人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 12月 04日 ( 1 )

(2020/1/7追記)
つまりパネル解像度を生かすには、それ以上のソースを与える事。
それ以下のソースは複数ピクセルに拡大されて、にじみの原因になる。
4Kモニタ:4K~16K(強力なGPUも必要)
2Kモニタ:2K(FHD=1080p)以上
ダメ:720p や 480pの映像ソースを描画した時

だからGo(1280x1440=1.5K)には1920x1080=2K(FHD)以上のソースを与えれば良く、
ただしSoC非力のため昨今の4K(3840x2160)のソースは重すぎる。
GoはFHDソース(1080p)を対象としたパネルなのだ。せいぜいマックス1440pだろう。
もちろんソースの映像撮影技術によって1440pでも綺麗になる。
ダメ:(同上)

これはGeForce 1050Ti GPUにも当てはまるので4Kモニタが綺麗にならない理由。
3倍の性能の1660Tiでも2K(FHD)モニタの4倍のピクセル数の4Kモニタを十分に駆動させるには現在の4倍以上の性能のGPUが必要となる。
===========================

LGの42.5インチ4Kモニタを購入。
4KでHMDのVisualDesktop経由のYouTube 4K再生の確認と、4K化+老眼対策。

HMDの方は、結局HMD側の解像度を上げないとコンテンツによってはあまり変わらないという事が分かってがっかりだった。
Pico G2 4KにしないとHMDは綺麗に出ない事はわかった。

しかし広い画面をWindowsのスケールで文字サイズを大きくしなくても見えるのが、画面にタイルウィンドウ表示が実用的に出来て嬉しい。

スケールで大きくすると単に高精細になるだけだしね。だったらFHDでGPU負荷少ない方がいい。

YouTube 4K 60fpsだとGPUが悲鳴を上げてるので、1050Tiはそろそろどうにかしないと。350W電源だしな。
3万くらいでGPUアップすれば、VDがさらに重くなって落ちるケースも解消するかな。

まあHMDの確認が出来て将来のHMDが高精細じゃないとストリーミング2D映像も綺麗にならないので、もう少しGPUを上げてこのHMDでやっていこうかな。
既存のFHDモニタは縦向きにして主にテキストサイト用にノートの外部出力を表示させている。
これはこれで負荷が低く常時掲示してられるので便利。
タイムライン流しててもいいしね。

by k1segawa | 2019-12-04 21:12 | Comments(0)