人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

カテゴリ:パソコン( 113 )

firefox の アドオンが全て解除されてしまうという不具合が発生していたが、5/4 19:40 現在、すでに回復している。
これは、Linux の firefox Quantum 66.0.3(32ビット)で確認済みだが、たぶんWindowsでも同じだろう。

変にアンインストールとかせず、そのままにしておいた所、19:00頃パソコン再起動後に、Firefoxを起動したら、元の状態に戻っていた。
a0034780_19511558.png

このように普段使用しているアドオンがずらっと並んで表示された。

特にバージョンアップがあったわけではないので、中間認証局CAが対応したのだろう。

一気に全世界に影響を及ぼすこのカラクリは今後よく検討されなければならない。

P.S.
firefox@twitterにて対応したようだ。
a0034780_17370640.png
そこのにある「Mozilla add-on blog」をGoogle 翻訳すると、次のようになる。

a0034780_17445151.png
a0034780_17455812.png
a0034780_17473585.png
a0034780_17514336.png
a0034780_17520153.png
a0034780_17521805.png
ということなので、
設定>プライバシーとセキュリティ>Firefox のデータ収集と利用について

の画面が次の様にONになっていれば、そのうち再起動で直っていたようだ。
a0034780_17552655.png


by k1segawa | 2019-05-04 19:54 | パソコン | Comments(0)
Justy USR-01 の USBシリアル変換ケーブルを持っているのだが、こちらのサイト様にヒントが。

Justy製 UCR-01をBootCampのWin8(32bit)で使うw | じょん基地


ATEN Japan が潰れていたので、英語ページでDownload & Support で プロダクトをUSB Converter にし、検索。
USR-01はさすがにないので、USB~の03あたりに目星を付ける。

するとMac OS用とWindows10用が。


MacOS 10.10 or higher Upgrade Software V1.6.4 2018-03-01
ATEN_uc232b_v1.6.4_20180119_sign.pkg.zip
Windows 7, Windows 8.1, Windows 10, Windows 2012 R2 Upgrade Software v1.0.062 2018-03-01

これを入れてUSBを抜き差し。デバイスマネージャでATEN USB to Serial Bridge (COM9)と表示された。





by k1segawa | 2019-03-19 19:58 | パソコン | Comments(0)
Windowsで、android開発を行うのに、Debianのような aptパッケージ管理システム chocolatey を導入する。

今でもVisual Studio 2017 Community、Arduino IDE、Visual Source Code、Go、.NETFramework、Unity、Steam Blender 2.79b、Powershell と入っており、これ以上環境を煩雑にするわけにはいかない。
Java VMやJavaScriptや秀丸エディタ、vim、WSL、Debianと端末やスクリプト、サブシステムがあり、仮想環境が入っていないだけまだまし。きっとBASCOM-AVRやDockerも入れるだろうし。

【chocolateyインストール】

chocolatey

以下のサイト様を参考にインストール。
Windows環境にchocolateyをインストールし、使う - Qiita

cmd.exe上で実行したスクリプトの結果:

==========================================

PS C:\WINDOWS\system32> cmd.exe
Microsoft Windows [Version 10.0.17763.379]
(c) 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\WINDOWS\system32>@"%SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe" -NoProfile -InputFormat None -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET "PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin"
Getting latest version of the Chocolatey package for download.
Getting Chocolatey from https://chocolatey.org/api/v2/package/chocolatey/0.10.13.
Downloading 7-Zip commandline tool prior to extraction.
Extracting C:\Users\k1segawa\AppData\Local\Temp\chocolatey\chocInstall\chocolatey.zip to C:\Users\k1segawa\AppData\Local\Temp\chocolatey\chocInstall...
Installing chocolatey on this machine
Creating ChocolateyInstall as an environment variable (targeting 'Machine')
Setting ChocolateyInstall to 'C:\ProgramData\chocolatey'
WARNING: It's very likely you will need to close and reopen your shell
before you can use choco.
Restricting write permissions to Administrators
We are setting up the Chocolatey package repository.
The packages themselves go to 'C:\ProgramData\chocolatey\lib'
(i.e. C:\ProgramData\chocolatey\lib\yourPackageName).
A shim file for the command line goes to 'C:\ProgramData\chocolatey\bin'
and points to an executable in 'C:\ProgramData\chocolatey\lib\yourPackageName'.

Creating Chocolatey folders if they do not already exist.

WARNING: You can safely ignore errors related to missing log files when
upgrading from a version of Chocolatey less than 0.9.9.
'Batch file could not be found' is also safe to ignore.
'The system cannot find the file specified' - also safe.
chocolatey.nupkg file not installed in lib.
Attempting to locate it from bootstrapper.
PATH environment variable does not have C:\ProgramData\chocolatey\bin in it. Adding...
警告: Not setting tab completion: Profile file does not exist at
'C:\Users\k1segawa\Documents\WindowsPowerShell\Microsoft.PowerShell_profile.ps1'.
Chocolatey (choco.exe) is now ready.
You can call choco from anywhere, command line or powershell by typing choco.
Run choco /? for a list of functions.
You may need to shut down and restart powershell and/or consoles
first prior to using choco.
Ensuring chocolatey commands are on the path
Ensuring chocolatey.nupkg is in the lib folder

C:\WINDOWS\system32>

==========================================

所々エラーっぽいが、直接cmd(管理者権限)でも実行し、そちらでchocolateyを起動。
サイト様の通りgooglechromeをインストール。
コマンド端末上でメッセージ表示後、スタートメニューを開くと新規にGoogle Chromeのアイコンが追加されていた。

【Android Studio / SDK インストール】

で、Android 9 はAPIレベル28でAndroid Studio 3.2以上で開発出来るらしい。
chocolatey は Android Studio 3.3まで現在インストールサポートしているようなので、実行する。
Android Studio は OSがたくさんあって環境が1.0~9.0までものすごく多いので、OSのバージョンによって環境を入れ替えしないと、HDD容量もいくらあっても足りないからな~

chocolatey公式
Android Studio (Install) 3.3.2.0
https://chocolatey.org/packages/AndroidStudio

choco install androidstudio
choco upgrade androidstudio

でAndroid Studio 3.3.2.0 が入る。SDKはまた別で以下に示す。
最新なのでAndroid 9対応。

chocolatey公式

Android SDK 26.1.1 (22/2/2019にPackage Testに合格とある)<これがAndoroid 9かは未確認

https://chocolatey.org/packages/android-sdk

choco install android-sdk
choco upgrade android-sdk

これでインストールパッケージの追加削除は自由。依存関係もchocolatey任せ。
Dockerで開発環境丸ごとのバックアップや切り替えはまあそこまでは次の機会かな。とにかく前提プログラムの環境設定がこれで完璧に出来るはず。最新の1つの環境しか作らないからDockerの出番はないはず・・・と思いたい。

まずは環境構築で、色んなIDEとSDK、ツールチェーンとかでぐちゃぐちゃになる前に手を打っておくといいよ。

P.S.
やべ、bash -c が wsl に置き換わったので、ストアプリも出来るか探すのにgrep掛けやすい。

オフィス:
C:\>choco list MSOffice

Office365Pro Plus 2016.20190301 [Approved]
1 packages found.

LINE:
C:\>choco list "LINE" | wsl grep "LINE"

(なし)

C:\>choco list "LINE" | wsl grep line

7zip.commandline 16.02.0.20170209 [Approved]
wsus-offline-update 11.6.1 [Approved] Downloads cached for licensed users
line 5.14.0.1893 [Approved] Downloads cached for licensed users
sqlserver-cmdlineutils 14.0 [Approved] Downloads cached for licensed users
nodejs.commandline 6.11.0 [Approved]
sumatrapdf.commandline 3.1.2 [Approved] Downloads cached for licensed users
notepadplusplus.commandline 7.6.4 [Approved]
autoit.commandline 3.3.14.2 [Approved] Downloads cached for licensed users
webpicommandline 7.1.50430.0 [Approved]
filezilla.commandline 3.26.2 [Approved] Downloads cached for licensed users - Possibly broken for FOSS users (due to original download location changes by vendor)
git.commandline 2.11.0.20170203 [Approved]
flyway.commandline 5.2.1 [Approved] Downloads cached for licensed users
maxthon.commandline 5.2.7.2000 [Approved] Downloads cached for licensed users
lxrunoffline 3.3.3 [Approved]
timelineexplorer 0.8.11.1 [Approved]
azure-pipelines-agent 2.147.1 [Approved]
opencommandline 2.1.212 [Approved] Downloads cached for licensed users
drush.commandline 5.1.2
pngoptimizer.commandline 2.5 [Approved]
iscommandlineapp 1.0.0 [Approved] - Possibly broken
visualstudio-linepastefix 7.0 [Approved]
frozenbytes.baseline.dev.core 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev 1.0.2
ipinfooffline 1.47 [Approved] Downloads cached for licensed users
frozenbytes.baseline.dev.vs 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev.sdks 1.0.5 - Possibly broken
frozenbytes.baseline.dev.tools 1.0.5
secondstrategy.baseline.utilities 2013.10.10
eveonline 0.0.2 [Approved] Downloads cached for licensed users - Possibly broken for FOSS users (due to original download location changes by vendor)
office-online-chrome 1.5.0.20170115 [Approved]
par2cmdline 0.6.13 [Approved] Downloads cached for licensed users
odata2poco-commandline 3.1.0 [Approved]
flyway.commandline.withjre 5.2.1 [Approved] Downloads cached for licensed users

(上から3行目のこれかな?)

C:\>choco install line

vcredist_x86.exe ランタイムインストーラ2013まで依存関係で検出してる。すげー
お?
http://dl.dsktop.line.naver.jp/naver/LINE/win/LineInst.exeをダウンロードしようとしてhash値が合わないってエラーが。
このマシンがストアでLINEの無料インストールライセンス取得した時のChecksumが合わないらしい。
しゃーない、ストアアプリで取得するか~

C:\>choco -?
C:\>choco list -help
C:\>choco info -help
C:\>choco install -help
C:\>choco upgrade -help
C:\>choco list adb
C:\>choco info adb
C:\>choco install adb
ADBもあるのね。さすが。



by k1segawa | 2019-03-19 15:40 | パソコン | Comments(0)
サンプルを動かしたかったので、新しい PCにVS2017開発環境をインストール。

◆登録 (ただしExpress - 学生向け - はないと思われるが、リモート機能がないかもしれないのでラズパイ(IoT Core)用には使えないかも)
とりあえず、開発者のアサインはしてあるので以前からMicrosoftのツールは使えるようにしてある。VS Comminty 2015 だったかで、ツール起動時に開発者登録しろと言われて、メアドと使用許諾契約書っぽいのに同意して、それ以降1年間?開発してないと再度聞いてくるが、そうでなければ普通にツール実行できる。

(2019/2/23追記)
ちょっと実行がうまくいかないのと、Windowsの作業範囲外時間になると、今までインストールしたストアアプリもアップデートを開始し、それが1つずつでもWinラズパイには高負荷なので、複数アプリをインストールした場合、作業範囲外時間は、確実に1つは更新が掛かり、使い物にならないくらい重い。そういうプロセスを終了させてもすぐ別のアプリの更新プロセスが起動していて、いたちごっこ。PC側で追加しても更新の同期が掛かってWinラズパイ側にも更新が来て重くなる。これはストアアプリの欠点だな〜(5分位何もせずに放っとくと落ち着く)
ちょっとインストールとサンプルダウンロードまでで中断中。
(ここまで)

◆ダウンロード
で、Microsoftの以下のページから。
ダウンロード | IDE、Code、Team Foundation Server | Visual Studio

最初は窓の杜のVS 2017再配布パッケージの所から飛んだのだが、このページからなら直接リンクではなくメンテしてくれそうなので、上のページが失われたらこちらから。

だいたい全部ツールから何から最新の各種OSのが一覧としてリストアップされてて、いちいちドロップリストで選択するパターンじゃないのが見通しが良くて〇。

a0034780_20152495.png
(後半)
a0034780_20152827.png




ページトップから、次の順番。通常トップでいい。

VS 2017 Comminity (Windows用)
チーム用
企業向け
プロフェッショナル

Mac版

コードエディタの VS Code
ランタイム
以前のバージョン
学生向け(Express)

別にお金取られるわけではないのでいいのだが、Expressは登録が無いのかな。今ならメアドない学生も居そうだし。

ダウンロードするファイルはインストーラ1.2MB。

◆インストール
VS インストーラが入っているので、それを起動すると、「15GB」近くの開発環境がダウンロードする仕組み。

時間と容量を食う。

インストール後、開発者モードをONにするとメッセージが。

a0034780_20275936.png
その場で開発者モードのパッケージのインストールが始まる。画面はそのまま。
リモートツールが有効になった。これがラズパイ時に必要になる。

◆起動・サンプル

起動してダウンロード解凍済みのサンプルを読み込む。

サンプルはここ。
Gitのダウンロードボタン押下しzipをダウンロード。
a0034780_20485645.png
Windows-universal-samples-master.zip を解凍。

試しにSampleImagingというのをやってみる。

ファイル > 開く > プロジェクト・ソリューション > Windows-universal-samples-master > Samples > SampleImaging > cs >SampleImaging.sln (ソリューション)

読み込むとこのようになる。
a0034780_21042756.png
◆ビルド

面倒なのはここまで。

そもそもストアアプリといっても、Win32 API > MFC > CTL (.NET) > WPF (XAML) > UWP > ストアアプリ なので、WPFでXAML(ザムル) のようなxmlファイル(HTMLのようなテキスト)がベースの開発になってxml要素をC++/C#/VB/JS で書くようになっただけ。 実質仕事するのは、呼び出した.NETのランタイムが行う。なのでテキストエディタでも開発できる。Win32の本流とWPFの支流に分かれたのだ。

WPFでボタンが任意角度で配置できた時は嬉しかったな~これでフォトショのような画面が作れると思ったものだ。

基本はあれから変わっていない。なのでWin32ネイティブアプリより簡単かもしれない。

ビルド > ソリューションのビルド で成功する。
a0034780_21342496.png

◆実行

実行するのだが、その前に▼Deviceとなっているのを確認する。ターゲットがそのままなら、ラズパイにつながらないのでリモートにする。ラズパイはまだ準備できていないのなら、エミュレータかSDKでローカルで実行する。
a0034780_21422732.png
エミュレータのダウンロードを選ぶと次のページに飛ぶ。最新の1809のISOをダウンロードする。
a0034780_21454370.png

ISOをダブルクリックして、中身をすべてコピーする(アクセスが遅いので)。そちらのWinSDKSetup.exeを「管理者権限でない」で起動。画面は以下のようになる。


a0034780_21492545.png



UWPが入っていればいいので、だいたい500MBダウンロードする。

a0034780_21534217.png
このダウンロードで失敗するとWindows Kitsというフォルダが出来るので、一度削除してもう一度やり直すこと。

出来上がったWindows Kitsに入って、該当のwinsdksetup.exeを起動。

by k1segawa | 2019-02-22 20:17 | パソコン | Comments(0)
Firefox Quantum で、ユーザカスタマイズ出来るxStyleという拡張機能を使っているが、ポリシー違反でMozilaからBANされたStylishの人気スタイルを流用できたので、メモ。多分Stylusでも同じ。

運営会社のUserstyles.orgへ行くと、ポピュラーな最新のテーマやスタイルがたくさんあるが、そこの Install with Stylishボタンを押さずインストールしなければどういうこともないので、そこのShow CSS Codeボタンを押して、CSSのソースをコピー。

それをStylusやxStyleのエディタ画面に貼り付けるだけ。

スタイルを適用するサイトの指定方法が、StylishやStylus、xStyleで違うので、そこはエディタを開いたときのものを使用する。

具体的には、CSSソースの先頭にdocument〜とかdomain〜とか書いてあるので、これを有効化するために、貼り付けたCSSソースの方をコメント化する。

これで、色々なスタイルをゲット出来た。
BANされる怪しい会社だが、会社としてスタイルを集め、公開している姿勢は感心だ。一箇所にまとまっているし、探すのも楽でよい。

CSSを流用できると、こんなことも出来る。

こちらの真ん中付近の「有機ELディスプレイではない」あたりにあるリンクをクリックして、Userstyles.orgに飛ぶとShow CSS Codeボタンがあるのでそれを上記の通り貼り付ける。

なろうトップページは変わらず、読書するとダークテーマになる。

これでスムーススクロール時に文字がちらつく現象(白地に黒の画面)を抑えられる。ダークテーマだと、テキスト中心のサイトは地と文字が切り替わる際の光量が少ないため、ちらつかないのだ。

利用価値があってStylishも満足だろう。

by k1segawa | 2019-02-08 14:12 | パソコン | Comments(0)
新しいPCにして、Google Chrome からの離脱を進めている。

ブラウザの役割として、
  1. ニュース記事をみるため
  2. キーワード検索のため
  3. 純粋にwwwブラウザ

ニュースはYahoo! Japanなどのポータルサイトがあり、
MSNとGoogle Newsが標準ニュースサイトとしてブラウザに設定されているが、ポータルサイトとしても利用可能。

キーワード検索は、どのブラウザでもが実質一番のGoogle 検索に切り替え可能。

そして純粋なwwwブラウザとしてはChrome、Firefox、Edge (Operaは中国に引き取られ、Vivaldiは、んー…結局標準GUIでいいのよ)があるが、拡張機能はChromeとFirefoxは充実しているし、マウスジェスチャやタブ管理などほぼ同等のものがある。

Edgeは標準でタブのサムネイルとOffice Onlineが無料。

Chromeはメモリ食いだが、OneTabか、Suspend Tabを入れればだいぶ軽くなる。
Firefoxは拡張機能が無くてもメモリを圧迫しないし拡張機能を追加してもメモリ圧迫につながらない。標準でWebフォントを変更出来るのでYahooページが綺麗なフォントで表示出来る。

そして、Chromeが圧倒的シェアを背景にだいぶ暴走気味な仕様(オープンソースChromium+独自機能)をちょいちょい入れてきているのに対し、Mozilaが出来るだけフラットな仕様を採用している。

MSNが天気情報をお金をかけてtenki.jpを標準にしている。

MSNもゴシップ紙や広告(PR)は多いけど、Google Newsはニュースがちょっとまともなサイトがない。Google 検索に従って嗜好にあったサイトはなかなかいいものをお勧めしてはいるが。
ニュースに関しては、Yahoo>Google Newsの品質かな。Yahooは掲載記事に提供元が目立たないようになっているので、すぐに玉石混合が区別できないのが、MSNに比べてマイナスな点かな。

なので、Chromeにこだわらず、インストール自体しない事でGoogle Updateなどの余分なプロセスを起動せず、インストールはFirefoxだけにした。

[結論]
なのでFirefoxでニュース記事(MSNやGoogle News)やポータルサイト(Yahooなど)を見て、EdgeでOfficeを使う。OneDriveに保存すればEdgeの履歴ページを残しておけばすぐアクセスできる。

Googleで必要なのはGoogle 検索だけ。Chromeいらないわー

a0034780_21185844.png


YahooページはSegoe UIフォント。メイリオより綺麗だ。ツールバーのカスタマイズも見て欲しい。
a0034780_21335424.png

Firefox Syncいいよ~
特に勝手に同期してどのPCでもツールバーが同じにカスタマイズしてくれるのはGoogleアカウントと同じで便利。他の利便性は全然使わないけど。


by k1segawa | 2019-01-31 21:19 | パソコン | Comments(0)
以前Let's note でVRChat に入ってみたが、1050Tiでも入ってみた。
相変わらず、デスクトップモードでだが、やっぱりサクサク。

まず、新しいPCにSteamインストール。スマホの兼認証アプリも新しいスマホへ移動。
新しいアプリをインストールすると、古いスマホ側のアプリ内機能で認証端末の削除というのをやらないと、新しいスマホのアプリでは、認証に使えないのね。

古いスマホのSteamアプリ(メニューからSteamガードを選ぶ)を削除する前に、やっておかないとダメ。
削除しなくてよかった~
古いスマホにSIMは入っていなくても大丈夫。

削除すると、新しいスマホ側でSteamガードで認証可能。

PCのアプリの認証を済ませて、ログイン。
メモリは4GBで解像度1920x1080全画面。ネットスピードは100MB行かない程度。

ESCでメニュー画面を開くと、サクサク。マウスカーソルの移動がLet's noteではカクカクだったのが、スムーズ。

やっぱり、GPUなんだな~

で、Worldを選択して、有名どころの日本の神社へ。おー、画面もログインもスムーズ。アバターが数人だったからかも。

別のワールドへ。日本人の作ったお家がたまたま合って、そこに入ると、重くなってきた。
すごく丁寧に作られているのでポリゴンも緻密。さすがにつらいか~
メモリの消費量は2.7GB程度。ブラウザやSteamアプリが同時に動作しているから、4GBメモリだとそこもつらいかな~

で、その中の冬の山で、キャンプと焚火の画面に入ったところ、固まってしまった。入口にHangup!と書いてあったので、相当重いとは覚悟していたが、さすがに。

まあ、でもその他はそこそこ1050Tiでも動けるので、HMDやトラッキングなど使わなければ通常のPCで行ける。

8GB増やして12GBにしたらどうなるかな~

GUIとかセーフティとか変わったり追加されていて、なかなか盛況なようだ。

あ、自分のアバターを目立たない外人さんキャラにしとくと、外人さんに変に話しかけられないし、日本人キャラの周りにいても話しかけてこないかなって警戒されないので、いいかも。
おススメは黒人女性のスーツ姿かな。まじめそうで、初心者っぽく、変わった事をしなさそうで、まずは様子見でワールドを色々見て回るだけなら、変にコミュニケーションとらなくていいから、ユニティちゃんよりいいかも。

ジョイスティックにも対応して、"c" キーで歩く/かがんでゆっくり移動するを切り替えられるので、歩くでサクサク移動。

自分のHomeに戻ってアバターを作る方法を見てたら、SDKというのがあるパネルに説明されてた。HDDだからSDK入れるのも余裕だし、アバターを購入や作成したらSDKで設定するのだろうか~


by k1segawa | 2019-01-30 17:10 | パソコン | Comments(0)
5年前に買ったCore-i5の何か/8GB/HDD/GTX760がBIOS起動しなくなって、放置してたけど、衝動買いで中古ゲーミングPCを買ってみた。

Let's noteで動くゲームレベル程度のゲームしかやってないので、インテルHD4000ぐらいのグラフィック性能があればいいのだが、さすがにテクスチャーマッピングが重くて軽量にして動作させていた。

放置PCを修理してもいいのだが、BIOSかマザーボードが交換対象になるので、直すなら1.5万くらい?
せっかくの水冷システムもマザーが合わないだろうから、そこはどうなんだろう?
CPUも再利用できるのかな?

なので、結局色々で3万くらいかかりそうで、出すなら安いの買ったほうがいいかなと。

で、検討してたのは、i7-4770/16GB/HDD/Intel HD4000。
Let's noteがi5-520M(モバイルCPU)/4GB/SSD/Intel HD4000だったので、だいぶ変わるかなと思っていたが、CPU性能だけでゲームが速くなるかな~

そしたら、Core-i3 4160/4GB/HDD/GTX 1050Tiが検討していたのとほぼ同じ値段で出てた。
どうなのか。

CPU性能は、Passmark CPU Markベンチマークだと、こちらのサイト様を参照。
i5-520M=2374
i3-4160=5054
i7-4770=9793

おー、さすがにi7は速いがi3も2倍か~元のi5はモバイルCPUだったからな~

で、i7がスリムPCなのでGTX760を流用できない。
なので、GPU積んでるi3は結構コスパいいのかな。
i5-520M=2374 , Intel HD4000
i3-4160=5054 , GTX 1050Ti
i7-4770=9793 , Intel HD4000 (GTX760が取り付けられれば…)

i3を実際に動かしたら、テクスチャ最高にしても軽々。
動画もスムーズ。4GBメモリでも大丈夫。SSDじゃなくてHDDでも。

あ、これでいいんじゃないか。
はやりのFPSやVRはつらいかもしれないが、ゲーム自体スマホでもまともにやらないしな~

FEZしかやってないわw
VRChatはやりたいが、まともに動かすならGTX 1050~1080で17~24万だからな~
期待してるよ、Oculus Quest。
必要PC性能がだいぶ低くなるらしいし、トラッキングセンサー内蔵で4~5万ちょいかな。
VRChatはファークリップを下げたり、光源処理やテクスチャマッピングを軽量化できるオプションを追加してくれれば、動きそうだよな~対応してくれるといいな~

GTX 1050Ti 新品1.5万か~
VRならGTX 1080 8GB(新品7万)が必須とかもうね。

HD画質(1080HD)60fpsで1920x1080全面でもラクショー。
a0034780_01162636.png

夏色 / ゆず by おめがシスターズ | Youtube




by k1segawa | 2019-01-30 00:57 | パソコン | Comments(0)
Kona Linux 4.0 black i386 を使用している。
たまに強制終了してしまって、GRUBのメニューは立ち上がるが、一瞬Kona Linuxの画面が出て、BusyBoxのコンソール画面に戻り、(initramfs)で止まってしまうことがある。
helpを打ってもいいが、だいたいファイルの修復を行えばよい。

途中で(自分はmicroSD起動なので)sdaなどとエラーのデバイスが表示されているので、
fsck /dev/sda1
などと打つと、エラーチェックが始まり、Fix(y)とか出る。
yを押してもいいがエラーが多いとaでyes allになるので、aを押す。

全ての修復が終わると、無事Kona Linuxが起動する。何回かfsck /dev/sda1などと打つと解消することもある。

とりあえずhelpで出てこないのでメモ。
initramfsで検索するとこれ以外のコマンドもわかる。

by k1segawa | 2019-01-25 23:50 | パソコン | Comments(0)
前の記事は、Android タブレットやスマホのRDPクライアントの説明だったが、32ビットLinuxで動くRDPクライアントも欲しい(せっかく1500円中古ノートPCを活用していて、Debian 9 Strechベースの、Kona Linux 4.0 black i386 を利用しているので)。

(64ビットにしないのは、Kona Linux 4.0 black が使いたいから。軽さと音質とデスクトップマネージャがLXDEなのが理由。Google Chromeは使えないが、Firefox Quantum 32ビットが使える。(Chromeはメモリ食いで、最近仕様を押し付け気味なので離れたい))

で、Remminaが良さげなのでインストールしようとすると、libssh-4というライブラリのバージョンが新しいのを前提としているのに、古いのが入っているというメッセージが出る。
sudo apt install remmina

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
remmina : 依存: libssh-4 (>= 0.8.1) しかし、0.7.3-2+deb9u1 はインストールされようとしています
推奨: remmina-plugin-rdp しかし、インストールされようとしていません
推奨: remmina-plugin-vnc しかし、インストールされようとしていません
推奨: remmina-plugin-secret しかし、インストールされようとしていません
E: 問題を解決することができません。壊れた変更禁止パッケージがあります。


調べると本家Reminaのサイト様で、Debian 9 Strechではbackportコマンドで古いRemminaをインストールする必要があるらしい。

ただそれにはrisk(リスク)があるよ、との事でその他のRDPクライアントを探す。

下記サイト様でKRDC、rdesktopが紹介されている。

rdesktopはRDP 5.0のプロトコルまでで、Windows XPぐらいか。なので説明によるとネットワーク認証をOFFにすればよく、LAN環境内で閉じており、パブリックインターネット環境に出ていかなければ十分使える。

でもせっかくなのでKRDCがRDP 10.0をサポートしているのでこちらを使う。

sudo apt install krdc

インストールにはKDEのGUIを使っているのでLXDEのKona Linux 4.0 blackは結構色々前提パッケージが入る。

起動はスタートメニューのインターネットにKRDCがあり、開始すると、KDEのウィジットを使ってパスワードの入力をしているらしく、新しい暗号化したパスワード入力を使うか聞いてくるが、クラシックを選んで、通常のログイン画面でキー入力する。
a0034780_09414198.png
a0034780_09423141.png
その時ウィジット自体のパスワードも別にすべきだが、PCのパスワードと同じに。

a0034780_09425303.png

で、画面が表示されるのでConnect to:rdpにして、入力エリアにプライベートIPアドレスを入力してRDPサーバを指定する。

a0034780_16521890.png

AndroidのRDPクライアントと違ってPCのログイン画面が呼び出される。そこでパスワードを入力するようになっている。

非力な中古ノートPCでも画面が表示された。動画は少しカクつくが見れないこともない。
a0034780_16005840.png



これで、非力なタブレットに続いて非力なPCで、強力なPCへリモートデスクトップ接続できるようになった。中古でも画面が綺麗で広く、性能に目をつぶっていたのだが、十分活用できる。
あとはラズパイだがこちらは画面がないからどうだろう〜7インチのssh接続でたまにRDPサーバにアクセスしたい時があれば必要かな。

同じような方法にVNCクライアントを入れる方法もあるが、ちょっと遅いようだ。まあVNCは昔から公衆無線LANなどに繋ぐときに必要だったが、RDPもLANだけでなくなって乗り換えることが出来るのだな〜
拠点VPN張ってその中にRDP通してたけどRDPだけでセキュリティ十分になったのかな〜

by k1segawa | 2019-01-23 15:53 | パソコン | Comments(0)