人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

24ボタンJoyStick ELECOM JC-DUX60BK で FEZ 割り当て (11/24)

(2017/12/1追記)
どうやらFEZの[Option][マウスパッドの設定][パッド有効]をOFFにしないとマウスの右クリックに割り当てた7ボタンが効かなくなる。
そしてWindows10の[設定][デバイス][マウス][マウスホイールでスクロールする量]=複数行ずつ、[一度にスクロールする行数]=1にしておく。
またFEZゲーム中は[システム][オプション][操作][カメラモード(上下)]=反転にしている。
(ここまで)

24ボタンジョイスティック ELECOM JC-DUX60BK を FEZ(MMO Game)で使いたかった。
アナログスティックが悪評高いのだが、なんとかキー割り当てしてみた。
ドライバとファームウェアは公式サイトのマニュアルに従ってインストール済み。

まずFEZ起動時の[Option][マウスパッドの設定][パッド有効]にすると、ELECOM MMO Gamepadとなるがエラーで落ちるのでマウスパッドとしては使えない。従って残念だが左右アナログスティックは使えない。および左十字カーソルボタンもPOVとしては使えない。ただ他のFPSと違ってFEZでは無くてもすむし、逆に製品不具合にぶち当たる時間を伸ばしてくれ、結果的にはよかったかもしれない。

[設定]
キー割り当てを変えるためにドライバと一緒にインストールされたELECOM JC-DUX60 Configツールを起動する。
ファームウェアVer:1.01にしたがツール画面ではVer:1.0と出てる。

以下の定義では、左十字カーソルボタンがカメラ、右十字ボタンで移動となる。
割り当て方法を示す。

右十字ボタン:
1~4=AWSD (キーボード)

左十字キー:
スティック設定でマウスカーソル移動(速さ=5)に設定
a0034780_22082121.png

さらに7ボタンで右マウスボタンクリックにし、8ボタンで右ALTにして、7ボタンを押しながら左十字キーを押すことでカメラ移動にする。必ず最初羽モード(エイム)になってしまうのでその解除に右ALTキーを8ボタンに割り当てるのだが、先にこれらの定義にマクロを使う。
マクロエディタで、次のように定義した。
a0034780_22103666.png
画面では違うが、もう一度キーを離すまで実行し続けるにし、レコーディング設定はウェイトもレコーディングするにチェック。
レコーディングボタンを押してESCを押すとスタートする。この時適当な間隔で押し離しをしたら179msになったのでそこはおおよそで。一応保存しておく。RM.pfdとした。
一応左の保存領域に追加しておく。欄内にある「+」を押すと矢印が有効化するので、その後右矢印を押して追加保存。名前はとりあえずRMとした。あとで参照する。

ホットキーとはイベントキャプチャーのきっかけのキーでデフォルトではESCになっているが、ホットキーというボタンを押すと変えることができる。ESCキーをキャプチャーしたいときはここを変更する。今回は必要ない。

そしてメイン画面に戻って7ボタンを登録する。登録するマクロとしてRMを選択する。連射ONにし、MAXの50にした。
8ボタンもキーボードで右ALTキーを登録した。
a0034780_22171582.png

一応ここまでで本体メモリ管理ボタンで、設定ファイル自体を保存した。

[使い方]
起動時のOptionで設定はしない。ELECOM JC-DUX60 Configは終了しておく。

左十字カーソルでカーソル移動なので羽モードでは羽の移動、そうでなければカメラの上下左右になる。
7ボタンを押すと右マウスボタン押しっぱなしに近くなるので羽モードのままカメラの上下左右が出来る。
8ボタンで羽モードのON/OFFだ。

あとは残ったボタンを好きに定義すればよい。7,8じゃなくてもいいし、自分は今のところ左右ステップとジャンプを6,5と9,10(同じにしてる)に定義している。そもそもこれがやりたかったことだ。

アナログスティックは今のところ暴走していない。時間がたつとわからないが。未使用なら不具合の出るのも遅くなるかもしれない。24ものキーをうまく割り当てればほぼマウスは画面遷移を除いて使わなくて済む。

by k1segawa | 2017-11-24 22:55 | パソコン | Comments(0)