人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[電源安定供給] Windows10 ARM 64bit Raspberry Pi 3B+ インストール&起動 [GPIO] (2/23)

前記事のコメント内のサイト様でバッテリーのHATを使ってらっしゃるので、調べたら3.7V 800mA リチウム充電池から5Vに昇圧してGPIO経由で電源供給してる。

バッテリーならACアダプタより大きい電力にも柔軟に対応してくれるから、今の起動しない環境で悩んでいる方は、GPIO経由でモバイルバッテリー(0mAに近くなると自動的に供給カットしないやつ)を、良いUSBケーブル(急速充電の12/9Vで2Aとかでなく少なくとも5Vで2A以上流せるやつ)で、実験してみてはどうかな?


私も一時有名になったDAISOの優秀なやつあるので、電池駆動で運用してみたい。[SNS]の付いた自記事ではUSBヘッドセットでSkype失敗したけど、3A電源と合わせて良いUSBケーブルで再挑戦したいしね。

今の3A電源用に加工したジャック - USB変換ケーブル、ちゃんと流せてるのかな〜
単に直結だから大丈夫だと思うんだけど。

っと言ってるそばからリビングで2A MAXで音楽再生させてたらいきなり電源OFF。室温高め。システムのクラッシュはインストール時に2回、Skype時に1回きりで、今回で4回目。やはりスピーカー出力は2A MAXにはきついか〜

実験機の方が消費電力低いはずなので、リビングは3A MAXにする。
(LAN、USB 2.4MHzドングルのみ。リビングはこれに加えてイヤホンジャックからのTV RCA入力への出力)
MINだと2Aでも大丈夫なんだけど操作性が。ASUS TF101の2.4AでMAXにする。
それよりUSB はんだごて来たー

by k1segawa | 2019-02-23 10:16 | Raspberry Pi | Comments(0)