人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 04月 01日 ( 3 )

SDカードの性能がA1でどの程度なのかが次のサイト様に載っていた。
また、狙っているSSDがやはり飛び抜けて性能アップにつながる事もわかった。


これは楽しみだ~

たまたまだが、①のSDカードが、自環境で使用している下記のどちらかのSDカードと思われる。

サイト様の公称最大転送速度80MB/sなので、パッケージは最大読込速度98MB/sの、SDSQUAR-032G-GNMAか。それともパッケージにA1がないちょっと遅い80MB/sのSDSQUNS-032G-GN3MNかな。人気と言う事で多分前の方か。財団のページのRaspi対応表に載っているし。自分ではCristalDiskMarkで計測していないけど。

まだWinラズパイのUSBブート自体をちゃんとやっていないが、カードリーダー経由の方も実測転送速度が9.5→12MB/sにアップするとの事で、こちらも期待。

Winラズパイ用に買った64GB SDXC UHS-I U3 V30 も実測転送速度計測して欲しいな~実はSDカードサイズを間違ってSDサイズで買ってしまい、SD→microSD変換ケーブル(SDCVET2K)でつないでいるのだ。

TS64GSDC300S-E(トランセンド)


3枚目の画像がそれで、96.53MB/s、62.21MB/sが出た数字で、Amazonの64GBの写真と同じでいい値が出ている。U3もこうやってつなげられるのでちょっとでもお安く調達できる。U3はWindows10軽量化が不要なくらい速かったので、SanDiskのA1の方を計測してないけどきっとだいぶ違うのだろう。


by k1segawa | 2019-04-01 18:08 | Raspberry Pi | Comments(0)

令和 (4/1)

新元号の発表の瞬間を見ていた。
なかなか無い経験でした。
a0034780_17101728.png

by k1segawa | 2019-04-01 17:11 | Comments(0)
WinラズパイでAlexaがストアアプリで動くことが分かったので、Google HomeにAmazon Musicを再生させてみる。

いや、スマホでGoogle PlayストアからAmazon Musicアプリで再生しても出来る話なんだけどね。

PCでもWinラズパイでも同じなので、PC画面で説明する。

要はGoogle HomeをBluetooth スピーカーにするのだが、その設定はスマホのHomeアプリからしかできないのがミソ。

GUIないからしかたないね。

スマホ側からGoogle HomeアプリをPlay ストアで入手。家の形というかホームベースを逆さまにした形のアイコンがそれ。

スマホ側でアプリを起動したら、画面左下のHomeアイコンをタップ。起動時はPlayボタンを四角で囲ったアイコンが選択されている。

Google Homeが複数あるならば、Google Homeにつけた名前 (ベッドルーム・リビングルーム・キッチンなど)が表示されるので、該当のGoogle Homeをタップ。
右上の歯車の設定アイコンをタップ。
「デバイス設定」画面になるので、スクロールして「ペア設定された Bluetooth デバイス」という項目をタップ。
右下の「ペア設定モードを有効にする」をタップ。

すると、Bluetoothのペアリングが始まる。

次はPC/Winラズパイ側を操作。

タスクトレイのBluetoothアイコンを右クリックしてBluetoothデバイスの追加をクリック。
「Bluetoothとその他のデバイス」画面が開くので、一番上の、+アイコン (Bluetooth またはその他のデバイスを追加)をクリック。
「デバイスを追加する」で、一番上の「Bluetooth」を選ぶと、スキャンが始まる。
時間がかかりすぎていると、Google Home側のペアリングが切れるので、スマホで再度「ペア設定モードを有効にする」をタップ。
Google Homeが名前(ベッドルームなど)で見つかるので、タップ。

これでペアリングは終了。音が出ない?
スマホ側でGoogle Home(ベッドルームなど)をタップすると、ぐるっと円でボリュームを調整する画面に「Bluetooth Audio」と表示されているので、中心の三角のPlayボタンをタップ。音が出るようになる。ボリュームは周りの円をなぞって調整する。

字で書くと大変だが、Homeアプリで「ペア設定された Bluetooth デバイス」という項目をいじる以外、いつものスマホでのボリューム変更の操作と同じだ。

AmazonとGoogleが仲良くなれば、Microsoftが中間に立たなくても、Homeアプリで見れる音楽プロバイダに、AWA・Spotify・YouTube Musicの三大プロバイダのアイコンに加えて、Amazon Musicが表示出来るようになるんだけどな~


P.S.
Alexaストアアプリを入れると、Amazon Echo DotなどハードウェアのAlexaを買ったのと同じになるので、Alexa アカウントというのが作成でき、そこからAlexaのカスタマイズが出来る。カスタマイズには特に2種類のスキルとAlexaアプリ(ややこしい - Chomeでアプリとストアアプリの2つがあった時期と同じだな~)という方法があり、どちらもハードウェアのAlexaを買って出来る事と全く同じだ。

下のPC画面だと、左のコンパスアイコンをクリックすると、Web上でアカウント画面が表示され、Alexaのスキルなどを有効にすることが出来る。
a0034780_04123631.png

なにこの無料アプリ。Amazon太っ腹だな~。Googleは音楽配信で回復不可能な位置まで転落したが、他の音楽配信サービスにまで追い打ちをかけるつもりか。

Appleもサービスで稼いでいくつもりらしいし、うかうかしていられないな~

もう、マイクがPCに着いているからBluetooothヘッドセットのマイクだけワイヤレスで持ち運んでやれば、Google HomeがAlexa(Echo Dot)に変身したも同じだ。

Alexaアカウントで確認すると、住所とタイムゾーンをTokyoにすると、天気も正しく反応する。Google カレンダーを参照することも出来、AlexaがGoogleの予定表を調べて能動的にメッセージを送ってくれる。これはパッシブなGoogle Homeと違うところ。

by k1segawa | 2019-04-01 03:46 | Raspberry Pi | Comments(0)