体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Ubuntu Studio デスクトップマネージャー xfce4 で画面解像度初期化 (9/21)

(2018/9/22追記)
どうやら不正な解像度にしても、Ctrl+Alt+F1で一旦CUI端末に切り替えてから、、Ctrl+Alt+F7で元のGUI画面に戻せば画面が再描画されて正常になるようだ。
設定を初期化せず、再描画で行ける。
(ここまで)

低レイテンシーのUbuntu Studio でUSB Audio をつないで音を良くしているのだが、
今使っているデスクトップマネージャーの画面解像度を適当に設定したら、ログイン後の画面でマウスカーソル以外表示しなくなった。
どうも不正な解像度を与えてしまったらしい。

解像度を初期化したいが、何というアプリがデスクトップの起動時に何というファイルに書き込んでいるのかわからない。
(結局正常に戻って確認したら[左上の、スタートメニュー][左側の、設定マネージャー][ハードウェアの中の、ディスプレイ]だった)
a0034780_15591258.png
a0034780_15593602.png
a0034780_15595740.png


だからログイン後は、ログイン前のXの解像度の設定ではなく、そのデスクトップマネージャー固有の設定ファイルをいじらないと、初期化できない。

Ubuntu にはLXDEやGnome、Unity、xfce4などいくつものデスクトップマネージャー(セッションマネージャー?)があって、それぞれ通常のX系とは別の画面解像度設定ツールで管理している。まずそれに気づくのが遅れた。
ログインしてしまうとマウスカーソルしか出ず何を使っているか調べようがなかったためだ。

で、今回どうやらxfce4を使っているらしい。
「Ubuntu Studio lubuntu」のキーワードでGoogle検索し、次のサイト様でわかった。

画面を見てxfce4が該当。

そしてログイン画面で別のCUI端末を開く方法を探す。
Ctrl+Alt+F1でいけるらしい。F2、F3と順番に確認するとF7でGUI画面に戻った。

xfce4が管理している設定ファイルを$HOMEで探す。次のディレクトリ下に
cd .config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml

displays.xmlというXMLファイルがあり、これが変更した日付になっており、それの中に今回失敗した解像度と同じ数字が定義されていた。

<property name="Resolution" type="string" value="720x480" />
<property name="RefreshRate" type="double" value="59.937500" />

これをデフォルトの1920x1080や1280x800にする。今回は後者の方にしてリフレッシュレート60.00000にしてみた(たまたまうまく行ったが)。

すると、ログイン後、デスクトップにアイコンやメニューバーが表示された。

ふー、通常のXの解像度変更でなく、デスクトップマネージャー(ひょっとするとウィンドウマネージャー?)の設定ファイルだったし、それもxfce4だったとは。LDXEかと最初思っていた。そして$HOMEにあるだろうとは予想していたが、.profileや.configにLDXEやXSession系のファイルを探していたから全然見つからなかった。
XMLファイルだったのね。

また何かの拍子で解像度不正をやらかしてしまうといけないのでメモメモ。

[PR]
by k1segawa | 2018-09-21 21:20 | パソコン | Comments(0)