体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

永谷園の 「鮭茶漬け」 が 魚臭かった こと (4/4)

久々にお茶漬けが食べたくなって、280円6袋の永谷園の鮭茶漬けを買って食べた。
a0034780_19223901.jpg
透明な袋を破ったところで、変なにおいが。

「ん?」

気にせず、個別パッケージの袋を開き、お湯をかけていただく。

その間じゅう、鮭の香りというか「魚臭い」匂いがずっと。

食べれば美味しかった記憶をきっと思い出す、とおもって進んでいったが、お湯をかけたところで「石油臭い魚の臭い」(←道民が本州に来て、鮭の切り身を食べた時感じるあの新鮮さが全くない油臭い匂い)が。味も期待していたようなものでなく多分嗅覚に影響されて、ただただしつこい魚の黒い部分の血の匂いが。

あれー?

十年ぶり位に買ったのに、もう残りを消化するのがつらいぐらい、期待を裏切るよ~~~

味覚が変わったのか、それとも今の魚の味の淡白さに慣れてしまったのか。スシローの回転寿司でネタがさっぱりしてるなーとは思ってたけど。

老舗の変わらない味が、今は受け入れられないなんて。

よく老舗も時代に合わせて変化しているという話があったが、「いやいや最近の若い人は老舗の良さがわからない」などと、上から目線で考えていた節があったが、自分が老舗の変わらなさにダメ出しを出す羽目になるとは。

たまたま原材料が変わっていたのかもしれないし、パッケージの保存状態が悪かったのかもしれないが、すなおに今の消費者や若い人の声を聴いて変化していかないと、ただ古いだけではそっぽをむかれてしまうんだな。

伝統や古い技術にしがみついても、そこに進歩がなければ誰にも必要とされなくなる。

当たり前のことを「鮭茶漬け」で実感した。

[PR]
Commented by やまぴい at 2018-04-05 23:47 x
道民め!
Commented by k1segawa at 2018-04-08 10:21
都会できらびやかなのに食い物だけはあっちの方が新鮮だと入社してから知ったよ〜(鎌倉幕府の頼朝の逸話でうまくて感動したと聞いた覚えがあるがあれはどこいった)
by k1segawa | 2018-04-04 19:24 | Comments(2)