人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

AnTuTu ベンチ v7.1.4 結果 | SH-10G Snapdragon 801 2GB (2/14)

VR用にSH-01Gの性能を計ってみた。

AnTuTu Benchmark v7.1.4

詳細は、
総合・・・53,459
CPU・・・27,194
GPU(3D性能)・・・6,602
UX・・・15,101
MEM・・・4,562
(平均スコア・・・6,1519らしい)

次のスマホの購入時に参考にしたい。ゲームはいらないがVR(何が影響するのかわからないが)のために、総合と3Dで少なくとも2倍、現在のを使った1年後なら3倍ぐらい欲しい。
トップ性能のスマホHUAWEI Mate 20は総合30万と6倍以上の差があるが、価格も11万と高い。それにAndroid 5.02 1920x1080 FlashROM32/RAM2GB 4コア 5.5インチ 130万画素 3000mAh 近接センサーなしだから、その辺もアップするだろう。

現端末でも(このパーツでの)個々の項目は8%のユーザより高いと出てるから、優秀なのだろう。
コスパがいいらしい主なHUAWEI (SIMフリー & 最安値 & 性能順) で比較すると、
HUAWEI Mate 20・・・30万/11万円
HUAWEI P20 Pro・・・21万/8万
HUAWEI P20・・・21万/6万
HUWAEI nova 3・・・21万/4.5万(2年縛りOCMモバイル)
HUWEI nova 3i・・・14万/3.1万(輸入)
HUAWEI P20 lite・・・8.7万/2.4万
SH-01G(中古)・・・5.3万/0.8万
liteが手が届きやすいが、希望の2~3倍の性能ならHUAWEIで言うと敷居がちょっと高いnova 3i、縛りありでnova 3辺りか~

全部トップ性能ばっかりで、画面サイズと解像度、ジャイロと深度センサーについてしか言及しておらず、CPUやGPU性能、RAMアクセス速度などには一切触れていない、最初に出てくる参考となるサイト様が以下の通り。

こちらのサイト様で言われてる最低限の性能なら今でも十分クリアしているが、一つ上の性能のスマホだと何が良くなるのか言及してないので、購買理由にならないのが以下。

以下のVR用ベンチマークソフトが提供されている。PC用とスマホ用だが、スマホはDayDream対応のみで無償版もある。もちろん高性能PCが必要だが、現在所有のスマホの性能を知りたい時に(DayDream非対応も出来ればなお良いが)何らかのテストが出来るのはいいかもしれない。一覧とか作って欲しいな~

現状ではCPUやGPU、メモリなど個々に測定する必要があり、総合的にどの項目が重要なのかわからないので、そういうこともあって上記サイト様も載せてないのだろう。
こういうのが出てくることによって目安がつけられる。残念なことにSH-01GはGoogle Playでインストール不可だった。Androidのバージョンが7.0以上なのでDayDream判定ではないと思うがそこら辺はチェックしてるのかな。まあ、SteamVRPerformanceTest でPC性能は可能と出ていたから、スマホのVR性能でいいベンチないかな~(VR TestやVR CheckerはVRに必要な機能の有無や程度を判定するだけなので) それともAnTuTuでVR性能もわかるのかな~老舗VRアプリのFullDiveで性能評価機能のサポートがされるといいな~


by k1segawa | 2019-02-14 19:12 | VR | Comments(0)