の原因 [聞き方] (1/25)_a0034780_12325344.jpg
「財政赤字が拡大し、日本に比べて格段に高い負債残高を抱えています。これが投資家にとってリスクを~」ってあるけど、リスクを感じさせるとなぜ日本資産から離れるの?
じゃあ、財政赤字拡大が円安の原因なの?その関係性は?
[ChatGPT] わかりやすい円安の原因 [聞き方] (1/25)_a0034780_12325811.jpg
「アメリカの経済の不安定性を感じさせ、~アメリカ資産を選択する傾向になり、」ってあるけど、なんでリスクを感じさせるアメリカ資産をわざわざ選択するのかな?
[ChatGPT] わかりやすい円安の原因 [聞き方] (1/25)_a0034780_12001949.jpg

理由は分かった。でもリスクがあっても・・・って部分が書かれてないな。リスクは最後に触れてる。リスクをからめて説明されていない。
じゃあ、メリットをはっきりさせよう。メリットがあれば選択する理由になるからな。
[ChatGPT] わかりやすい円安の原因 [聞き方] (1/25)_a0034780_12002676.jpg
なるほど。投資家というのは、不安定な方が安定しているより大きく儲ける可能性が高いからそっちに期待するんだな。これは安定志向の自分には考えられない話だな。

つまり不安定なアメリカドルやアメリカ資産を買っておくと、将来大きく値が上がる可能性があり、日本のような超安定な円は大きく値を崩すことが無いからうま味も小さいという事で、ドルが買われ円が売られる(ドル高円安になる)のだな。

結論:
アメリカはコロナ回復のため、国内に資金投入しているが、将来財政赤字になるのではないかとの懸念から、利上げしている(2023/1現在)。財政赤字になるとアメリカ経済が不安定になる。また再度利上げすれば、財政赤字だとはっきりするから利上げ自体不安材料かな。その不安材料をチャンスと捉える海外投資家による米ドル購入が、ドル高円安の原因だと。投資家ってとんでもない人種だなw

こういうChatGPTに「円安の原因」と聞いても、期待する答えにたどり着かない場合、ちゃんと人間が質問を考えて適切な答えを返すよう、修正していかなければならない。まあこれもそれっぽい事を言ってるだけの可能性はあるがw

これが「AIを使う、人間の仕事」になるのだろう。


# by k1segawa | 2023-01-25 12:20 | Comments(0)
面白いものを見つけた。

海外ハードSFのアイザック・アシモフ作「ファウンデーション」、このメインキャラクター『ハリ・セルダン』の興した【心理歴史学】。
これの人物紹介の中に、20世紀の心理歴史学HPのURLがあるのだが、実際にノリノリのSFファンが現在までちゃんとメンテナンスしている。

たどり着いた方法だが、まず、こちらのサイト様を参照。
こちらは原ページ(英語)がもう失われている。

しかしこのページの最後のリンク、
「・20 世紀に存在したもう一つの歴史心理学」がまだ生きている。
で、ここの末尾に、

$84.00 for Individuals — $1.00 for Libraries and Institutions — $79.00 for Individuals with IPA Membership (current or new) IPA info at: http://www.psychohistory.us Email your postal address and any inquiries to Susan Hein, Publisher and Administrator, at heinsusan@aol.com, and you’ll be invoiced for a full year. All inquiries will be answered quickly.

Do Join Us!

とあり、このURLが「20世紀の歴史心理学HP」だ。


そして、その履歴に、

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

LINKS TO ANALYSES OF CURRENT EVENTS AND OTHER ARTICLES FROM PSYCHOHISTORY NEWS

(CLICK ON Issue/year FOR ANY NEWSLETTER ISSUE)

Fall 2022

Summer 2022

:


とあり、現時点ではFall 2022が最新のissueである。
ちゃんと昨年 2022 年秋に更新しているのだ。
2013年からの履歴があるので、今年2023年がIPhA(国際心理歴史学会)の記念すべき10周年?になるw
このまま、ハリ・セルダン誕生の1万1988年まで続けていれば、20世紀に影響が及んでいたとの推測通りになる。

※ハリ・セルダン (Hari Seldon), 11988-12069

[ファウンデーション] 20世紀の心理歴史学 HP [ハリ・セルダン] (1/24)_a0034780_22462349.jpg
(日本語訳ページ)

6. IPHA の 2023 年年次会議の提案募集として、2023 年 1 月 15 日までに、次のフォームから提案書を提出してください。とあるし。

ハリ・セルダンを歴史上の人物として普通に取り上げている、こちらのサイト様にはこのような形で出会わせていただき、また、日本語訳として原著HPが消えた(Internet Archiveにも無い)今、インターネットの広大な海で貴重なデータを保存して頂いた事、感謝いたします。

50音順でさ行:セルダンで。

# by k1segawa | 2023-01-24 23:03 | Comments(0)
ネットワークをIPv6にしようと頑張った時、プロバイダがエキサイトBBだったので、transix DS-Liteを利用しようしたのだが、どうも遅くてIPv4でつないだ方が速かった。

その時はフレッツ光ネクストVDSL 100 だったのだが、最近フレッツ光ネクストVDSL 200 になり、さらにOCUが電話回線のVDSL機器から光分配器の居室個別設置になり、光ケーブルになった。

[フレッツ光ネクストVDSL 100]
マンション・アパートの集合回線装置が光->電話回線変換装置⇒居室まで電話回線⇒OCUはPPPoEでIPパケットをLANケーブルに載せるPPPoE機器

[フレッツ光ネクストVDSL 200]
マンション・アパートの集合回線装置が光分配器⇒居室まで光ケーブル回線⇒OCUは光からIPパケットを取り出しLANケーブルに載せる光変換機器

なので、今のルータはPPPoEを使用してない。

以前はルータの設定をPPPoEでNTTのサービスIPv6プラスへ接続し、そこからプロバイダのDS-Liteに接続していたが、今度はIPパケットをそのままIPv6プラスへ接続し、DS-Liteへつなぐ。

なので、どうしても遅かったIPv6が速くなるかもしれない。

で、また調べていたのだが、どうもまだIPv6には問題があるらしい。

2023年なのに。

それはIPv4でしかサービスしていないサーバに繋ぐとIPv6パケットはIPv4パケットに変換されるのだが、その際使用するポート(?)みたいなものがDS-Liteでは1024個までという制限があるらしい。
これはルータに接続するネットワーク機器(PCやスマホなど)の数によって増えるらしい。

IPv6をIPv4に変換するのはDS-Liteを通すプロバイダ(が契約しているtransixを通す回線業者)が設置している機器なので、ユーザは手出しできない。

そしてIPv4 を使うアプリケーションが増えると高速であふれてしまい、あふれたIPv4はつながらなくなってしまう。

それを解決するにはIPv4 AFTRという設定がルータにあるのでそれにtransixの業者が教える値を設定しなければならない。

AFTRって何?

で調べると「DS-Liteのしくみ」で「Geekなページ」様がヒット。


それによると、NTT NGN IPv6 マルチプレックス問題、NTT IPv6閉域網におけるフォールバック問題などがあるという。

このフォールバック問題はGeekなページ様でヒットするのだが、マルチプレックス問題はGeekなページ様で検索に上がってこない。

変だなー、「DS-Liteのしくみ」で後で解説するとサイト主様は言ってたのに。

それでよくよく見ると、同じページの動画「IPv6 IPoEとIPv6 PPPoEの解説」の後半でNTT NGN IPv6 マルチプレックス問題について説明している。

これじゃ、Google検索で出てこないわけだ。ChatGPTでも無理かも。


よかった。


# by k1segawa | 2023-01-23 01:34 | Comments(0)
今話題のChatGPT。

画像AIよりは実用的っぽい。
画像AIは「絵を描く必要がある絵描き以外の人」が、特に使っているようで、あまり必要が無いので興味が無くどちらかというと音声入力AIの方が興味があったのだが、プログラムを組めるというChatGPTが出てきて俄然興味が。

まず、OpenAIのアカウントが必要で、

【アカウント登録】
1.ブラウザでChatGPTのホームページ(OpenAIのホームページの画面上の"Try!"をクリック)に行く
2.Log inとSign upが選べる
3.OpenAIのアカウントが無いので、Sign upを選ぶ
4.メアドとパスワードを決めて入力
5.メアドに確認(Verify)のメールが来る
6.メールにあるボタンを押す(※なのでメールをブラウザで開きHTMLメールが見れることが必要)
7.二段認証のOpenAIのページに飛ぶ
8.+81(日本)が選ばれた状態で、続けて電話番号を入力する
9.電話番号宛にSMSが届き、6桁の番号が来る
10.二段認証の画面が6桁の入力画面になるので、それを入力する

アカウント作成完了!

【初回ログイン】
1.再度、ChatGPTのホームページに戻るので、Log inを選んで、メアドとパスワードを入力する
2.一回目はオリジナルの名前を決める(ニックネームみたいなものか)
3.ChatGPTの使い道について、「build」が開発者っぽいので、一覧の中からそれを選ぶ(違うのでもいい)
4.最初のチュートリアルっぽいTips(使い方ガイド)みたいなのが4、5回出るので、そのまま次へ進む

1回目の初期設定等が終わって、メイン画面になる

【メイン画面】
・メイン画面の一番下に、テキスト入力エリアと右端にメール送信の紙飛行機アイコンが出る
・その上には、ダブルクォーテーション(")で囲まれた入力例が6個ほど、英語例文で出ている
・左サイドはメニュー

全て気にせず、入力エリアに日本語で入力する

最初なので「日本語で、ChatGPTは何と読みますか?」と入力し、紙飛行機アイコンを押して出た画面がこれ。
[ChatGPT] 日本語もOK! ChatGPTを使ってみた - ログインとHello World で初心者入門 [OpenAI] (12/7)_a0034780_11430798.jpg
あら、全然日本語で行けるのね。

すごいなー

全体像はこんな感じ。
[ChatGPT] 日本語もOK! ChatGPTを使ってみた - ログインとHello World で初心者入門 [OpenAI] (12/7)_a0034780_11482264.jpg
面白いー

これはWebサービスなので、グラボやNVIDIAのCUDAとかインストールいらないので、敷居低い。

テスト版なので今後有料化したら、リクエスト50回/月1280円くらいになるかな?

P.S.

(2022/12/17追記)
GIGAZINE様の記事によると、
こちらの参考サイト様によると、

OpenAI API へのリクエストは、自然言語解析に伴う翻訳元言語から英語への翻訳した単語数(トークン)で料金が決まるようで、以下の例では翻訳しなさいという命令と翻訳する本文の2つが含まれていると思われる。ただし、トークン数に小数点以下があるため単純な単語数とはならないようだ。途中AI解析用のネットワーク層が複数挟んでいるはずで、その関連単語も連想や想起の際にカウントされるのかもしれない。

上記の事から、
「吾輩は猫である」を「日本語から英語に翻訳しなさい」、を例にとると、

参考サイト様のOpenAIのケースで、命令部分は「日本語から英語に」、「翻訳しなさい」はデフォルト機能(translate)なのでトークンとしてカウント未対象、本文は「吾輩は猫である」なので、命令部分と本文で英語に直して「Japanese to English」「I am a cat」で、単語数は7。

これがトークン数としては11.3になると出ている。

Davinciの場合、1トークン$0.006なので1ドル=150円とすると
11.3×0.006=0.0678($)
0.0678×150=10.17(円)

【ChatGTPとして仮定】
上の例文を、ChatGPTならどうなるか。
かつGIGAZINE様の記事を適用するとどうなるか。

上記とは違い、「翻訳しなさい」はデフォルト機能ではないので、この場合命令文としてトークンを多く消費する。

単語的にはtranslateで1増えるが、もしデフォルト機能でないため関連単語を含めてトークンとして増加する場合、多くて10以下だろう。

そしてそれがコストパフォーマンス的に99.8%節約、つまり0.2%=1/100*2/10=1/500 500分の1になるという事。

(11.3+10)×0.006×(1/500)=0.0002556($)
0.0002556×150=0.03834(円)

簡単な英語への「翻訳」なら100回で3円くらいになりそう。

さらに「問い合わせ」になると、命令だけでトークン数がJapanese to Englishの10倍くらい?で、
出力結果が翻訳結果I am a catとは違い、数行に渡るだろう。
さらにその数行を日本語に「再翻訳」して返す必要があるから、500分の1になってやっと1回の「問い合わせ」が数円程度になるのではないだろうか。

500分の1になる事でやっと実用的になるので、開発はここまで頑張ったのかもしれない。



# by k1segawa | 2022-12-07 11:51 | パソコン | Comments(0)
日時を次のように変更しよう。
yyyy/mm/dd hh:mm:ss

yyyy/mm/dd hh:mm

1.左の一覧から「テキスト」-「サブテキストの取得」を選び、2つの項目の間にドラッグ&ドロップする。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_19540209.jpg

2.入力画面が開く。
文字数を指定して部分文字列を得る処理だ。
元のテキストの右の{x}を押し、メニューからCurrentDateTimeを選択クリックし、選択を押す。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20034768.jpg

3.「%CurrentDateTime%」と入力される。
次の項目の右の▽を押し、「テキストの先頭」を選ぶ。
同様に文字数の項目で{x}を押し、16と入力し保存する。これが分までの長さとなる。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20153186.jpg

4.メイン画面に「サブテキストの取得」という項目が挿入される。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20320973.jpg

5.ファイルに書き込むテキストを「CurrentDateTime」→「Subtext」に変更する。
「テキストをファイルに書き込む」の項目を選び、右端の三点リーダー(・・・)の縦バージョンをクリックし、サブメニューから鉛筆アイコンの編集を選ぶ。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20203082.jpg

6.入力画面が開く。
書き込むテキストの{x}を押し、「Subtext」を選択し、選択ボタンを押す。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20243196.jpg

7.テキストを編集し、「Subtext」だけにする。
前の「%CurrentDateTime%」を削除し、保存を押す。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20263704.jpg

8.メイン画面の書き込むテキストが「Subtext」に変更される。
「実行」ボタンを押して実行する(test.txtファイルは閉じておく)。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20284799.jpg

9.裏でファイルが書き込まれるので、実行後はファイルを開いて確認する。
日時がyyyy/mm/dd hh:mmと短くなっているのがわかる。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20335937.jpg

10.最後にフローを保存する。
保存ボタンを押す。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20361137.jpg

11.最初のメニュー画面でフロー名を編集する。
メニュー画面の編集のとなりの、三点リーダー(・・・)をクリックし、「名前の変更」を選ぶ。
名前の欄が反転して編集可能になるので、直接フロー名(例)「日時追加」などと入力し、Enterキーを押す。
[Power Automate] Windows自動化 [日時追加 2] (10/22)_a0034780_20375770.jpg
これで、テキストの加工とフローの保存が出来た。






# by k1segawa | 2022-10-25 20:42 | パソコン | Comments(0)