体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Japanino ArduinoISPで ATtiny13 で プログラムシミュレータ(20) (9/23)

BASCOM-AVRにはハードウェアを作らなくても実行できるシミュレータがある。
以下のサイト様にあるようにプログラムをちょっと作るだけでLEDやLCD、PCとRS-232Cで文字表示やキー入力を試すことができる。
BASCOM-AVR プログラムシミュレーター (その1)
LEDはこんな感じ。

ソース:
'$sim
$regfile = "attiny26.dat"
$crystal = 100000
Config Porta = Output
Do
Set Porta.0
Wait 1
Reset Porta.0
Wait 1
Loop
End
ただ、サイト様の情報が古いので現在のバージョン2.0.7.5またはDEMO版ではそのままでは動かないことがある。
このソースだと$regfileがat26def.dat→attiny26.datに、$crystalは1000000→100000に修正が必要だった。インストールディレクトリC:\Program Files (x86)\MCS Electronics\BASCOM-AVRの下にdatファイルがあるのでそれを参考に。$simを有効にするとウェイト時間が無視される。プログラム画面は左に水色の矢印が上下に移動する。
a0034780_11282396.gif
赤のLEDの末尾が1秒おきに点滅する。
a0034780_11283512.gif

LCDはこんな感じ。

ソース:
'$sim
$regfile = "attiny26.dat"
$crystal = 100000
Dim Number As Byte
Config Lcd = 16 * 2
Do
Cls
Lcd "COUNT "
Lcd Number
Wait 1
Number = Number + 1
Loop
End
アイコンの[Refresh variables]を押す場合がある。
a0034780_11400972.gif
RS232Cはこんな感じ。

ソース:
$regfile = "2313def.dat"
$crystal = 4000000
$baud = 9600
Dim N As String * 10
Print "Welcome to AVR World!"
Input "May I have your name? " , N
Print "Hello, " ; N
End
a0034780_11580984.jpg
一旦UART0の画面をクリックして名前をキー入力+Enterすると画面のようになる。
[PR]
by k1segawa | 2016-09-23 11:36 | arduino, AVR | Comments(0)