体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

google cloud platform まず起動 (6/11)

google cloud platform で マストドン - Qitta を起動がうまくいかなかったので、入門本買ってみた。

2014年発行のと、最近出たやつ。

最初Qitta の通りリソースを設定したら、アクセスできなくて詰む(フェッチできないうんぬん)。

2014年の方はCygwinインストールだったので、Qittaの方とちょっと違うので、最近のやつを参考に。

無料枠だったのでf1-micro(0.6GB)じゃないとダメかと思ったら、サンプルの掲示板に必要なpython関係インストール中にディスク容量不足。

んー、しゃあーないからサンプル通りにn1-standard-1(vCPU x 1、メモリ 3.75 GB)10GB固定ディスクで作成してやる。

おお、入った。

GUIはまた少しずつ違っているのでネットワーキングとかトップメニューに出ない(下位のカスケードメニュー内)。

掲示板はうまく動いた。

VMインスタンス名はサンプル通りではなく「instance-1」になってしまったが。

a0034780_21563764.png
インスタンス起動後、フェッチ出来なかったのは、インスタンス作成時に「ストレージ」がデフォルトで「読み取りオンリー」になっていたから。サンプルの手順では読み取り書込み可。

上記のインスタンス作成でもなんか無料っぽかったので、Qittaでも10GBで読み取り書込み可で作ってみるかー。

インスタンスは削除・再作成はこれまでさくっと何回かやってる。1個なら無料だったような気がするのでまた再作成から。

12ヶ月 300ドル(33,000円)分が与えられ、us-central1だと12ヶ月後も残るらしい。
インスタンス1個をさらに追加すると33,000円から1か月25ドル引かれるので、どうしてもインスタンス2つ以上欲しかったら、33,000円の中から気を付けて使えばオーケー。また有料サービスも33,000円の中から消費されるのである程度は使える。



[PR]
by k1segawa | 2017-06-11 22:02 | パソコン | Comments(0)