人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2017年 04月 13日 ( 2 )

Windows Updateで更新チェックしても、4月の不具合分しか落ちてこなかったので手動でインストールしてみた。

時間は深夜で3~4時間かかっただろうか。元に戻せるようだがそれにも何時間もかかるから充分時間のある時がよい。

気になる Bash & Ubuntu Linux環境だが、いつも通りこちらのサイト様が参考になる。
1)のBashの日本語表示の改善
2)Bashとコマンドプロンプト間のパイプ(PowerShellはもちろん、cmd.exeのバッチファイルの管理者権限無しでもOK)
3)/sbin/ifconfig等の実行(ネットワーク等の仮想ファイルシステムの正常化)
は、全てUbuntu 14.04.5のままでもきちんと実行できる。

記事ではディストリビューションUbuntuの 14→16へのアップグレードをしているが、Ubuntu独自のパッケージの不具合パッチが提供されないだけで、周辺パッケージやカーネルの不具合パッチは全く別なので今の所あせってアップグレードしなくても大丈夫かな。

uim-fep と Anthyの組み合わせでBash端末上で日本語入力してから、Backspaceキーで2バイト(古い)文字である漢字を1文字削除しても、きちんと削除されるようになった。もちろん環境変数LANG=ja_JP.UTF-8を定義した上で。shを子プロセス起動してLANG未定義だと1バイト分しか削除されず、表示が崩れるのは一緒(正常)。その様子は次の通り。(Bash端末上では日本語入力を起動すると無限ループになってしまっていたのだが、無事起動するようになった。- lxterminal等のXサーバ前提のコンソールはOKだった)

Backspaceキーを押す前
a0034780_15574017.png





正常
a0034780_15580810.png






LANG未定義時
a0034780_15585139.png






アップグレードする時は結構環境構築してしまっているので、パッケージリストを取得しておかないと。下記のサイト様を参考に。

2)のサイト様の例が地味に便利。
dir | bash -c "grep 2015"

今までcmd -c とやっていた所をbash -c にするだけ。bashはWindowsシステム環境変数にパスが通っているので、ショートカットにも可能。
grepを簡単にWindows上のコマンドプロンプト(cmd.exe)で利用できるのは、開発者にとってまさに待っていた機能だ。余分なツールを必要とせずBash on Windowさえ入っていればOKというのはいい。これが最もLinux - Windows 間でシームレスにやりたかった事だ。すばらしい。

Windows Creator UpdateではPowerShell が標準になったが、わざわざgrep等のUnixツール互換のコマンドレットを覚えなくてすむし、もうcmdのバッチファイルでいいんじゃないかな。

3)の/procなどの特殊ファイルがサポートされたおかげで、GUIパッケージ管理のsynapticがBash端末でもlxterminal上でもエラーログを吐かなくなった。
firefoxもまだちょっとエラーログを吐くが綺麗に起動する。
a0034780_18435239.jpg

こちらのサイト様も詳しい。

PowerShell

Ubuntu上でのバックアップ

MS IME 表示中央

既存ソフトの高DPI対応

未対応なCPU

P.S.
今はUbuntu用ビルドとかあるのかー。じゃあ14じゃなく16にした方がいいかも。あとsynapticはio_ctrl系もまだエラーになるな。

by k1segawa | 2017-04-13 16:22 | X-Window | Comments(0)
九州工業大学のarduino を使ったオシロスコープ Kyutech Arduino Scope を作ってみた。
arduino Uno互換の「びんぼうでいいの」に数個の部品をブレッドボードに組んでATmega328にスケッチを書込み、arduinoとPC上のProcessingのプログラムがシリアル通信して動作する。
以前扱った記事の「ハンディ・オシロスコープ」とは違い、PCのマイク端子ではなくarduinoが電圧をサンプリングし、PC側のGUIの単位も実際のオシロスコープの様なus/divとなっていたり、操作パネルも position / variable、TRIG mode : auto / normal / single などとなっている。

実際のオシロスコープに近いと操作方法もネットから探しやすい。そして直接PCにつないでいないので、回路間違いでショートしたりしてもダメージがPCに行かない。これは初心者の私でも壊すまで行かなくてもなんとなく安心だ。どちらかというとUSB端子が抜き差しでグラグラしてきている方がダメージ大きいが。
サイト様の回路図はシンプルすぎて、どの端子がプローブに当たるのかよくわからなかった。一か八かでCH1とGNDをプローブの+、-として、PWMで明滅する別のarduinoスケッチfadeのLEDの+(長い足の方)、-(短い足の方)につないでみたら、波形が表示された。

そしてそれだけでは単にノイズのような細かすぎる塗りつぶされたような波形なので、色々といじってみたら、ちゃんと矩形波の周期が長くなったり短くなったりする様子が見れるようになった。

「ハンディ・オシロスコープ」とは操作方法も見方も違うな。あちらはWindowsの使い勝手を理解した作りで、スライドバーやドロップダウンやスクロールバーで使いやすくできており、こちらは実際のオシロスコープのようにボタンやロータリーエンコーダーのようなダイヤルではないが、単位を合わせており、わかっている人にはわかりやすい作りになっている。実際のオシロスコープを利用する際には役に立つ。USBオシロスコープなどのPCで測定画面を表示するものには「ハンディ・オシロスコープ」に近い操作性のものもあるが。

そしてトリガー入力やPULSE出力という「ハンディ・オシロスコープ」ではなかった端子があり、実際のオシロスコープにはある使い方のわからない端子のようだ。うーん、ちょっともう少しオシロスコープの機能を調べないとまだまだ使えないな。敷居は高いが本格的に高度な使い方を覚えるにはこのオシロスコープは入門用にちょうどいいステップかもしれないな。そして次の段階に上がるには秋月で売ってる2400円のやつかな?

by k1segawa | 2017-04-13 00:05 | arduino, AVR | Comments(0)