体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Raspberry Pi でコントロールキーとCaps Lock 変更 - Xwindow (10/28)

キーボードのコントロールキーを今のCaps Lockの位置に変更したいのだが、ちょっと上手くいかない。
参考となるサイト様を探したところ以下の所が一発だった。

ただし、文字化けする。HTMLソースを読むとcharset=ISO-2022-JP。
a0034780_07373099.png
検索結果の一覧表示では正しく表示されているので、そのリンクを右クリックしてページの保存をしてからnkf -gでコード調査した所UTF-8となる。

ソース自体はUTF-8なのにキャラクタセットの指定がJPのままなのね。
古いページなので昔のブラウザがキャラクタセットを読まなかった名残りなのだろう。

あれ?検索エンジンが「DuckDuckGo」だとUTF-8なのに、Googleに変えるとASCIIになるぞ?

(chromeの[メニュー][設定][検索エンジン]でDuckDuckGo や Googleに切り替えられる)

しかしgoogleのキャッシュを表示すると正常に表示する。HTMLソースを見るとcharset=UTF-8になってる。なるほどー。
a0034780_08112579.png
戻すには検索エンジンの管理でDuckDuckGOをデフォルトに選ぶ。

本編だが以下に設定内容を示す。

(ここからサイト様の該当箇所 - ただし半角/全角うんぬんの先頭!!を半角に変換済み)

Ctrl_L と CapsLock の交換
以下の内容で ~/.xmodmap.mod を作る。

!! Caps_Lock と Control_L の入れ換え
remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

!! 半角/全角キーを Escape に変更
keycode 49 = Escape

両方のキーを modifer map から削除し、 keysymbol を入れ換えてから再び登録するという手順を踏んでいる。 keysym 行の左辺の keysymbol 名は現在の keycode に変換される。 ついでに半角/全角キーを Escape に変更しておく。

(ここまで)

この通り書き込んで、
xmodmap .xmodmap.mod

試行錯誤したのが嘘のようだ。

chromeの自動エンコードも良し悪しだな。メニューの強制エンコードを残してくれればよかったのに。

P.S.
ちなみに自分の場合、右クリックによるカスケードメニューはcrxMouseを入れているのでダブルクリックしないと出ない。なぜだー
OneTabとcrxMouseとさらにstylebotも入れたら重くなった。stylebotを無効にしても変わらなかったのでstlylebotを「削除」した。3つは拡張機能としてRaspiのchromiumは限界なのかも。

[PR]
by k1segawa | 2017-10-28 07:31 | Raspberry Pi | Comments(0)