体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Google Home Mini を 購入してみた (3) - スキルに代わるサービス:Google Assistant公式アプリ (5/5)

先行するAmazon Echo。スキルというアプリを追加する事で色々な事をサードパーティがサービスを提供できるが、Google Home では 同じような事が裏で出来るようになって来ている。

例えば、「OK,Google」のあと、
JR東日本 運行状況スキルは、「(路線名:東海道線など)の運行状況は?」と呼びかけると『電車動いてる?がお勧めです。〜を利用しますか?』
radikoスキルは、「(局名:J-WAVEなど)」と呼びかけると『radikoで「局名(J-WAVE)」をストリーミングします』
食べログスキルは、「食べログ」と呼びかけると『食べログへようこそ』
ニューススキルは、「ニュースをかけて/最新のニュース」と呼びかけると『最新のニュースをお伝えします〜xxxからニュースを再生します』

従ってGoogle HomeはサードパーティがGoogleにサービスを追加してもらう形なのかも。

そして個人開発が出来るAmazon Echoの方が一歩進んでる感もあるが、2018年1月からGoogle Home対応アプリの開発がGoogle Assistant公式アプリとして出来るようになって来た。
こちらのサイト様で認識。


最初のJR東日本 運行状況等のサービスと同じレベルなのかは分からないが、個人開発も出来るようになった。

この中の、「SmartHacks DataBank」というSmartHacks社さんが提供しているサイトで検索すると、Amazon EchoやGoogle Homeの色々なスキル・アプリが探せる。


a0034780_12560324.png


これによると、現時点ではデータベースに登録した物のみで約2倍の差が出来ている。

検索条件をGoogle Homeにして一覧でアプリを見れば何のサービスがあるかわかる。
a0034780_12562151.png
Amazon Echoならこんな感じ。
a0034780_12575852.png

そして例えば一番上の「みんなのおはよう」アプリなら次のようになる。
a0034780_12563041.png
声のかけ方例で、
「OK, Google 『みんなのおはよう』につないで」と、呼びかける。

面白いことに1日に1回らしく、『また明日になったら聴いてね』と返されてしまって、「みんなのおはようを使って使い方の説明」自体を聴くことが出来ないのはおちゃめなのかドジっ子なのか。

Google アシスタント 公式ページでは次のように表示される。
a0034780_13263964.png

最初のサイト様のリンクといい、この検索といい、個人でスマートスピーカーを使う、開発することがどんどん簡単になっていく。

バーチャルユーチューバーなど新しいことが2018年もめじろ押しで楽しみだ。







[PR]
by k1segawa | 2018-05-05 13:05 | Google Home | Comments(0)