人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[ブックマーク] OneTab 置換 [Firefox] (5/14)

OneTabという拡張機能を使っていたのだが、登録数が1000を超えてくるとブラウザが重くなってくる。

そこで次のアドオンに置き換える。


沢山のタブを開いた時メモリが足りなくなってくるのを解消するために、Super Suspendというタブをメモリ開放する拡張機能から、このスマートなOneTabに乗り換えたのに、本末転倒だ。

沢山タブを開くことと、気軽にどんどん登録するのがそもそも良くないのだが、人間は楽な方に流れる。

なので、OneTabの解決方法を調べたが、登録した項目の重複を削除するくらいしかないらしい。そんなに重複してないので、数が減らない。

調査を進めるとOneTabを拡張機能OFFにすると軽くなることに気づいたので、拡張機能を簡単にON/OFFする拡張機能で、登録する時だけOneTabをOnにすればいい。

Chromeなら次のワンクリックエクステンションマネージャーというのがあり、FirefoxではSimple Add-on Managerというのがそれに相当したらしいのだが、新しいFirefox Quantumでは使えなくなってしまった。
a0034780_00083838.png
なので、ツールバーのカスタマイズでOneTabアドオンアイコンを置くしかない(下図の赤枠の部分)。タブが1画面開いてしまうが、メニューよりは早い。
a0034780_00141194.png
これでもいいのだが、ここからは本記事のメインである、OneTabには頼らない方法を考える。
そもそもタブを登録するのはブックマークの機能だ。
なら、ブックマークを簡単に登録・参照・編集できればいい。そしてOneTabのように一括で複数タブを登録出来れば、さらにいい。

まず、今のブックマークはURL入力バーの右端のをクリックすると、確認画面が出てワンクッションある。これを確認画面無しに登録するアドオンを入れる。そしてブックマークは、日付の新しいのが上に来るようにしたい。OneTabも一番上が最も最近登録したものだから。一括ブックマークの場合、自動で日付フォルダを作成する機能が必要になる。しかしそのような機能の物は見当たらない。手動で命名するのは主旨に合わない。

確認無しでブックマークできるアドオンで、かつブックマークフォルダを任意に選択できるようなものを探す。一括の時は全てのタブがその時の日付になり、日付順にならないので、フォルダを指定して一括用の別のフォルダに登録することにする。

単独タブ:クイックブックマーク機能で、日付順登録するフォルダへ
一括タブ:一括ブックマーク用フォルダへ登録

これを分けたのは、今まで考え無しにしたブックマークが、「他のブックマーク」の下に、直接または日付フォルダの中に登録されていたからだ。さらに悪いことに「他のブックマーク」というザッピングしたページのブックマークのほかに、「ブックマークツールバー」、「ブックマークメニュー」という2つの標準フォルダにも雑多なブックマークが置かれてしまっていた。

この辺も整理できて、かつフォルダ名を簡単に作成・編集できるブックマークマネージャーがあるといい。

Firefoxを見直してみたら、なにそれ。標準のブックマークマネージャーがGUIで出来るじゃん。ドラッグ&ドロップで出来て、無駄に高機能。
サイドメニューを左においてON/OFF出来るように、ツールバーのカスタマイズでサイドバーアイコンを左端に置く(下図の赤枠)。
a0034780_00365548.png
上の黄色の3つのフォルダだけは名前固定でこれを生かして登録・編集する。

まず、確認無しブックマークは次のアドオン(Default Bookmark Folder)で。
a0034780_00431344.png
これは上図を見ると、クイックリーブックマーク(赤下線)と言って、URL入力バーにあるアイコン(赤枠)をクリックする事で、任意のフォルダへ登録できる。
そしてえらい事に、クイックリーブックマークとは異なって、通常のブックマークは別のフォルダに出来るのだ。だから一括ブックマークも、URL入力バーの標準のブックマークアイコンも、使い分けられるのだ。

そして、そのブックマークを簡単に参照・選択するには、サイドバーでは余りにも見づらい。
なので、Firefoxは標準で新しいタブを開いた時に履歴ページとして表示する機能があるので、それに似た感じで、サイドバーの内容が表示されるといいんじゃないかな。

と言う事で、新しいタブを開くと、ブックマークの内容が表示される次のアドオン(New Tab Bookmarks)を入れる。
a0034780_00542985.png
これは、開発が中断して、レイアウトに制限が掛かっているが、まあファビコンと文字列数文字が表示されるのでなんとかなるかー
これを使った新しいタブ(+)を開いた状態がこちら。
a0034780_00564807.png
このように整理した後なので綺麗に見えるが、ここまで作るのには大変だった。
まず、ツールバーでの名前とフォルダの位置、このアドオン(New Tab Bookmarks)の、サブフォルダや空のフォルダの扱いだ。

まず3つの内1番目の【ブックマークツールバー】の中だが、メインの3つ(下図のブックマークツールバーなど)のどの階層にもフォルダやブックマークは作れるのだが、ごみごみとした最初からあったブックマーク(Mozilla のコミュニティやFirefox を使いこなそうなど)や、ブックマークとは違う機能の「よく見るページ」や「最近付けたタグ」は、有用なので残しておきたい。
a0034780_00365548.png
なので、有用な物を【ブックマークツールバー】のサブフォルダ「インストール時ブックマーク」を作ってそこにまとめておく。なぜか【ブックマークツールバー】直下でなくても機能している。

そして、2番目の【ブックマークメニュー】は複雑なので飛ばして、3番目の【他のブックマーク】へ進む。これは雑多なブックマークを置いておくところとして、過去の登録したブックマークをここに全部移動する。中の階層はどう作ってもいい。新規にFirefoxの標準のブックマーク機能で登録すると【他のブックマーク】の直下に登録されてしまうので、ここで、Default Bookmark Folder でクイックリーブックマークとは別のフォルダとして、任意のフォルダを指定する。そうすればここに登録されることはなく、まとめて参照することが出来る。


クイックリーブックマークと標準ブックマークの格納フォルダは、それぞれ次のように
クイックリー:【ブックマークメニュー】の下に「クイックbookmark」
標準:【ブックマークツールバー】の下に「ブックマークフォルダ」
として作成する。

まず、ブラウザ画面の左横のサイドバー上で右クリックして新しいフォルダを作成し、「ブックマークフォルダ」と「クイックbookmark」を作成して、それぞれ、上記の場所へドラッグ&ドロップで移動する。

次に指定の方法だが、
まず標準ブックマークはFirefoxのアドオン管理画面の一覧からDefault Bookmark Folderの設定ボタンを押して、Firefox buit-in bookmarkingタブを選び、場所として「ブックマークフォルダ」を選ぶ。そしてそのフォルダを使うかどうかのスイッチをONにする。
a0034780_01234920.png
上の方が一括ブックマークで、下の方が単独ブックマークの場合だ。今回は両方とも一緒のフォルダに登録する。
同じように、クイックリーブックマークも以下のように設定する。
a0034780_01370414.png
これでDefault Bookmark FolderはOK。

さて2番目の【ブックマークメニュー】フォルダの特殊性についてだが、
どちらかというと、New Tab Bookmarksの機能なのだが、このアドオンの対象は【ブックマークメニュー】だけなのだ。
そして、次のようなルールがある。

New Tab Bookmarks
対象:「ブックマークメニュー」

ブックマークメニューの内容:Firefoxの新しいタブを開く機能でページ表示すると、ブックマークメニュー直下のブックマークを最初のグループとして表示する。そしてサブフォルダはそれに続けて別のグループとして表示する。

ただし、
空のフォルダ:非表示
フォルダ名:半角かっこを含む名前のフォルダ以降のブックマーク・フォルダは非表示。サブフォルダもサブブックマーク(とでもいうのかな)も非表示
となる。

これによって、次のように配置すると、いつも使う固定のブックマーク✖1グループ・履歴✖1グループ・通常のブックマーク✖複数グループの3種類を、新しいタブページで表示出来る。
a0034780_02291332.png
上図で、
ブックマークメニュー (青) === 固定
クイックBOOKMARK (マゼンタ) === 履歴
普通のブックマーク・階層OKフォルダ(フォルダ… (オレンジ) === 通常のブックマーク

左の名前が長いが、右が機能で、サイドメニューと新しいタブ画面で対応状態が分かるよう色を同じにしてある。

青い枠の直下にあるブックマークが、最初の青枠のグループに表示されている。

マゼンタが、クイックリーブックマーク機能で登録したもので、新しいタブ画面の枠内では新しい日付が上になる。

オレンジが、Firefoxの標準機能で登録したもので、一括ブックマークのアドオンで登録した場合でもここに登録される。2番目のグループ名で想像できるが、フォルダ名に半角かっこを含むと内容やそれ以降のフォルダを一切表示しない。どちらに登録するかは、フォルダ名を指定して登録する時に行なう事も編集する事も出来る。2つ以上そして、非表示にしないフォルダを増やすことも出来る。

そしてサイドメニュー内で注意したいのが、右クリックで「名前順に並び変える」だ。「名前ソート」だから、せっかく日付順になっているフォルダでこれをやってはいけない。(登録)日付順に並び変える機能はないので、一度ソートしてしまったら、もう手動で並べないと元には戻らない。これはplaces.sqliteという全く別の設定ファイルで管理しているためで、こちらはバイナリファイルなので編集することが出来ない。

新しいタブページ内で編集できれば、それが一番なのだが、Firefox標準のサイドメニュー機能も優秀で、「ソート」以外なら名前を自由に決めて、編集出来るので不自由しない。新しいタブページ内のレイアウトも変更できればいいのだが、これはアドオン作者にやってもらわないとどうすることも出来ない。それでも結構使えるようなので、OneTabの置き換えはだいたい完了。

使い方:
(1) タブの右端の(+)を押して「新しいタブ」を開く。
(2) 巡回するサイト様を、一番左のブックマークメニューというグループ内から選んでクリック(例としてGIGAZINE様)。
a0034780_03031938.png

(3) 気になったページは、URL入力エリアのクイックブックマークアイコン(下図の赤枠)をクリック。
a0034780_02564880.png
(4) すべてのタブを一括登録する時は、ツールバーのアドオン(下図の赤枠)をクリック。
ここで初めて一括ブックマークのアドオンの説明が出てくる。
今回はBookmark All Button を使う。これは余計なメッセージを表示しないので目的にあっている。他のアドオンでも可能。
a0034780_02552401.png
ただ、タブを閉じてくれないので間違って何度も押してしまう。従って手動でタブを右クリックし、「他のタブをすべて閉じる」を選択する。
ひと手間かかるので、もっといいアドオンがあればそれに乗り換えたい。

これで、Firefox Syncで同期していると、WindowsでもLinuxでも固定ページやクイック登録が一緒になるので、新しいタブを開けばOSを越えてすぐ続きが出来るのが便利。
さらに、サイドバーを履歴にし、表示を最後に表示した日時順に並べるにすれば、もっと細かい履歴が表示出来るので、Syncは大事。
タブの開いた状態は同期されないしされても困る。そういう場合に一括ブックマークや、クイックブックマークで大事なタブだけ登録すればいい。

同期するとどんなサイトを開いたかの情報は次の順で詳細に登録される。
履歴>一括ブックマーク>クイックブックマーク(タブ選別)>標準ブックマーク(フォルダ別)>固定ブックマーク(不変)

by k1segawa | 2019-05-14 23:33 | Comments(0)