体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Raspberry Pi で パッケージ管理 - PiPackages 起動タイミング (1/18)

Raspberry Pi の apt update/upgrade を 行うのに、端末から行うと、設定ファイルが置き換わる時があり、その時前の設定がユーザディレクトリの下に保存される。

この時新しい設定ファイルは実行したユーザディレクトリに作成されるので、PIXEL(LDEX)のGUIアプリだと設定ファイルの場所が変わってしまうのか、メニューから起動すると起動しなかったりアップデートされていない設定ファイルを参照して不具合が出てしまう。

なので毎回メニューからPiPackages(MENU->設定->Add / Remove Software)を起動しているのだが、面倒。
よく見るとOptions-> 更新の確認で実行すると"更新はありません"と出ることがよくある。
a0034780_05142371.png

従って、次の手順で行う。
(1) 端末でapt update を実行。
(2) "アップグレードできるパッケージが 〇〇 個あります。表示するには 'apt list --upgradable' を実行してください。"と出たらPiPackagesで更新の確認を実行。

(2) が出ない場合はPiPackages では"更新はありません"になるので起動しなくてよい。

なるほど〜設定ファイルを書き換えるほどの変更でなければ apt update のみでいいのか〜

[PR]
by k1segawa | 2018-01-18 05:10 | Raspberry Pi | Comments(0)