体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Windows subsystem for Linux - Microsoft ストア Bash on Ubuntu | Xlib開発 環境設定 (1/30)

ストアからインストールしたBash on Ubuntu。
BashとVcXsrvで表示したXクライアントアプリに日本語表示。
globalでソース解析。
ファイル操作とgit。
XlibでGUIアプリ開発環境。

これだけをとりあえず可能にする設定とインストールアプリが以下の通り。
a0034780_02151546.png
set-locate
locate-gen
update-locate

nautilus
最初に$HOMEにコンフィグが入る
sudo synaptic

language-pack-gmone-ja
server-xorg
xorg-dev

x11-server-utils
x11-apps

.bashrc
export DISPLAY=:0

#include <string.h> 4行目に追加
cc xlib-2.c -o a2 -I/usr/include/X11 -lX11 (-L/usr/lib/X11はいらない)

global

.vimrc
set visualbell
map <c-g> :Gtags
map <c-h> :Gtags -f %<cr>
map <c-j> :GtagsCursor <cr>
map <c-n> :cn <cr>
map <c-p> :cp <cr>

(Bash)
sudo apt install language-pack-ja

sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

takaoフォント

gitk

git-gui

そういえばストアアプリに秀丸が無償版であった。一番後ろがそれ。全然変わらん。
a0034780_02253531.png

[PR]
by k1segawa | 2018-01-30 13:09 | X-Window | Comments(0)