人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

2019年 12月 07日 ( 2 )

43インチ 4Kモニタを買ったので、Fire Stick TV 4Kの実力を発揮する事が出来る。

4K TVは NHK BS4Kの放送電波か、Blu-ray Discを買ってローカルコンテンツを再生するかしかなかったが、PCやFire Stick TVで4Kコンテンツをローカルファイルやインターネット経由で与える事で、ユーザの自由度が格段に増す。
特にネットには4KのYouTube映像がどんどん増えて撮影技術も向上し、かつより綺麗で滑らかな映像プロトコルも登場している。

4K/8K/12K 60fps HDR+ UltraHDR HDMI 2.0 DisplayPort 2.0

なので、Fire Stick TV 4K でYouTubeの4K花火映像を再生させてみた。
8Kまであるが4Kを使う。(3Kも)

モニタ側の設定をまったくせずにYouTubeの、自動的に「ネットの転送速度と再生機器(ここではFire Stick TV 4K - Android SoC)」で解像度が決まるのに任せる。

すると、Fire Stick TV 4Kの方が、PCから同じコンテンツを再生するのより、夜空の黒が締まり、白いブロックが見えなくなっている。花火の一つ一つの枝葉の色合いが良く出ているというか、周りの光反射が白でなく花火の色に染まって色が大きめに描画される。

どうやら2160pではなく1440pに自動的に解像度を落としているようだ。PC側も4K(2160p)ではなく1440p(3K? - 以降そう呼ぶ)に落とすと、黒が締まり色合いも大きめに描画された。

目の錯覚なのだろうけど、くっきり4Kで表示するより、3Kの方が実際の映像の動く物体に視覚が追い付かずにぼやけたように見える、中心視野以外低解像度になっても脳が処理する「フォービエイテッド・レンダリング」に近似するのだろう。

なるほどー

4Kモニタで4Kコンテンツを4K描画するのではなく、3K描画する方が綺麗(に視える)なのか。(このコンテンツの場合)

もちろん中心視野が昼間の都市部の建築物など、精細な構造が見える場合はもちろん4K描画した方がいい。

YouTubeは転送の重さと処理能力の重さで勝手に3Kに落としてたけど、意識して一つ少ない解像度に落とすと綺麗に見えるコンテンツもあるんだな~

中心視野が低解像度になるから綺麗に見えるのではなく、中心視野のその近く自体が人間の目にはすでに追いつかずにぼやけている。注視してないと、そんなに精彩に視ていないという事なんだな。それに近づくという事か。

人間の目は、VR技術でのフォービエイテッド・レンダリングほど中央から離れなくても、2Dでも本当の中心の中心以外はブラー状態で視ててあとは脳処理か。

Fire Stick TV 4Kで街の映像も調査しよう。

4K花火が大画面で癒されるコンテンツだが、YouTubeという4K以上のフリーコンテンツが集まる場所にアクセス出来れば、4Kモニタや4K TVのコンテンツ不足が解消されるな。
その場合、Chomecast 4K※ や Fire Stick TV 4Kは必須だ。
(※4KミラーリングのためPCや4Kスマホ要)


************
もちろん2K(FHD 1960x1080 1080p)まで落とすと一つ一つがボケボケだ。
そしてHDMI 2.0の転送速度でPCが描画していればよりくっきり(GPU低性能なため1.4)してまた違うかもしれない。
PC側は前記事でモニタの設定で黒を引き締めるblacklevelをlowにしていて、それと比較してもモニタ未設定のFire Stick TV 4Kに負けている。
************

~~~~~~~~~~~~
Oculus Goが2560x1440なので片目1280x1440なので、一つ上の3K 1440p(2160x1440)の花火なら同じ効果が見込めるという事か。
Go:一つ上のコンテンツ=1280x1440:2160x1440

であれば、Pico G2 4Kなら3840x2160片目1920x2160(通常横のピクセル数で比較するよね?ここで片目2160pと記述すると横片目3840と勘違いしないか?)なので、一つ上だと4K(3840x2160)を与えると同じ効果になるんじゃないか。
Pico:一つ上のコンテンツ=1920x2160:3840x2160

道理でGoで上の4K映像見ると綺麗だがPCで見る4Kに比べてボケが気になる(輪郭のボケでディテールが甘い)わけだ。4KはGoにとって2つ上だから。
PicoでGoより綺麗というのも、3Kでの比較ではなく、4Kのはずだしな。4KならPicoにとっては1つ上だ。
~~~~~~~~~~~~

※※※※※※※※※※※※
コンテンツによってYouTube映像の解像度は自動的に変わる。
以下のコンテンツは2160p60 4Kで再生されているようだ。
最初は3Kと思っていたが。

Fire Stick TV 4K で都市部の調査をしてみた。

素晴らしい。
PCで1440p(3K)と比較して同じだったのでFire Stick TV 4Kは3Kに自動的に落としているように感じる(実際は4Kだった)。
だが、中心視野でない、信号機の住所の文字(方向案内板でなく)も読めるし、すべてがくっきりしている。
けっして3Kに落ちてもボケてはいない。

GoでVDで見ると4Kモニタ4K設定(autoでモニタ解像度変えるオプションを切る)かつYouTube設定で4Kでも、近くに行かなければ信号の文字なんかぼけぼけなのに。
両目分2倍描画しなければならないから無理なのかもしれないが、GPU使って評判の良いVDでそれなのだから。
直でYouTube再生させても文字は読めない。
Goが2560x1440なので片目1280x1440で文字はVDでもYouTubeでもつらいか。4K文字はGoの液晶パネルの限界かSD821の限界かPC YouTube 360p程度の解像度だ。

VR MMD映像なら2Dより負荷が高いだろうからボケても納得だが、2D 4K YouTubeで文字が読めないかー
回線速度は70Mbpsで問題ないんだけどな
Goには4Kは2つ上だから元々HD(1080p)が対象なんだろうな
この点Fire Stick TV 4K と Pico G2 4Kは対象範囲だから綺麗なのか
QuestもSD835だし綺麗なのかな
P.S.
回線速度が2.4GHzに繋がっていたようだ
5GHzに繋ぐとそこまでひどくはないが文字はかすれて読めないPCで720pくらい
Goで見えてるイメージ(信号機の住所表示が「三田~」なのが読めない程度)
[Fire Stick TV 4K] 43インチ 4Kモニタ 表示 [1440p(3K?)がベスト] (12/07)_a0034780_11092138.png
[Fire Stick TV 4K] 43インチ 4Kモニタ 表示 [1440p(3K?)がベスト] (12/07)_a0034780_11092653.png
ここで3Kと比較しているが、実際は4Kだったことにあとから気づいた。
実は皇居前まで交差点を曲がった際の、信号機の住所がPC で 4Kと同じかそれ以上だったからだ。
なんとFire Stick TV 4KはビデオコーデックでH.265(HEVC)によるハード支援が受けられ、それも3840x2160p60 4Kで35Mbpsの転送速度 HDR10+ Color10ビットなのだ。
これはPCのNVIDIA GeForce GTX 1050Ti のスペックより断然上で、どおりで4Kモニタで表示するYouTubeがFire Stick TV 4Kの方が綺麗に感じるわけだ。
PCは再生してもモニタ解像度を4K設定し、YouTubeを4K再生にしても、静止中なら綺麗なのに動画再生中はぶれ方が激しいのは1フレーム毎の再生スピードがこのGPUにとっては大きすぎる負荷なのだろう。
6700円で4K60fpsHDR+支援がついていて、15,000円のPC GPU 1050Ti以上の性能を持つとは驚きだ。
同じ性能以上なら32,000円の2019 1660Tiは必要だろう。コスパが良すぎる。1080pの2K FHD TVでは性能を実感できなかった。4K TVを買わないと性能を発揮できなかったという事を知れた。

Picoならこのコンテンツ文字が読めるのかな?
SD835と4K支援機能と3840x1440(4K)で横がGoの1.5倍縦は同じだ
QuestでFirefox Realityは4K YouTubeが余り落ちたり止まったり、開始時描画更新されないなどGoで発生してる不具合聞かないしな
※※※※※※※※※※※※

by k1segawa | 2019-12-07 23:14 | Comments(0)
アナと雪の女王2が公開。Google Nestとのコラボで、Google Homeシリーズでアナと雪の女王1のお話を「読み聞かせ」してくれる。

Google Homeで、「OK Google、アナ雪の物語を聞かせて」と話しかけよう〜

オラフが答えてくれる。
「今日は誰のお話が聞きたい?」

「エルサの話を聞かせて」「アナ雪の絵本を読んで」の、2つの頼み方があるよ。

*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・
1.「エルサの話を聞かせて」

エルサの女王としての仕事やアレンデールの名前の由来など、映画では語られない特別なオリジナルストーリーを教えてくれるよ。

お話が終わると続けて答えてくれる。
「もう一つお話を聞きたい?」

*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・
2.「アナの話を聞かせて」
3.「クリストフの話を聞かせて」
4.「オラフの話を聞かせて」

みんなのオリジナルストーリーを教えてくれるよ。

「もう一つお話を聞きたい?絵本もあるよ」

*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・
5.「アナ雪の絵本を読んで」
アナ雪の絵本とアナ雪2の新体験の読み聞かせをしてくれるよ。

「これで絵本はおしまい。みんなのお話も聞けますよ」

*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・*☆★ミ・・・
6.「おしまい」「さようなら」
エルサが答えてくれる。
「さようなら。また聞いてね」
アナが答えてくれる。
「キャンプファイヤーのところに来てね。いつでも歓迎するわ」
オラフが答えてくれる。
「新しいお話を聞きにまた戻ってきてね」

4人のみんながいろんな答えをしてくれる。トナカイのスベンも鼻声で答えてくれる。
みんなとの全てのお話しのパターンがたくさんあり、全部試そうとすると大ボリュームだよ。


by k1segawa | 2019-12-07 19:59 | Google Home | Comments(0)