体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Let's note CF-S10C シリーズ ドライバインストール (3/7)

新しいノートPCもIBMのリファビッシュ品のLet's noteだが、取り扱いはIBMだったらしく、きちんとリファビッシュ済みのIBM製の箱に入って綺麗だった。

OSもライセンス認証がクリアされて、リファビッシュ用のWindows認証キーに置き換わっており、本体に直接ラベルが貼ってあってこすって消えるシールドで隠されていた。

ここまできちんとしていると、本当に信頼できる。

さてドライバーだが、Windows10 Proの認証後のWindows Updateもなかなか時間が掛かったが、ドライバーもPanasonicの該当ページから沢山落として、説明を見ながら行うので時間がある時に行う。基本手動なのでバッテリーとネットワークが安定し、基本のドライバなのでバッテリー管理プログラムもあるので、使い込む前にインストールするのが吉。タッチパッドも特徴的な円弧スクロールが効かないのでモバイルするには必要。下記はWindows7 64bit用だが適用する。


こちらから上から順番にインストールする。企業でない限り通常はアプリケーションのインストールが出来る管理者権限を使用できる個人ユーザでログインしてダウンロード。インストール時の注意事項をよく読んで、任意のダウンロード先で自動解凍し、解凍先でpinstall.batを管理者権限で実行するパターン。

infファイルはutl、それ以降はutl2ディレクトリで、utl2の下にdriverとそれ以外が出来る。ドライバならさらにdriverの下にそれぞれフォルダが出来る。各ディレクトリのバッチファイルを実行するのに、エクスプローラでよい。

Panasonic Common Componentsは64ビット版をインストール。
Hotkeyドライバとアプリはインストール。
ビデオドライバは2018年時点ではインストールしても古いといわれてエラーで入らないので不要。ワイヤレスディスプレイは一応インストール。
Intel(R) Dynamic Power Performance Management ドライバはこの機種ではインストール不可なので不要。
フラットパッド ドライバーが円弧スクロールのドライバなのだが、WUPを含めてここまでのインストールですでに最新が入ったらしく古いのはインストールされなかった。
サウンドドライバーはvbsファイルを実行する。今も動作する。
無線LANドライバは説明を読んですでにIntel(R)Centrino(R)Advanced-N 6205がデバイスマネージャで最新になっていたのでインストール不要。
WiMaxドライバは一応インストール。後から振り返るといらなかった。
F5521gw Driver Packageドライバは該当機種でないので不要。
TPMはBIOSのスーパーバイザパスワードを設定してフォルダ・ファイル毎の暗号化なので、とりあえず保留。
ReadMeはPDFでなく、懐かしいHTA。今でも動く。
PC情報ビューアは次のPC情報ポップアップがバッテリーの不具合を知らせてくれるので必須。該当でないといいけど。
ホイールパッドユーティリティが円弧スクロールを設定するソフト。
クイックブートマネージャはV2.0をインストール。
ワイヤレス投光用アプリケーション、ワイヤレスWAN拡張、ピークシフト制御はインストール不要。


[PR]
by k1segawa | 2018-03-07 14:24 | パソコン | Comments(0)