人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

<   2019年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0034780_08050795.png
BGMや運転席からの狭い住宅地の隙間を縫うようにして走る路面電車の車窓風景が格別。


by k1segawa | 2019-09-23 08:10 | Comments(0)
Rec Room というバーチャルオープン SNS フィールド(≒オープンワールド)が、PSVRやSteamのPCVRで提供されている。

世界中の人がアバターを着て、運営が用意しているゲームや会話を楽しむものなのだが、
これのPUBGみたいなバトルロワイアルゲームが2019年に再沸騰してきて、とても良く出来ている。

【特徴】安全エリアが時間とともに縮小して、たった一人になるまで戦う。無料で、グラフィックがポリゴンなので、負荷が低い。

同じようにPCVRじゃなく、Oculus Goで出来ればいいのにな~と思ったら、GalaxityというOculus Homeに似たようなのがある。

【Galaxity】
Rec Roomと同じで、ポリゴンのアバターで、街がフィールド。Rec Roomは施設内だったが外向的な感じだ。

そしてOculus Go(Questも予定)、PCVR(Steam)提供されているようだ。

Galaxity - The Last Word {HTC VIVE VR} - YouTube


これならRec RoomがPCVR勢しか遊べなかったのが、Goも参加できる。

まだまだベータ版だが、将来ambrのように日本人がVRChatよりもカジュアルな遊び場所がまた一つ増えるかもしれない。

【Goでの操作】
a0034780_06050611.png
トリガー:アイテム選択/ボタン押し
戻るボタン:メニュー
タッチパッド:
上押し→ワープ移動
左右押し→左右に向く
下押し→ポインターのレーザーON/OFF

ワープ移動がタッチパッドの上ボタン押しなのだが、範囲が狭くて押しずらくてなかなか大変だ。


by k1segawa | 2019-09-22 06:09 | VR | Comments(0)
(2019/10/17追記)
Noto Sans CJK JP はデフォルトではなかったようだ。
なのでGoogle Noto Fonts でダウンロードする事。
a0034780_03005442.png

Japaneseと検索してSansの方をダウンロード。
解凍後、Bold(Mono Boldではない方)をダブルクリック。フォント画面でインストールを選ぶ。
a0034780_03243108.png
またマシンのDPIが高い(ノートなど高密度)PCだとFire fox QuantumはBoldでは太すぎるようで、Regulaがちょうどいい。
(ここまで)


(2019/9/19追記)
SteamVR Homeの画面は関係なかったようだ。
以下の記事でSeam VR Homeでのフォント表示方法を示す。

(ここまで)


Steam VR のメニューの文字がいつまでたっても表示されないので、Androidの標準フォントDejaVu や Droidを入れて見たが適用されない。

Windows 10 フォント追加

フォント削除

ついでにWindowのシステムフォント(主にエクスプローラのツリー部と一覧)が細いので、Linuxのようにもっと太くしたい。

そしてブラウザをChromeからFirefox Quantumに変えて、Webのフォントも自由に変更できるようにした。
ChromeはWebで指定されたフォントをユーザが自由に変更できる機能をずいぶん昔に削除してしまった。Firefox(Quantumも)はそれがちゃんと機能としてあるので乗り換えた。

主にFirefox QuantumはLinuxではMono Space(固定幅フォント)がNoto Sans CJK JPになっていてとても見やすい。

このNoto Sans CJK JPとはWindow 7頃にGoogleが今の高精細モニタを見越してフォントの大きいサイズでも見やすい、つまり拡大しても太さがおかしくならない(MS ゴシックやMS 明朝は元が16ドットのピクセルなので拡大してもせいぜい24ドット程度までしか綺麗に拡大できない。それ以上だと太さを太くする必要があるのにドットのため太くする方向を判定できないので細いままになっている)。WindowsのWeb用のメイリオやシステム用のMeiryo UIがMS ゴシックやMS 明朝の代わりに標準フォントの座に座ったが、いまいちだった。Windows 10の頃からシステム用には游ゴシックが適用され、少なくともエクスプローラなどのGUIは割とまともになったが、Web用はメイリオが標準のままだ。

そこにGoogleが提供したNoto Sans CJK JP(C:中国 J:日本 K:韓国)の3つの主要東アジアの国を含んだ高精細モニタ用フォントが無償で色々と乱立している日本語フォントのスタンダードになっている。なのでSteamなどの海外勢はアジアのローカライズ用にNoto Sans CJK JPをデフォルトとしているのだ。

これが指定されていないとSteam VRアプリは文字を表示できない事になる。

なので、Windows の システムフォントを現在の游ゴシックからNoto Sans CJK JPに変更するのに、色々調べると次のサイト様から2つの方法があるようだ。

Windows 10」のシステムフォントを見やすく奇麗に変更する方法について

こちらではフリーフォントをダウンロードして設定することを推奨しているが、現在の190XのWindows 10なら標準でNoto Sans CJK JPが入っているので、わざわざダウンロードしなくてもよいし、Web用としても使えばHPを作る際に指定したフォントが無い→Windows10 ならメイリオになってしまう、などの残念な結果にならない。

なのでClear Typeを有効にすることはもちろん、「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」や「Meiryo UIも大っきらい!!」などのツールを使ってNoto Sans CJK JPをシステムフォントに指定する。
一発変更は旧OSに入っていたフォントをMSのサイトから自動ダウンロードして適用するので、今回は使わないが、Noto Sans CJK JPよりもそちらの方が気になる場合は利用すると良い。

今回Meiryo UIも大っきらいが、一括でシステムフォントを変えたり、一部タイトルだけ変えたり出来るので、元々の「Yu Gothic 9ポイント」に戻すのが楽なので(最初の項目に指定したフォントが一括で適用されるのでYu Gothic 9で一括を押す)、これを使う。
a0034780_03032687.png


Noto Sans CJK JPは9種類あって、Noto Sans CJK JP Bold(Mono Boldでない方) と Noto Sans CJK JP Mono Regularの2つしか候補として挙がらない。なぜならエクスプローラのツリー部のフォントが他の種類だと字の間が空きすぎるのだ。

一括適用ボタンを押すと最初先頭の項目だけ(エクスプローラを開きながら大っきらいの適用ボタンを押すと即時)反映されるので、通常のファイル一覧画面部分だけ変わるが、2~3秒すると他の項目(タイトルバーやアイコン)にも反映され、エクスプローラのツリー部のフォントが変わるので、ゆっくり判断する。
モニタ解像度にもよるが、今回はBoldの11ポイントを選んでみた。9ポイントでも十分な場合もあるし何なら16ポイントまで引き上げてもよい。以下は11ポイントでの様子。
a0034780_03335495.png
a0034780_03341421.png


システムフォントだけでなく、Web用にFirefox Quntumも変更しよう。

こちらはオプションで既存のフォントでNoto Sans CJK JPを選ぶ。種類は詳細で設定できる。16ポイントを選ぶのだが、9ポイントだとWeb上で小さいフォントは割とつぶれないで見れるが、Zoomを行うと、元々の9ポイントをズームするので太さが変わらないという、MS ゴシックやMS 明朝と同じ現象が起きる。16ポイントだと小さいフォントはつぶれ具合がさらにひどくなるが、Zoomで太さがしっかりしているため、見やすい。

昨今のモニタは解像度が高いので、Webブラウザの標準の100%だと小さすぎて、200%、300%にすることが多い。この時9ポイントだと300%にしないと十分なフォントサイズにならず、画像も一緒にZoomされて大きすぎる事になる。16ポイントだと200%でもフォントサイズは十分で、かつ太さもバランスよく太くなる。なので200%で運用する前提で16ポイントが推奨だ。

詳細設定ボタンで各フォント種別ごとに設定が出来る。
プロポーショナル:欧文のフォントを指定する
明朝体:日本語独自の項目で明朝体に指定するフォントを選択
ゴシック体:日本語独自の項目でゴシック体に指定する~
等幅:固定幅フォントで欧文・日本語両方でエディタなど文字間を一定にした時に使うフォントを指定する

なので、ゴシック体だけがNoto Sans CJK JPになっていればよい。明朝体はないからね。明朝と等幅は游明朝・游ゴシックになっていればよい。等幅は好みでNoto Sans CJK JPにすればよい。
最小フォントサイズは9ポイントを指定してあまり小さすぎても困るので設定した。

もちろん一番重要な「□ ウェブページが指定したフォントを優先する」にはチェックOFFにして、フォントをユーザが自由に設定できるようにしないとね。

これで、すべてのシステムフォントとWebページがFHD(1920x1080:1080p)以上のモニタで今までのメイリオやMS ゴシックなどのいまいちな文字から綺麗なフォントに変わって見易くなった。


by k1segawa | 2019-09-10 12:18 | Comments(2)
スマホからRotation Control(【画面の回転(向き)を制御】ローテーションコントロール HDM Dev Team)というアプリを持ってきて動作させてみた。

ポートレートモード強制で、Oculus TVの画面が縦向きになったのはいいが、VRの縦分割180°の状態になり、2重に見えつつ90°傾いて操作がほぼ出来ない状態になった。
たまたまBluetoothキーボードを接続していたから、タブとカーソルキーで移動し、Touch Padでポインタの移動方向が90°変換されて苦労してタップしてアプリを再度起動し、ポートレートモードを解除したら直ったけど、これでは使い物にならないのであきらめた。

スマホでは通知領域(Notification)で変更するアプリを使ってたのだが、GoのOculus TVには通知領域はないので設定できなかったのでこれを使ってみたが、結果的にはVRの見え方まで90°変更できないから無理と分かった。残念。

by k1segawa | 2019-09-09 01:30 | VR | Comments(0)
オープンワールドのVR期待のZenith、現在クラウドファンディングで9/27までにリリース(8月予定だったが)期限に Standard $29 を突っ込んでみた。
a0034780_12241474.png
a0034780_12262723.png
a0034780_12281082.png
a0034780_12310570.png
a0034780_12325549.png
Quest対応なのでグラフィックは高精細とまではいかないが、PCVRの幅広い対応なのでユーザーは多くなりそう。

ゼルダ風の少数チーム版(FF)のSAOっぽい(街~モブ戦DQ~ボス戦MHW)なので、PSVRの大手有名ソフトの味付けがしてあって、どこかしら趣味に合うところがあるだろう。

MHWほどの作り込みはないが、カジュアル層の長く遊べるエントリーゲームになれば、SONYの囲い込みで参入企業が少ないVRのすそ野を広げられそうだ。



by k1segawa | 2019-09-08 12:45 | VR | Comments(0)
飲み物を選ぶ時、野菜ジュースを出来るだけ買うようにしている。
コンビニで必ず買うのが、KAGOME「野菜一日これ一本」なのだが、それに対し類似品は味の好みがあり今一。

それが今日業務スーパーで買ってきたこれがめちゃくちゃ美味い。
a0034780_03121420.png

色々飲んでみて業界ナンバーワンの「野菜一日これ一本」しか野菜ジュースは美味いのが無いと思っていたのに、やっと張り合える商品が出てきた。
a0034780_03150969.jpg
果実の甘みが強く出てどちらかというと果汁ジュースの味がメインで、ドロッとした口当たりを期待するとがっかりする。果汁100%の濃縮液からの希釈ジュースと違って、野菜も入った軽い50%少々のさらっとした後味の良い飲料。砂糖不使用なのでカロリーも低い。

味に関してとても初心者向き。これはヒットする予感。

by k1segawa | 2019-09-04 03:27 | Comments(0)