人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[Oculus Quest] Smash The Beats 音楽 追加 カスタマイズ [Oculus Go] (6/1)

Oculus Go の Beat Saber 似 のゲームで「Smash The Beats」というのがある。セール価格で390円の割にグラフィックも綺麗で、「Sword」:剣を選ぶと操作性も似ている。ランキングやPCのようにModを入れられないが、曲の追加が出来る。

USB接続してAndroid スマホと同じようにマスストレージとしてOculus Goを認識させて、DCIMのmusicディレクトリかdownloadディレクトリにmp3ファイルを入れるとよい。どの程度のビットレートまで対応しているかはわからないが、そのあとの操作方法として、「Compose」という操作がある。これを解説した動画が以下の通り。
これの11:50あたりから解説されている。
曲を追加したら、その曲を選択してComposeボタンを押す。すると、あらかじめ右の画面でユーザが選択したオプションで、曲の解析(Analyze)が始まる。適切なビットレートの曲が選ばれていれば、うまくブロックをヒットポイントに自動的に配置してくれるが、間違ったビットレートだとスローテンポのブロックしか配置してくれないらしい。あとは無音時間や曲のノイズ・ハイハットも関係しているっぽい。「MP3 ビットレート」で検索して曲をうまく変換した方がいい。

12:14でComposeボタンが出てくる様子。
a0034780_23421694.png

解析中・・・
a0034780_23435904.png
上手くCompose出来たら、その曲と選択したオプションを添えてReddit等にリンクが上がっているようだ。完了時ゲームが始まってしまうが、BPMや選択したオプションは保存されている。

PCでなくてもスマホで曲が追加できるのは有名なところで、beattronがある。800円くらいだが、毛色が違っている。クローンはTrack Slashというのがあるが、登場時期が早かったせいか、グラフィックやカスタマイズ機能は考慮されていないし、開発も終わっている。安くてカスタマイズ出来て、Beat Saber似のUIとグラフィックなこのアプリは買いだろう。

実は開発陣はQuestにも移植されてるとかだったら、DLCしか開放していないBeat Saberよりヒットするかも。その時は990円くらいだといいな。その際はBPMユーザ指定可能とかになると嬉しい。

PCVR版Beat Saber 編集画面

なかなか本格的過ぎて、自動解析のSmash The Beatsが無駄に高い技術なのがもったいない。


by k1segawa | 2019-06-01 23:41 | VR | Comments(0)