人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

[Firefox Quantum] 64ビット版のみの提供ではないための名称変更 [Firefox Browser] (1/13)

(気のせいだった)
Chromeの足切りと勘違いしていた。

世間でもそうだと思うから、この変更は32ビット版もFirefoxはかつてQuantumで高速化したんだよという潜在的アピールになるのと、旧プラグイン切り捨ての悪印象がそろそろ無くなってきたから名称変更はいいんじゃないかな。
(ここまで)

Firefox Quantumが提供された時、Win/Linuxも64ビット版のみで、32ビット版の足切りが行われたような記憶があったが。

どうやら別の総合公式サイトでずっと32ビット版が提供されていたようだ。

そこにはWin MSIインストーラでの提供も含まれ、Firefox ESRとして旧プラグインが使えるように32ビットFirefoxが延々と続いているのを横目に、Quantum化したFirefox 32ビット版がWin/Mac/Linuxで提供されている。

Quantumとは結局高速化と引き換えに旧プラグイン排除を正当化するために64ビット版しか提供されなかったような気がしたが、32ビット版は実質ここで配布されていたのかー

なので、Kona Linx 4.0 black/i386でも今回Firefoxが73になった内容もきっちり取り込んでいて、更新通知も来る。メニュー>システムツール>「最新のFirefoxをインストールする」のスクリプトは作者様サーバでビルドしていたものではなかったのだな。さすがだ。




P.S.
そういえばRAM 2GB のWin64マシンがMS Edgeが最軽量最適としていたが、Chromeベースになってからずいぶんと重くなった。
もう、RAM 2GB ノートはWin/Linux、32/64ビットでは、Operaかその派生のVivaldi(Winは64ビットのみ)なのかな。Firefoxでもいいけど。

by k1segawa | 2020-02-13 05:41 | Comments(0)