人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

Think Pad X200 Linux キーバインド 変更 - ブログ編集内容消失 (12/13)

ThinkPad シリーズのキーボードで、カーソルの左上にある紙のアイコンに左矢印がついているキーを、ブログ編集画面で編集中に押すと、ページ戻るに割り当てられているため、編集中の内容を失ってしまう。

余りにも頻発するので、キーバインドを変える。

xevでキーシンボルを見ると、XF86Backとなっているので、これを無効化。
ついでにESCキーが変に左上隅に追いやられているので、日本語入力キーを変更している自分には必要ない全角半角キーをESCに。
あとやっぱり遠い、bshやviでよく使う「!」を未割り当てのshift+0に追加。
コントロールとCapsLockも入れ替え。

[~/.Xmodmapの内容]
! 19 number 0
! exclam !
! 166 cursor left-up
! 167 cursor right-up
! 49 Zenkaku_hankaku
!
keycode 19 = 0 exclam
keycode 166 =
keycode 167 =
keycode 49 = Escape Escape

簡単に .bashrcの末尾に追記する。
setxkbmap -layout jp -option "ctrl:swapcaps"
xmodmap .Xmodmap

ちなみに日本語入力はFcitx+Mozcで、[設定][Fcitxの設定]で、以下のように。
a0034780_17191569.png
[設定][Mozc設定]で、スペースの入力を常に半角に。



by k1segawa | 2018-12-13 17:22 | パソコン | Comments(0)