人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 12月 06日 ( 3 )

大画面で見る花火大会は最高~

43インチだと、27インチのとは迫力が違う。

YouTubeの8K 長岡大会 2017 を、
Windowsディスプレイ設定で3840x2160(4K)、
YouTube再生で設定から自環境(通信100Mbps、GeForce GTX1050Ti)で滑らかになるよう4320p8Kではなく、2160p4Kを選んで、
モニタの設定から液晶 Blacklevelを低レベルでシャキッとし、ガンマ設定で低温度にして、
照明を消して鑑賞する。
[花火] 43インチ大画面 8K [長岡2017] (12/06)_a0034780_17094478.png
美しい絵画や美しい風景に浸ることで癒されるというが本当だった。

これだけのために43インチにした甲斐があった。

花火は軽いコンテンツなので4K Tokyoなどの昼間の映像はもっと重い。
GPUを2060にしたらまた挑戦したいが、また5万の出費はきつい。Picoの4K HMDで大画面で見るのもいいが、これぐらい大きければ十分。頭への締め付けがなく手の自由度があり映画館のように身体が気楽。

最近買い物が冴えててうれしい。
GamingPC
Oculus Go 32GB
Oculus Rift S
LG 43インチ 4Kモニタ
どれも5万前後かそれ以下でそれぞれ機能が重複せず補完的に結果を残している。

by k1segawa | 2019-12-06 17:23 | Comments(0)
Oculus Goのアプリデータをバックアップするために、Folder SyncとHeliumがあるが、リストアがあるHeliumを使ってみる。

Heliumをapkで導入し、アプリとアプリデータの両方をバックアップすると容量がきついので、アプリデータのみにする。それでもかなり時間が掛かる。
アプリはX-PloreでPC LANで移動できるので、念のためアプリデータの/Android/data/<com.~アプリ名>/の下を全てバックアップ。
全てを選択するを選び、全アプリのアプリデータをバックアップ。
PC側はWindowsアプリもあるが、今回はRecommend(推奨)のChromeアプリを使う。GoをPCとUSB接続する。
Chomeアプリを起動すると次の画面が出てGo側と通信が始まる。
[Oculus Go]バックアップとリストア [Helium] (12/06)_a0034780_10450246.png
バックアップは1時間ちょっとで、結局エラーに応答したため本体に1.1GBバックアップされて、Google Driveのスマホのバックアップの下にはバックアップ出来なかった。GoにGoogle Playが無いので同じことはHeliumで出来ないようだ。
バックアップ中はGoの額センサーにセロテープをぐるぐる巻きにして紙でふさいでおく。スリープを長くしても画面が暗転するのは防げないので。

代わりにSH-01GのバックアップとスマホLGS01で勝手に自動バックアップされている様子を以下に示す。
バックアップはブラウザでGoogle Drive/バックアップに一覧が表示されるので、そこから削除される。アプリ別にはバックアップされていない。
[Oculus Go]バックアップとリストア [Helium] (12/06)_a0034780_10473777.png

P.S.
どうやらambrの14/52個のバックアップ時点でエラーが発生して、ambr以降の37個はGo本体の内臓SDの/SDCard/Carbon直下にバックアップされたようだ。その容量は1.1GB。

===========
※どうも継続の際に選んだInternal Storageが/SDCard/Carbon以下のようで、そこに44個のアプリがバックアップされている。リストアを選ぶと個別にクラウドDropbox/box/GoogleドライブとInternal Storageが選べるのだが、Googleドライブを選ぶとログインエラーになっている。
つまりGoはGoogleドライブへのアクセスが出来ないのにバックアップ先に選んだからエラーになったのであって、他のクラウドを選べばよかったようだ。それで/SDCard/Carbonにバックアップされたのだ。

なので、リストアでGoogleドライブの方は無視し、Internal Storageを選ぶと個別にアプリを選べる。そして削除も出来る。しかしDMMは無い。やはりバックアップできていないようだ。なので、以下のようにPCにコピーしてあるので、Carbonのすべてのアプリのバックアップを削除。

どうやらバックアップ削除で14個しかなかったのはバックアップ非許可だったためらしい。
リストアの14個全てチェック後ゴミ箱クリックで完全削除したあとのメッセージからバックアップ時のスワイプアップで個別にバックアップ指定が出来る事が分かった。
バックアップ画面ですべて選択後、アイコン群のちょっと上の幅の狭い白い部分でスワイプアップすると、チェックボックス付きのアプリ一覧が出てきて、後半にバックアップ非許可のアプリが一覧表示されて、その中に52個中14個を除く、DMMを含んだアプリが存在した。
なんだほとんどがバックアップ非許可なのか~
Heliumでもバックアップできないのなー残念

14個の/SDCard/Carbonの下のバックアップ完全削除後、500->1.6GB(本来ならDMMダウンロード前が2.7GB)しか復活しなかったので再起動。
無事2.7GBになった。Heliumで色々試行錯誤したが結局不要だったな~

まあPCにコピーしたCarbon/の下にQuestAppLauncher,FileManager,AmaRecVRgQuest,Amazon Prime Video,Amazon Drive,ambr,SeaLifeRelax,Chronos,SmashWay,RacketFury,VVR,TVR,VDがあるのでこれらはアプリデータのバックアップ出来るのでそれだけでも利点かも。ambrとか2月まで使わないしね。

===========

そもそもDMMのデータは/Android/data/files/[ipvr] + [00019zero] + [_uhq_] +[1].[wsdcf]というファイル形式(無料のVRの一番最後コンテンツのUHQダウンロード)なのでこれが945MB以上あり、これ自体をPCへ移動してDMMの動作確認後、PCから再度コピーし動作確認すればいいので、Heliumのバックアップからリストアするのは非許可なので出来ない。
/SDCard/Carbon以下に1.1GBあり残り500MBを切ったので、こちらもPCへ移動。結局バックアップ許可のアプリデータしかHeliumはリストア出来ない。


by k1segawa | 2019-12-06 10:43 | VR | Comments(0)
android.process.acoreエラーが頻発するので、AQUOS旧機種であるSH-01Gで以下のサイト様を参考に対策。

一番下のAQUOSではGoogleアカウントとの連携が~の部分で、
電話帳がドコモ電話帳からしか選べなかった。
そしてdアカウントとの連携になっているので、Googleアカウントではない。
それらしき電話帳は見当たらないので諦めたが、セーフモードを起動し電話帳にアクセスするだけで改善するとの事がその前の章に書いてあるので、それで。

ついでにセーフモード中に上記のアプリ2つがエラーを起こしていたので、念のため設定>アプリ>~>強制終了+アンインストールしておいた。
(それほど使わないし裏で通信してても困るし、余計なタスクだし)

通常起動後もエラーが出る。
ん~、ドコモ電話帳自体を工場出荷状態にする(アップデータのアンインストール)。
電話帳のデータも消えるが、別のスマホに存在するのでOK。
電話をかけるアイコンで、電話帳を選ぶとエラーでドコモ電話帳にアクセスできなくなっている。
Enpty Folder ClearツールとRoot Boosterをかけて綺麗にする。
再度セーフモードにして電話するとドコモ電話帳にアクセスできる。電話帳データも見れた。やっぱり通常起動はGoogleアカウントと連携しているからエラーになるらしい。緊急時はこの電話帳データを使えばいいか。
(セーフモードは電源長押しで、電源を切るを2秒長押しでセーフモードになる)

別のサイト様だと、Android 5.0.2の不具合らしくまさしくSH-01Gのバージョンとあっている。気になるスマホが手に入るまでうまくだましだまししつつ使うしかないな~

by k1segawa | 2019-12-06 10:02 | Comments(0)