人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

<   2018年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Kona Linux 4.0 を 自動更新したところ、画面に縦線または横線が出るようになってしまった。

PCが対応していないグラフィックチップなのか、と思ったら、別のPCでも全く同じところに横線が表示される。

a0034780_20044464.png
a0034780_20045700.png
ドライバの不具合なのかと思って調べたら今年7月にすでに解決していた。
a0034780_20050610.png

[スタートメニュー][設定][ウィンドウマネージャー(詳細)]で、[コンポジット処理タブ][ドックウィンドウに影を落とす]をチェックOFFにするようだ。
a0034780_20051431.png

綺麗になった。
a0034780_20052218.png
update ではすべてのPCの環境をチェックできないから、きっと他のPCでは表示されないのだろう。グラフィックの描画順序とかで。
またはバグ報告を上げなくて気が付かないのかも。



by k1segawa | 2018-11-30 20:15 | パソコン | Comments(0)
カーナビが動くようになったので、本格的に固定スタンドも欲しくなる。

ネットではカーナビ・タブレット用が1800円、カロッツェリア用が5000円くらい。

本体としっかり繋ぐためのかちっとはまるアダプタやパーキングブレーキ中の電源ONケーブルとか至れり尽くせりだから仕方ないね。

なので、100均で材料を見積もる。

1.超強力マグネット
2.超強力両面テープ
3.鉄板
4.輪ゴム
5.何かナビを縦に直立させるもの

で、買ってきたのがこちら。
a0034780_10304611.jpg
ちょっと余分に買ってきてしまった。
必要なのは、

硬質カードケース × 1
鉄製ミニブックエンド × 1 (高さはカーナビと同じか高いくらい)←【ここ高さ重要 - 設置位置によって運転者の視界をさえぎらない】
超強力両面テープ
ボタン電池 × 4
超強力マグネット × 4

あとからわかるが、ヘアバンドは表面がさらさらして止まらない。
輪ゴムはまだ現役ということだ(コネクタ編として楽しみに取っておく)。
では組み立てていこう~

カーナビの高さがちょうどカードケースと同じくらいで加工する必要が無かった。そのまま両面テープで磁石とともに貼り付ける。
a0034780_10363672.jpg

そして鉄板代わりのボタン電池にも貼り付ける。カーナビや自動車に直接磁石を近づけない(間に鉄板が入ってるので磁束が拡散される)ようにしている。
a0034780_10391453.jpg

つまようじとセロテープは有りものを。念のため落下防止にちょうどいいものがあったので、買ってきた。100円。
a0034780_10411379.jpg

つまようじを加工して、溝に隠れているエンジン連動スイッチを押し込む仕組みを作る。必要なら抜き差しも出来る。
a0034780_10464380.jpg

この時、セロテープを巻き過ぎない。
a0034780_10481526.jpg


で、こんな感じに突っ込む。溝が凹なら、つまようじを 鍵の歯を上にしたように突っ込む。
a0034780_10490198.jpg
こんな感じ。
図にはないけど、残ったつまようじがすでにスイッチの上にはまってる。
a0034780_11060368.jpg
横から見る。
a0034780_11075255.jpg

あとは、落下防止のストラップをつける。なければよくあるポリエステルやポリプロピレンなど熱に強い安い荷造りひもなんかでいい。
a0034780_11084256.jpg

穴を通す方のバンドは、鉄芯の入った、PCのコードなどを巻くのに使われているもの。
a0034780_11161525.jpg

通し方:
a0034780_11201481.jpg
a0034780_11204115.jpg
a0034780_11211506.jpg
a0034780_11215437.jpg

で、落下防止のストラップを通してから、輪っかにして切る。
a0034780_11232117.jpg

さて、出来たので、写真にはないが左からACアダプタを刺して輪ゴムをかけて、スイッチをいれるという、接触不良なのかよくわからない「離れ業」をしないといけない。
ちゃんと連動スイッチのところが、つまようじで押されているか、上から押してくださいね。
a0034780_11262716.jpg

うまくいったら、ブックエンドを差し込みます。そんなに気にしなくてもいいけど、角に寄せてブックエンドの縦がカードケースの縦辺に接する感じ。
a0034780_11281125.jpg

裏返してみるとこんな感じ。
a0034780_11291588.jpg

さあ、出来た。このままそーっと車まで持っていって、設置しよう~

次は設置編。

なおブックエンドやACアダプタ( or シガープラグコード)ははずして、また組み立てられる。ちなみに購入は全部セリア。

by k1segawa | 2018-11-27 11:30 | カーナビ | Comments(0)
中古ポータブルカーナビ carrozzeria AVIC-MP33 本体を 100 円で入手。

電源もスタンドもなく、電源も入らない。
しかし5インチで液晶も本体も傷はなく、ボタンもゆるゆるになっていない。

AC電源なら変換コネクタを持っているので刺されば3~12Vまで自由に出力できるアダプタがある。

で、調べてみたら、どうやらメーカー固有のサイズらしく外径2.1ミリだと緩すぎ、3.0ミリだときつくて入らない。

センター+で、5V 3Aらしいので、手元にあった 外径2.1ミリの5V 2.0Aの別のACアダプタを指してみる。
お、アダプタを斜めに刺すと通電する(電源ランプが光る)場合がある。
a0034780_13370092.jpg

外径 2.1ミリ内径 1 ミリなので、内側の+はつながっていて外側が接触しないようだ。

アダプタの穴をよくみると画面側に接点があり、常に手前に引っ張っていると通電する。

なので、以下のように輪ゴムで引っ張ってみた。
a0034780_13364257.jpg

輪ゴムを本体右に引っ掛け、液晶面のゴム辺を一回ひねってACアダプタに引っ掛ける。

そしてアダプタをつなぎっぱなしで横のスイッチを入れる(2秒入れっぱなし)と、起動画面が表示された。
やったー!と思ったが、そのまま電源が落ちて先に進まない。
1回2回たまにナビの地図画面が出ることがあったが、すぐに電源が落ちてしまう。

充電が終わるまでほっといたが3時間ぐらいたっても電源ランプが赤のまま。
おかしいなーと思ってスイッチを入れても状況は変わらず。

試しに電源を抜いて、スイッチを入れると、おおおおー、起動画面のあとナビが正常に起動した。
どうやら電源をつないだままだと起動しないらしい(このあと充電完了後は刺しっぱなしでも起動した)。

充電が完了しないのでさらに1日ほっておくと、電源ランプがついに!黄色?緑の完了状態になった。
バッテリーも死んでいなかったようだ。

で、輪ゴムと従来のカーナビのスタンドに輪ゴムで引っ掛けて固定する。
a0034780_13383878.jpg
左下の電源ランプがグリーンだと充電完了。その上のランプは通信用でMP33は未対応なので光らない。
車が走り出すとゴトッと下にズレ落ちたので、車用ゴムマット - 滑り止めシートを敷いて滑らないようにしたのがこれ。
a0034780_13390679.jpg

おー、固定がそれほどでもなくてもずれないから安定している。
これで100円カーナビを、手持ちのACアダプタと輪ゴムだけで"0円"で使えるようになった。

カーナビ自体は全然OKで、このカーナビは少し「斜め上」から見た方がよく見えるので傾けて設置。
全然使えるじゃん。
あとはスタンド自体もなんとかできればいいな~(スマホスタンドには少し大きすぎ、グラグラするので結局滑り止めシートにのせることになる)
あとACアダプタでもシガーソケットでもいいから5V 3A入れたいな~


by k1segawa | 2018-11-26 14:08 | カーナビ | Comments(0)
ずーっと少なくとも3年以上はTVから離れていた。

NHKというと堅いイメージだが、イメージを崩して身近になるように方針が決まっているのか、真面目な中にフレンドリーなMCが多くなったような気がする。
a0034780_10095153.png
その中で最近「チコちゃんに叱られる」が人気なのだとか。

そうでなくても最近のNHKは真面目な中に砕けた口調のMCがいたり、芸能人MCを多くして、バラエティ色が強まっている。

情報番組ブラタモリや試してガッテン、その系列にチコちゃんは含まれる。

今日見たら、また見てみたいと思わせるそのキャラクターの口調と表情。CGで顔はあとから編集しているようだが、VRやMMDでよく見る半目やジト目三白眼(ー_ー;)、軽蔑した目、上から目線など目の表情が豊か。これはネットから来るもので、口の形も目に合わせて適切なものに自在に変化している。




by k1segawa | 2018-11-24 09:57 | Comments(0)
(2018/11/24追記2)
PaleMoon28.2.1(32ビット)になってMozilla Firefoxのアドオンが入れられるようになった!!
FormColorChangerが入れられる。やったー
FormColorChanger - Get this extension for Firefox(ja)

でも、入れたらWeb画面でのダイアログ画面(エキサイトブログの画像管理で削除のダイアログ)のボタン(button)ややっぱりselect要素は文字が変わらなかった。そしてwindow コントロール部品としてのURL入力エリアの背景と文字色はダークのままで正常だった。
おー、StylemのCSSの書き方が悪かったのかな。CSS勉強する必要があるな〜

今までFirefox52ベースの27.2.1(32ビット)だったのが64ビット版と同じ28になってやっとFirefox53以上と同じになったのかな?
と思ったらこちらのサイト様に従って以前ユーザーエージェントを変えようとしてたやつを見てたら、

アドオンを使わずにFirefoxのユーザーエージェントをChromeに変更する方法 - ぼくのデジタルライフ


about:configで
general.useragent.overrideが細分化されてた。
後ろにサイトのドメインがつけられ、それによってサイトごとに変えられるようだ。
その中のアドオンサイトのユーザーエージェントがFirefoxになったのだと思う。27の時はFirefoxをインストールするボタンだったからね。
うむ。PaleMoonも順調に進化してるな〜

(ここまで)

(2018/11/24追記)
やっぱりFirefoxでも見づらい。またブラウザが表示するダイアログ画面のボタンも同様。なのでPaleMoonも含め、次のように修正。
◆Firefox
input, textarea, select, button {
color: black;
background-color: white;
}

◆PaleMoon
input, textarea, select {
color: black;
background-color: white;
}

button {
color: #AAAAAA;
background-color: white;
}

PaleMoonはWindowシステムのコントロールとしてのボタン(例えば[ツール][ページの情報])の文字色が連動してしまっている。なのでbuttonに関しては、背景白でも黒でも認識できる色にする必要があるのでこうなった。ブラウザのテキスト入力エリアのといい、Firefoxはそんなことないので、PaleMoonまだ爪が甘いな。

ふう、またなにか見づらければ、[メニュー][ウェブ開発][表示]や[インスペクタ]を選び、左端のマウスポインタアイコンをクリックして、該当のWeb要素(ボタンとかドロップダウンリスト-selectなど)にマウスを持っていって、強調表示されるタグを見て追加していこう〜

P.S.
にしても、Firefox Quantum 32/64ビット 63.0.3 速いな。メモリ4GBのCloudReadyでChromebookを動かしてるマシンで比べると、Kona Linux 4.0 black i386 PAE対応版上のFirefox上の方が、Youtubeの再生が速くてスムーズだ。
リアルタイム対応版は他マシンで不安定なのでこれにしているが、Chromeブラウザ必須のAbemaTVやAmazon関係を除けば、もうこれでいいんじゃないかな〜

(ここまで)


Kona Linux 4.0 black i386 のダークテーマで、Pale Moon や Firefox でみると、Yahoo! Japan の検索窓で入力文字が白くて背景に溶け込んで見えない。

Chromium ではきちんとしている。

Firefox 52 以前なら FormColorChanger というアドオンの拡張機能で解消できたのに、今はダウンロードできない。

なので、CSS を変更できる次の拡張機能で記述した。
◆アドオン
Pale Moon:Stylem
Firefox:xStyle

◆内容
input, textarea, select {
color: black;
background-color: white;
}

select は Firefox では無くても灰色に白文字で一応は見える。

これだとダークテーマの Pale Moon ブラウザのテキスト入力コントロール部品の文字と背景色も連動するので、せっかくの統一テーマも崩れる(そこは連動しなくていいと思うが)。

by k1segawa | 2018-11-23 22:30 | パソコン | Comments(0)
(2018/11/23追記)
最近Google Home Miniが増えたのでベッドルームにAWAのキャストを、リビングルームにAmazon MusicのBluetoothのキャストが向いている事がHomeアプリで確認でき、スマホから同時再生も可能だった。
(ここまで)

◆やりたいこと
Google Home Mini を使ってて、スマホ(Android)→Google Home Miniへ音楽を転送し、Bluetoothスピーカーとして使う。
a0034780_08493124.jpg
Google Home(再生) → Bluetoothスピーカー ではない。

スマホ・PC(再生) → Google Home(スピーカー)である。

◆手順
おしいサイト様があった。

ここで、Step8はGoogle Home(ベッドルームやリビングなどの名前)が未ペアリングの場合なので、
ペアリング済みの場合、Step8とStep9の間に、スマホの「ペアリング済みデバイス」一覧画面の「設定(歯車マーク)」をタップし、「メディアオーディオ」をチェックONにする。

これでGoogle Homeからスマホの音楽が鳴る。スマホのAmazon Musicアプリから出る音楽もこれでOK。


by k1segawa | 2018-11-23 08:52 | Google Home | Comments(0)
以前はメニューの[その他のツール][デスクトップに追加]で、任意のWebサイトの任意ページを、単体のWebアプリのようにデスクトップにシングルウィンドウで表示するショートカットが作れたのだが、Chrome 70(68ぐらいから?)から[ショートカットを作成]に変更され、別ウィンドウの単なるタブの一つになってしまった。

以前のWebアプリのような状態だと、タブ表示やURLエリアやメニューなどなく、タイトルバーだけですっきりして、ネイティブアプリのようだった。そして別プロセスなので本体Chromeの影響を受けなかった。具体的にはctlr+マウスホイールでのズームが別個だったので、WebアプリのAbemaTVの操作パネルを極端に小さく縮小しても、本体には影響しない。そしてWebアプリ側は単独でクローズしても前回開いたタブにカウントされないので、安心して閉じれる。今の[ショートカットを作成]だと、別ウィンドウのタブなので、本体のウィンドウを閉じてしまってから、その別ウィンドウを閉じてしまうと、単タブが最終タブになってしまうので、本体の前回開いたタブがすべて失われてしまう。

このようにメリットがあったのだが、あまり知られていないのと、セキュリティ上2つ別プロセスだと複雑になるのと、Chromeアプリ(ChromeリモートデスクトップもChromeストアからの起動になった)が廃止になりつつあるため、その流れで[デスクトップに追加]で作るWebアプリのような”Chromeアプリ”は廃止になったのだろう。

しかし、Chromeアプリで作ったショートカット(Chromebookではシェルフ)は、chrome://apps
で呼び出した新規タブ画面には残っている。そこからアイコンをクリックすると、ちゃんとシングルウィンドウでWebアプリ(Chromeアプリ)が起動する。

もう、WindowsやMacからはWebサイトをChromeアプリのショートカットを作成する方法はなくなってしまったが、Chromebookからはまだ作成可能だ。そしてオープンソースのChromiumブラウザのプロジェクト下でChromebookのオープンソース版もあり、それの個人ビルドや法人ビルドがある。法人ビルドは2つあったがNeverWear社が買収して今はCloudReadyの1つになった。CloudReadyのFree版があり、これを使えばまだ「シェルフ」を作れば共有してchrome://appsでWindows/Mac のブラウザからWebアプリであるChromeアプリを追加できる。

*ややこしいのはChromeアプリがChromeウェブストアアプリと似ているからで、前者は単ウィンドウでアプリのようにふるまうもので、Chromebookを除いて廃止の方向、後者はあくまでもChromeブラウザ上の中で動作するもので、これからはこちらがメイン。

Chromeアプリを追加して開く - Chrome ウェブストアヘルプ

ここに「ウェブサイトをアプリとして追加する」という項目があって、もう出来ない[その他のツール][デスクトップに追加]として残っている。Chromebookでは[シェルフに追加]だ。

cloudReadyをmicroUSBで起動してChromebookのように使っている自分はいつでもよく使うWebサイトをChromeアプリ化してchrome://appsの画面にショートカットを置けるが、そうでないとまずcloudReadyをmicroUSBでブートする環境を作るのが手間だろう。

他にChromeアプリを作る方法やchrome://appsの画面に追加する方法があるのかもしれない。

結構便利だったんだけどな~

WindowsでAWAのネイティブアプリがあるが、amazon Musicはない。amazon MusicのWebサイトに行ってこれをChromeアプリ化すると、以下のようにAWAみたいにネイティブアプリのようになる。
a0034780_02270426.png
AbemaTVよりこっちの方が便利。
あー、でもわざわざchrome://appsを開かないと呼び出せなくなってるしな~
デスクトップにアイコンを持って行っても禁止マークだし。

おー、Chrome リモートデスクトップもchrome://appsに残っててまだ使えた。単にChromeアプリをメニューから廃止したのと同じだったんだ。
a0034780_03114614.png

で、chrome://apps の画面。
a0034780_03224702.png
左上隅にウェブストアへのアイコンがあり、これは標準。そのすぐ隣にそこからウェブストアアプリをダウンロードすると入る。
google ドキュメントとかYoutubeとか。これらはChromeブラウザ上でタブとしてしか開かない。

Webサイトを追加したのがAbemaTVやNHKラジオやradiko。もう開けなくなったChromeリモートデスクトップもここからなら開ける。これらは単ウィンドウとして独立して開く。

色がモノクロなのはChome 70になってから未アクセスだったもの。今回アクセスするとカラーになった。

by k1segawa | 2018-11-22 02:29 | パソコン | Comments(0)
(2018/11/24追記)
すでにバージョン28.2.1 (32ビット)にアップデートされていた。
なので、このアドオンはDisableされる。
この記事の末尾の「順繰りに調べる」リンクを、最新28.2.0_RC3までたどってインストールするとOK。
(ここまで)

(2018/11/21追記)
◆27.7用アドオンの場所・失敗した時の回復方法
[ツール][アドオン][テーマ]で、Compact Moonというのの、最新は28.0だが、同ページの旧バージョンの2017年の最終をインストール(27.7に対応していると思われる)。
コンパクトになって画面上が細くなっていいのだが、、色々な画面が崩壊。起動も怪しくなってしまった。
結果sudo apt remove palemoon/sudo apt install palmoon/sudo apt autoremoveするはめに。
無事初期状態で起動でき、直後だったのでタブやブックマークは残っていた。
仕方がないのでテーマをremove(削除)。
ぶっ壊れたときの手順をここに残す。
◆Firefox Quantum 32bit のインストール
Kona Linuxの[システムツール][最新のfirefoxをインストールする]では、インストールできなかったので、
Mozillaのホームページから他のOS版から、Linux 32ビットを選択し、tar.bz2でダウンロード。Xarchiverで解凍後Firefoxの実行形式をクリックで無事起動。
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/?utm_campaign=non-fx-button&utm_content=776857@personas.mozilla.org&utm_medium=referral&utm_source=addons.mozilla.org
Linux 32ビット版直リンク
https://download.mozilla.org/?product=firefox-latest-ssl&os=linux&lang=ja

(ここまで)

Kona Linux 4.0 i386 black を使っているのだが、Pale Moon27.7の日本語化ファイルの情報が2017/9辺りで止まっている。
そこに載っている27.7の物を入れても有効にならない(Disable)のだ。

それでGithubをさかのぼって探したら、27.7は27.9.4_RC2がMAXのようで、それ以前のはFile Not Foundになってしまう。
なのでこれをダウンロード&インストール。
https://github.com/JustOff/pale-moon-localization/releases/tag/27.9.4_RC2

手順通り再起動後にGUIが日本語化された。

順繰りに調べる際はここから。末尾に前後へのボタンがある。
https://github.com/JustOff/pale-moon-localization/releases?after=28.0.0_RC2


by k1segawa | 2018-11-21 06:04 | パソコン | Comments(0)
中古ノートPCで、google chromebookのオープンソース版を使っているのだが、ある程度のパワー(Chrome上でYoutubeがカクカクしない)がないと遅いので、PC-Linux上でPale Moonを使うとそちらの方が快適だった。

メモリ2GB、Vistaが動いていたマシンなので、それほど無茶苦茶遅くはない。
しかし、デファクトスタンダードのChromeはタブ1個でも、たくさんプロセスを発生させるのでメモリやCPUパワーを使ってしまう。
なのでブラウザの表示やHTML解釈に悪影響を与える。

その点Pale MoonはFirefox系列なので、今のメモリ食いのFireFox Quantamより昔のバージョンなので、単タブだとそれほどメモリを食わず、Chromeより軽い。複数タブにすると、メリットは失われるが。

でも”メモリが少ない非力なPC”にはPale Moon > FireFox Quantum > Chromeの順で軽い。

いいよ! Pale Moon。Windows版もあるよ。
まあそんなPCにはEdgeが一番なんだけどね。機能少ないし、UI使いづらいけど。

by k1segawa | 2018-11-18 15:44 | パソコン | Comments(0)
昔あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
村の外から流れてくる川をどんぶらこ、どんぶらこと桃が流れてきました。

その桃を持って帰って切ったところ、中から”外国”の子供が生まれてきました。

大切に育てて大きくなった頃、国に帰ると言っておともに犬猿キジを連れて、鬼ヶ島に向かいました。

その際、桃太郎はおじいさんおばあさんの村の畑をつぶし金に変えて、おじいさんおばあさんが働けなくなっても、自分たちの国では個人の自由だと言って、見捨てていきました。

それまでに受けた恩を忘れ、郷に入っては郷に従え、の習わしもせず、結局人のいい二人を食い物にしただけでした。

桃太郎は鬼ヶ島で飲めや歌えやの金満生活で、あっという間にお金を使い果たし、また村に戻ってきました。

しかし、そんな桃太郎をおじいさんおばあさんは自分たちの食べる分まで畑の作物を売って、もてなしたそうな。

おじいさんおばあさんは、桃太郎の気持ちが自分たちに寄り添うことを期待していましたが、外国に一度戻った桃太郎には通じませんでした。

村人はおじいさんおばあさんに早く目を覚ましてと、かけあいました。村は決して冷たくはなかったのに、桃太郎は村八分にされたと、訴えて村長に抗議しました。

結局桃太郎は村に馴染むことなく、鬼ヶ島に帰っていったとさ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(外国人受け入れを安易に行うと、その気質・習慣の違いから、元々の住民との軋轢が長期に渡って起こることが懸念されます)

by k1segawa | 2018-11-09 23:42 | Comments(0)