人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[Oculus Quest/Go] 最もホットなプラットフォーム [Virtual Desktop/VR Browser] (7/25)

◆Virtual Desktop

Oculus Go の VD(Virtual Desktop)が990円で、Questの1390円より安いので導入しているのだが、QuestでVDは神アプリと呼ばれるほどSteam版VRゲームを動かすのに、またはPC版DMMを見るのに色んな所で利用されている。

なので頻繁にバージョンアップがあり、その恩恵をGoでも受ける事が出来る。

性能向上やGPUの対応種別拡大など続けられており、Goでも性能が上がるのは純粋にうれしい。

Goでの主な使い方はPCのブラウザ上で2D動画再生だ。またGoにはQuestにはないPIGASUSやDMMがあるのでそれで再生できないフォーマット形式の画像や動画をPCで再生して視聴するためにも使用する。

PIGASUSでPCのDLNAサーバーにアクセスできるので、わざわざVDでなくてもいいのだが、モニタの縦向きで画像を閲覧でき、かつPIGASUSよりも手前に配置出来て、拡大して見れる。これはPIGASUSのヴォイドモード(シアターモードより周りが暗く集中できる)よりも、映画館で最前列の席で見る「仰ぎ見る」スクリーン画面が実現可能。
そのため映画を大迫力で見るにはVDの方が完全に上回っている。

迫力順としては、

[BIGSCREEN] << [PIGASUSでzoom最大・固定画面で縦向き] << [VDで最も手前にデスクトップ画面配置・モニタ縦向き]

とVDが最も良い。

◆VR Browser

Virtual Desktopアプリとして、ブラウザを再生することが多いが、それならGoには「VR Browser」という埋もれたアプリがあり、これが素晴らしい。
a0034780_13151560.png

Goの組み込みブラウザを、マルチウィンドウ・タブ化しており、自由な位置・奥行に配置する事が出来る。
所詮スマホであるGoのブラウザなので、動画は専用アプリのYouTubeVRには敵わないし、旧Flashコンテンツも再生出来ない。

しかし、テキストや普通の画像のサイトを見る事が多いなら、くっきりした日本語フォント(組み込みブラウザなので当たり前だが)で、Chromeライクに使う事が出来る。

ただし負荷が半端なくウィンドウ 2画面3タブぐらいで、ゲーム動画を再生しながらWebで調べ物をするというPCでは普通のシーンの場合でも、熱のためにすぐシステムアラートが出てしまうので、夏のこの時期クーラーを効かせないとなかなか長くは使えない。だがそのシチュエーションをVRゴーグルで再現出来るというだけでも、可能性が素晴らしい。

このようにPCがなくてもネットサーフィンも出来るので、GoさえあればFirefox Reality/標準ブラウザ/VR Browserと3つブラウザが揃っており、なかなか快適。静止画や写真サイトも綺麗に見れるので、VRでもブラウザさえあればという場合はGoで十分だ。

◆VRゴーグル単独で物書き・プログラム開発

また、「ホイール欲しい ハンドル欲しい」様のVRカテゴリに、
とあり、QuestとGoで単独でスマホ上にデスクトップを実現する手順があるので、物書きやプログラム開発までPCがなくても可能。

このように、スタンドアローン機はスマホならではのアプリが開発され、SideQuestやALVRなど今一番ゲームをするよりもずっと面白い。

ゲームはコンテンツ不足だが、それを何とかしようとするユーザーの活動が最も激しいプラットフォーム、それがOculus Questだ。


by k1segawa | 2019-07-25 13:17 | VR | Comments(0)