体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

市販かぜ薬の副作用 (4/23)

昨日からのどの痛みがあって昨日の夕方から今日の夜まで4回市販の風邪薬を飲んだ。
「ユリアン 総合風邪薬」(中外医薬生産株式会社) - 中外製薬とは無関係
という薬を服用した。
a0034780_21445121.png
すると今日の朝から胃の上部にむかつきがあり、それがずっと取れない。
最初は風邪の症状かと思ったが、今まで飲んだことのないメーカの製薬会社のモノであり、風邪自体の症状は暖かくして寝る事でほぼ治った事からたぶん薬の副作用だ。

今まで「かぜ薬の副作用」については考慮していなかったが、本日夜飲んだ直後に吐き気が大きくなって、注意した方がいいようだ。

パブロンやルルなどのメジャーの風邪薬ではこんなことはなかった。

やはり、完全に同じ成分ではないものだと、糖衣などで違いがあり、それがアレルギー等を引き起こすので、服用を即座に中止して、明日薬剤師に相談しよう。

P.S.
どうやら成分が違うようだ。
エテンザミドが含まれており、脳幹に作用し解熱作用があるらしい。パブロンやルルには全く含まれていない。内精神薬というタイプで、いわゆるダブルブロックというCMの脳への遮断作用がある成分らしい。その他の成分は量が違っておりかえってメジャー薬より含まれる薬剤の種類は少ないぐらいだ。

うーん、他のかぜ薬でエテンザミドやブロック機能のある薬は服用したことが無かったな~。
これほど同じかぜ薬で成分が違うとは思わなかった。自分に合わない成分があるのは納得した。よく成分を見てそういったブロックタイプの成分が入っていないか相談してから買おう。

[PR]
by k1segawa | 2017-04-23 21:45 | Comments(0)