体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

上流DNS の KSKロールオーバー対応の確認 - Bash on Ubuntu on Windows にて (9/28)

Gigazineさんの2017年9月28日のヘッドラインニュースで知ったのだが、DNSがちょっとシステム設定変更で準備しているらしい。


ロールオーバーって何かと思ったら、上位DNSを管理するJPNICの設定変更があるので、プロバイダDNSなど影響を受けるネットワーク管理者は設定を見直してくださいと言うお達しだった。

チェック方法は、同ページにあるリンクから。
参考情報 - KSKロールオーバーについて

もしDNSサービスを利用していたらそこが対応しているかチェックできるようだ。今ならお名前.com、昔ならDDNSサービスでDo!.jpさんなどを利用していれば気になるだろう。とりあえず自分のプロバイダが大丈夫か確認してみた。

「DNS応答サイズ増大への対応」と書いてある1と2はDNSサーバを立てているプロバイダ側の操作なので置いとくとして、3の結果は下の通りOKだった。
a0034780_21323733.jpg
4のコマンドだが、Bash on Ubuntu on Windows上 で コマンドを叩いてみる。
最初サイトの通り
dig +bufsize=4096 +short rs.dns-oarc.net txt
と打ったが同じように出なかったので、コマンドのヘルプで調査(Debian系/Ubuntu 14)。
a0034780_21394785.jpg
うん、引数の並びが違うね。
なので以下のように打つ。
a0034780_21424819.jpg
4066あるから1424より大きいな。とりあえず上位プロバイダのDNSは大丈夫らしい。



[PR]
by k1segawa | 2017-09-28 21:33 | パソコン | Comments(0)