人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

コンパクトワイヤレスキーボード が便利 - タブレット 大画面TV 接続 |Android (11/7)

Raspberry Pi用に買ったコンパクトBluetoothキーボードだが、Androidタブレットでも使えて便利。
Ewin® ミニ キーボード Bluetooth 3.0 タッチパッド搭載 マウスセット ポータブル 超小型 ワイヤレス キーボード 日本語配列 92キー 多機能ボタン USBレシーバー付き Mini Bluetooth Keyboard【日本語説明書と1年の保証付き】ブラック
a0034780_08562795.jpg
大画面テレビにAndroidタブレットをつなぎ、マウスとキーボード一体型のこれで操作するのだが、マウスの動きが秀逸。

マウスカーソル移動 = タッチパッド
左クリック = タッチパッドタップ・左クリックボタン
右クリック = 右クリックボタン

ここまでは当たり前だが、これからが特に便利。

スクロール = 左クリックボタン+タッチパッド(つまり画面をタッチしながら上下スラッシュ)
その場でスクロール = Fn+タッチパッド(大きくスクロールするので便利)
戻る = 右クリックボタン+タッチパッド左スラッシュ(つまり右クリック+←のマウスジェスチャー)

つまりマウス左右ボタンがあり、押しながらタッチパッドをスラッシュすることでマウスジェスチャー対応のブラウザに司令することができるのだ。
これはRaspiでもWindowsでもMacOSでもiOSでも多分使える。Fnキーの組み合わせも地味に便利。

特に大画面TVやディスプレイなど離れた所に設置した画面に本体を有線で繋ぐと、そのコントロールにわざわざタブレットやスマホの画面を操作しなくて済むようになるのだ。もちろんワイヤレスで画面を転送する機器があればそれが一番だが。

普通のデスクトップを表示させ、ウィンドウやアイコンをドラッグしたりが出来る。大画面TVのコントローラでは出来ない操作も出来る。

良く出来てるな〜







by k1segawa | 2017-11-07 09:18 | Comments(0)