人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 03月 19日 ( 4 )

そういえば、ライセンス認証エラーと昨日ぐらいに出たような記憶がある。
でも、設定>システム>バージョンを見てみたら、いつの間にかライセンス認証済みに変わっていた。

このISOのベース作ったのが2/18だったから、30日でライセンス認証するようだ。

試用ライセンスについては、開発ライセンスとは違うので無償で全機能使えたりするが、このように期限が決まっていることが多い。
そして開発ライセンスを購入しないと試用ライセンスで開発したプログラムやコンテンツは販売する事は出来ない。試用ライセンスを使って開発したりコンテンツを作った場合、公開は出来ても試用ライセンスである旨を表示したり、商用利用しても損害賠償は出来ない。商用に利用しても、それによってお金が発生したり、顧客とユーザの間に収支のやり取りは、出来ない。

で、マイクロソフトの試用ライセンスは結構開発者には優しい。

Windows Server の 試用が以下のサイト様に。

試用期限が切れても、再度使用期限を延ばしてトータルで長く試用できる。

これと同じことをWindows ARM 版で行うと次のとおり。
slmgr /dli
a0034780_22401865.png


slmgr /dlv
a0034780_22333371.png
これは1001回なので自動的にデジタル認証が30日毎にかかると30x1002日なのかな?結構長いし、途中で変わったら回数が減るのかもしれないがそれはMSに抑えられているので、30日毎に確認するとよい。

P.S.
つまりWindws軽量化を施したISOイメージのように、ライセンス認証を通したイメージを作成して保存しておくと、作成日から1002/12=83.5年後にはライセンスが完全に切れて使えなくなるということ。最初3年後とか書いたけど、83.5年ならほぼ無限か。MSの方針が心配ならcmdファイルで取得した1803/1809のHome/ProのJP/ARM64のISOファイル4つとWoAツール(最新2.1.1)を保存しておくこと。83年もこのままとは思えないし。



by k1segawa | 2019-03-19 22:37 | Raspberry Pi | Comments(0)
Justy USR-01 の USBシリアル変換ケーブルを持っているのだが、こちらのサイト様にヒントが。

Justy製 UCR-01をBootCampのWin8(32bit)で使うw | じょん基地


ATEN Japan が潰れていたので、英語ページでDownload & Support で プロダクトをUSB Converter にし、検索。
USR-01はさすがにないので、USB~の03あたりに目星を付ける。

するとMac OS用とWindows10用が。


MacOS 10.10 or higher Upgrade Software V1.6.4 2018-03-01
ATEN_uc232b_v1.6.4_20180119_sign.pkg.zip
Windows 7, Windows 8.1, Windows 10, Windows 2012 R2 Upgrade Software v1.0.062 2018-03-01

これを入れてUSBを抜き差し。デバイスマネージャでATEN USB to Serial Bridge (COM9)と表示された。





by k1segawa | 2019-03-19 19:58 | パソコン | Comments(0)
Windowsで、android開発を行うのに、Debianのような aptパッケージ管理システム chocolatey を導入する。

今でもVisual Studio 2017 Community、Arduino IDE、Visual Source Code、Go、.NETFramework、Unity、Steam Blender 2.79b、Powershell と入っており、これ以上環境を煩雑にするわけにはいかない。
Java VMやJavaScriptや秀丸エディタ、vim、WSL、Debianと端末やスクリプト、サブシステムがあり、仮想環境が入っていないだけまだまし。きっとBASCOM-AVRやDockerも入れるだろうし。

【chocolateyインストール】

chocolatey

以下のサイト様を参考にインストール。
Windows環境にchocolateyをインストールし、使う - Qiita

cmd.exe上で実行したスクリプトの結果:

==========================================

PS C:\WINDOWS\system32> cmd.exe
Microsoft Windows [Version 10.0.17763.379]
(c) 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\WINDOWS\system32>@"%SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe" -NoProfile -InputFormat None -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET "PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin"
Getting latest version of the Chocolatey package for download.
Getting Chocolatey from https://chocolatey.org/api/v2/package/chocolatey/0.10.13.
Downloading 7-Zip commandline tool prior to extraction.
Extracting C:\Users\k1segawa\AppData\Local\Temp\chocolatey\chocInstall\chocolatey.zip to C:\Users\k1segawa\AppData\Local\Temp\chocolatey\chocInstall...
Installing chocolatey on this machine
Creating ChocolateyInstall as an environment variable (targeting 'Machine')
Setting ChocolateyInstall to 'C:\ProgramData\chocolatey'
WARNING: It's very likely you will need to close and reopen your shell
before you can use choco.
Restricting write permissions to Administrators
We are setting up the Chocolatey package repository.
The packages themselves go to 'C:\ProgramData\chocolatey\lib'
(i.e. C:\ProgramData\chocolatey\lib\yourPackageName).
A shim file for the command line goes to 'C:\ProgramData\chocolatey\bin'
and points to an executable in 'C:\ProgramData\chocolatey\lib\yourPackageName'.

Creating Chocolatey folders if they do not already exist.

WARNING: You can safely ignore errors related to missing log files when
upgrading from a version of Chocolatey less than 0.9.9.
'Batch file could not be found' is also safe to ignore.
'The system cannot find the file specified' - also safe.
chocolatey.nupkg file not installed in lib.
Attempting to locate it from bootstrapper.
PATH environment variable does not have C:\ProgramData\chocolatey\bin in it. Adding...
警告: Not setting tab completion: Profile file does not exist at
'C:\Users\k1segawa\Documents\WindowsPowerShell\Microsoft.PowerShell_profile.ps1'.
Chocolatey (choco.exe) is now ready.
You can call choco from anywhere, command line or powershell by typing choco.
Run choco /? for a list of functions.
You may need to shut down and restart powershell and/or consoles
first prior to using choco.
Ensuring chocolatey commands are on the path
Ensuring chocolatey.nupkg is in the lib folder

C:\WINDOWS\system32>

==========================================

所々エラーっぽいが、直接cmd(管理者権限)でも実行し、そちらでchocolateyを起動。
サイト様の通りgooglechromeをインストール。
コマンド端末上でメッセージ表示後、スタートメニューを開くと新規にGoogle Chromeのアイコンが追加されていた。

【Android Studio / SDK インストール】

で、Android 9 はAPIレベル28でAndroid Studio 3.2以上で開発出来るらしい。
chocolatey は Android Studio 3.3まで現在インストールサポートしているようなので、実行する。
Android Studio は OSがたくさんあって環境が1.0~9.0までものすごく多いので、OSのバージョンによって環境を入れ替えしないと、HDD容量もいくらあっても足りないからな~

chocolatey公式
Android Studio (Install) 3.3.2.0
https://chocolatey.org/packages/AndroidStudio

choco install androidstudio
choco upgrade androidstudio

でAndroid Studio 3.3.2.0 が入る。SDKはまた別で以下に示す。
最新なのでAndroid 9対応。

chocolatey公式

Android SDK 26.1.1 (22/2/2019にPackage Testに合格とある)<これがAndoroid 9かは未確認

https://chocolatey.org/packages/android-sdk

choco install android-sdk
choco upgrade android-sdk

これでインストールパッケージの追加削除は自由。依存関係もchocolatey任せ。
Dockerで開発環境丸ごとのバックアップや切り替えはまあそこまでは次の機会かな。とにかく前提プログラムの環境設定がこれで完璧に出来るはず。最新の1つの環境しか作らないからDockerの出番はないはず・・・と思いたい。

まずは環境構築で、色んなIDEとSDK、ツールチェーンとかでぐちゃぐちゃになる前に手を打っておくといいよ。

P.S.
やべ、bash -c が wsl に置き換わったので、ストアプリも出来るか探すのにgrep掛けやすい。

オフィス:
C:\>choco list MSOffice

Office365Pro Plus 2016.20190301 [Approved]
1 packages found.

LINE:
C:\>choco list "LINE" | wsl grep "LINE"

(なし)

C:\>choco list "LINE" | wsl grep line

7zip.commandline 16.02.0.20170209 [Approved]
wsus-offline-update 11.6.1 [Approved] Downloads cached for licensed users
line 5.14.0.1893 [Approved] Downloads cached for licensed users
sqlserver-cmdlineutils 14.0 [Approved] Downloads cached for licensed users
nodejs.commandline 6.11.0 [Approved]
sumatrapdf.commandline 3.1.2 [Approved] Downloads cached for licensed users
notepadplusplus.commandline 7.6.4 [Approved]
autoit.commandline 3.3.14.2 [Approved] Downloads cached for licensed users
webpicommandline 7.1.50430.0 [Approved]
filezilla.commandline 3.26.2 [Approved] Downloads cached for licensed users - Possibly broken for FOSS users (due to original download location changes by vendor)
git.commandline 2.11.0.20170203 [Approved]
flyway.commandline 5.2.1 [Approved] Downloads cached for licensed users
maxthon.commandline 5.2.7.2000 [Approved] Downloads cached for licensed users
lxrunoffline 3.3.3 [Approved]
timelineexplorer 0.8.11.1 [Approved]
azure-pipelines-agent 2.147.1 [Approved]
opencommandline 2.1.212 [Approved] Downloads cached for licensed users
drush.commandline 5.1.2
pngoptimizer.commandline 2.5 [Approved]
iscommandlineapp 1.0.0 [Approved] - Possibly broken
visualstudio-linepastefix 7.0 [Approved]
frozenbytes.baseline.dev.core 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev 1.0.2
ipinfooffline 1.47 [Approved] Downloads cached for licensed users
frozenbytes.baseline.dev.vs 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev.sdks 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev.tools 1.0.5
secondstrategy.baseline.utilities 2013.10.10
eveonline 0.0.2 [Approved] Downloads cached for licensed users - Possibly broken for FOSS users (due to original download location changes by vendor)
office-online-chrome 1.5.0.20170115 [Approved]
par2cmdline 0.6.13 [Approved] Downloads cached for licensed users
odata2poco-commandline 3.1.0 [Approved]
flyway.commandline.withjre 5.2.1 [Approved] Downloads cached for licensed users

(上から3行目のこれかな?)

C:\>choco install line

vcredist_x86.exe ランタイムインストーラ2013まで依存関係で検出してる。すげー
お?
http://dl.dsktop.line.naver.jp/naver/LINE/win/LineInst.exeをダウンロードしようとしてhash値が合わないってエラーが。
このマシンがストアでLINEの無料インストールライセンス取得した時のChecksumが合わないらしい。
しゃーない、ストアアプリで取得するか~

C:\>choco -?
C:\>choco list -help
C:\>choco info -help
C:\>choco install -help
C:\>choco upgrade -help
C:\>choco list adb
C:\>choco info adb
C:\>choco install adb
ADBもあるのね。さすが。



by k1segawa | 2019-03-19 15:40 | パソコン | Comments(0)
静音FANを3Vで回しているが、音楽再生中、シャーっという音が耳障りだ。
なので、SoCのアルミ放熱版に白銅である100円玉と、LANチップは純アルミの1円玉を挟み、さらにそれをホームセンターで買ってきた120円の鉄の板3枚とネジや何やら50円6個で自由形状にして組み立て。SoCの中央アルミ放熱板を挟んで、1時間のFirefox Nightly によるYoutube再生後のCPU周波数の低下が起きるかを見る。BIOSはMAX(この設定していても1.2GHzに落ちるので)。税別660円なり。

ハードはこんな感じ。
a0034780_08195317.png
a0034780_08195974.png
コインはしっかり挟まるので、それをさらにレの字のように組み合わせた鉄の板2枚で挟み、ナット等で強力に締める。1円玉の方はそのまま。本体が磁石でがっちり立っているので、レの字の鉄板が多少動いてもびくともしない。横に張り出てるのは表面積を増加するため。



負荷の具合
再生前
a0034780_08075709.png
1時間後はどうなっているかな。
(40分後:長辺の鉄板を触るとコインに近いほど熱を持っていた。コイン自体はかなり熱くなっている。3枚とも挟む形に鉄板を追加すれば結構行けそう)

1時間後
a0034780_09111763.png

CPU・メモリはほぼ100%・90%に張り付き、ディスクは0%ベースでたまに100%(この時はSS取るのに操作して負荷上昇)で、温度は触った感じ40分の時と変わらない。周波数も1.4GHzで高いままだった。順調に冷却されているようだ。

空冷FAN有りの時は、首掛けシッコロファンやRaspi2の静音FANにDC3Vを与えて色々やっていた。
a0034780_08200628.png
まあ、1800円で黒アルミケース発注済みなんだけどね。

お、1280x1024モニタ(DISPLAY=native)で480pなら、全画面表示+空冷FANで余裕でYoutube再生できるな。CM時のぶつぶつは仕方ないか~
a0034780_13560942.png
ん~、動画にもよるな。上記は大丈夫だったが、JRのCMでは止まってしまう。Winラズパイには荷が重いか。800x600程度のモニタがちょうどいいのかもしれない。

by k1segawa | 2019-03-19 08:28 | Raspberry Pi | Comments(0)