人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Raspberry Pi で大きいマウスカーソルへ変更 - Xwindow (11/5)

(2017/11/6追加)
どうも調子が良くない。64x64以外にしても64の大きさにしかならず大きすぎる。そして項目の削除が出来ない。元の大きさにしてもルートウィンドウやx-cursor未定義のウィンドウのカーソスサイズは戻らない。PiXにするとブラウザ内のカーソルは戻るがデスクトップやメニューで開いた設定ウィンドウのカーソルサイズは大きいまま。

元に戻すには、Adwaitaを選ぶとルートも元に戻り、その後さらにPiXを選べば最初の大きさと種類に戻る。

どうもAdwaitaが全ての種類をきちんと定義していてPiXはルートのカーソル定義に抜けがあるようだ。

どうやらこちらのサイト様に色々と情報があるようだ。x-cursorで検索。

色々なDesktop ManagerやXの設定ファイルなどがあって違いがありlnでリンクされたりして消えないのかも。

どうやら予想は合っているようだ。
LXAppearance の項目で、以下のファイルがあり、
~/.config/gtk-3.0/settings.ini

Create links to missing cursors の項目で、以下のファイルがある。
/usr/share/icons/Adwaita/cursors
/usr/share/icons/PiX/cursors

Adwaitaはかなりのソフトのカーソルを定義していて膨大だし、PiXはだいぶ少ない。

元に戻す手順は当たりだった。項目削除できないのはメニューから呼び出すソフトの設定ファイルなのでもう少し調べてみる。それ以外は回復可能。
(ここまで)

30インチモニタを使用しているのでマウスカーソルが小さい。なので4K用やビッグカーソルを探す。

まず、Raspi側で[メニュー][設定][Main Menu Editor]で隠れてるメニューを表示する。
左の一覧の中に[設定]があるのでクリックしてから、右の一覧から[ルックアンドフィールを設定します]という項目をチェックONにしてOKを押す。
a0034780_21490246.png

すると[メニュー][設定]に追加されるのでそれを実行する。[マウスカーソル]タグがあるのでクリックするとAdwaitaとPIXのみがありPIXが通常は選択されている。(以下は新しいマウスカーソルを追加後の画面)
a0034780_21491106.png

マウスカーソル自体はGNOMEのCursorが使えるみたい。なので次のサイトに行く。

左の一覧にCursorという項目があるので選択。マウスカーソルが色々あるので画像を見ながら大きいのがあるのを選ぶ。画像の下に○が複数あれば画像をクリックすると次画面を表示する。ただしすでになくなってしまっているのがあるので、下の方のProduct Files(9) Changelogs(5) などと書かれたところの、Filesのカッコ内の数字が1以上のものを選ぶこと。

この中でWin8とHackneyedを見つけた。Files がタブボタンになっているのでクリックすると左端が提供ファイルへのリンクになっているので、その中から色々選ぶ。

ダウンロードしたらそのまま解凍しなくてよい。
前のツールのマウスカーソルタグ画面の左下に[インストール]ボタンがあるのでこれを押してダウンロードしたファイルを[適用]する。32x32以下のファイルしか一覧には表示しない。また適用後は再起動したほうが良い。

例えばHackneyed(64x64)を選んだらマウスカーソルは説明とは違って白ではなく黒になった。しかし相当大きくなりウィンドウリサイズ時のマウスカーソルもでかくなって見やすくはなった。右利きと左利き用がある。48ぐらいがいいかも。

by k1segawa | 2017-11-05 21:53 | Raspberry Pi | Comments(0)