人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[Oculus Go] 電源が入らない [完全放電?強制再起動が正解] (11/23)

Goを起動した時に、直前のバッテリーが47%の表示で、起動直後はたぶんそれ以下の状態で、アプリが高い負荷の処理をしている最中にアプリが落ちた。

47%のバッテリー表示ではあったが、更新されていない時点で数%だった可能性があり、その状態でアプリがハングしてしまった。

画面が真っ暗でホームボタン長押しでも短押しでもメインメニューに戻ってこない。

仕方がないので、電源ボタン長押しで電源を切ったところ、二度と立ち上がらなくなった。
そして充電ケーブルを差してもランプが点灯せず充電が始まらない。

Androidの電源+音量↓同時押しで「強制電源OFF」したつもりで電源ボタン押しても点灯しない。

色々検索して、低電流の充電器で充電して見たり、USBコネクタの口をブロアーで吹いてみたりしたがさっぱりだ。

なので次のサイト様の方法を試したところ、電源ランプが点き、Oculusスプラッシュ画面がHMDに表示され充電も始まった。

このページの「Androidの強制再起動の方法」という部分が該当する。

電源ケーブルを抜いて(差したままだと動作が違う可能性がある)、電源+音量↑を15~20秒長押し、念のため電源+音量↓も15~20秒長押しし、電源ボタンを押したところ、上記のように電源ランプとHMDにOculusスプラッシュが表示され、ケーブルを差した(ここ電源ボタンを押す前に電源ケーブルを抜いたままだったと思うが、だめなら差してから押す)。

結局、完全放電ではなかったため「強制再起動」+電源ボタンでOKだったようだ。

(1)「強制電源OFF」:電源+音量↓
(2)「強制再起動」 :電源+音量↑ ※

(1)は、電源が入っていて画面表示されている状態で、操作が出来なくなって電源を落とすもので、HMD画面には「キャンセル/再起動/電源を落とす」の選択メッセージが表示される。

(2)は、画面が消えている状態で、電源が入っていなくても、強制的にハード的にHMDを再起動させるもので、画面の表示/非表示に関わりなく、ハード内部で電源を一度ONして再起動シーケンスに落とし、強制的に電源をON/OFFする。
なので、今回電源ランプも画面も消えて点かなくなっても、電池さえ残っていれば操作出来たのだ。

※(2)はその後、さらに「電源スイッチをON」すると、Oculusスプラッシュが表示され電源ランプも点灯し、電源ケーブルを差すとランプが赤く充電中を示す状態になった。(2)+電源ONであることに注意。

なかなか完全放電時の状態と区別がつかないので、充電できない場合と含めて3つの状態のそれぞれの対処方法を覚えておこう。

今回同様にスマホでも同じことが起きていた。

バッテリーを食う遠隔カメラアプリでサーバに配信映像を送信中に、画面が消え充電が出来なくなって、接点復活剤やSIM抜き差し、コネクタ掃除などしたが、一向に充電が始まらなかった。

(3)「完全放電」:とにかく8時間以上充電する。ケーブルを変えて充電を試してみる

この(3)のあとに、(2)を行なってやっと復活した。ほぼ2日はスマホが使えない状態だった。

なので、Goの時も落ち着いて調べて半日くらいで(2)の情報にたどり着いた。スマホが(2)だったこともあとから気が付いた。

スマホの場合と言い、Goの場合と言い、なんとかAndroidで同じだったので助かった。
よかったよかった。


by k1segawa | 2019-11-23 18:52 | VR | Comments(0)