人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 05月 23日 ( 1 )

【パススルー(VRゴーグルかぶっていても外部が見える)機能のショートカットON/OFF】
Oculusボタン:右コントローラーの⊂⊃
OculusボタンでDash(画面下の半円形ドック)メニュー>設定(歯車)>テスト>パススルーショートカット>ON

Oculusボタンを2回押しでパススルー。何かのボタンで復帰。

ついでにテスト>リストウォッチ>ONで左手に時計がはめられる。
ちなみに設定>ヘッドセット>IPD=63.5mmだった(自動で計測された値)。

【アーリーアクセスのBeat SaberをSteamで買ってOculus Homeに取得済みにする方法】
Oculus Home公式から見たら、インディーズゲームと同じなので、Androidの勝手apkのような扱いになる。PCだけど。

PC側のOculusソフトで、設定>一般>提供元不明>ONにすると、Beat Saberが入れられるようになる。

【アプリ感想】
無料アプリが、Oculusメニュー>ストア>すべてを表示>下スクロールで、探すと「無料」が出てくる。上の方は有料ばかり。
その中で、評価も高かった「The Last Day Defense」のグラフィックが無料とは思えないほど作りこまれている。

The Last Day Defense:
いわゆるタワーディフェンス系だが、Touchコントローラの決定が、画面表示されている部分に手を近づけて押す動作をすると、色が変わって選択したことになる。
画面の移動は、片手で握る(中指のボタンを押す)と、画面を動かせ、移動となる。
画面の回転は、両手で握って握ったままで、ハンドルを回すようにすると、画面が回転する。
画面の上下は、両手で握って握ったままで、両手を同時に垂直に動かすと、画面が上下する。

3Dが目の前でぐりぐり動かせて、広い宇宙船?の一室で、箱庭的なマップを上から俯瞰して見ている。可愛いキャラクタや建物や乗り物がちまちま動くのがいい。電気が貯まると、一度置いたタワーをバージョンアップさせられるのだが、最初に選んだ種類で、歩兵や装甲車・飛行体向けの機能しかバージョンアップできないので、地形や時間差を考えて建設する。

最初のエリアで4面あり、場所を変えると違うエリアになり、攻略面数も増えるかもしれないが未確認。

~~~

標準で追加された「Oculus Medium」という3Dのペイントツールがふわふわした感じで面白い。

Oculus Medium:
美術というより、ファンタジーっぽい絵柄で、Touchコントローラに完全対応。操作性が良く、追従性能が高く思ったように描ける。中指の握るボタンで、オブジェクト全体が画面に対してつかんだ状態で動かせるので、両手で目の前にある銅像をぐるぐる動かすような感じが3Dで出来る感じ。
光と影が差すので立体感がある。常にコントローラが表示されていて、イメージアイコンがボタンにくっついているので、初心者でも操作が覚えやすい。アイコンも立体的だったり直感的なので分かりやすい。動画としても保存できるので制作過程から、回してみる事もでき、説明動画を作りやすくなっている。VR環境の中にいるな~って実感できるアプリだ。

by k1segawa | 2019-05-23 22:49 | VR | Comments(0)