人気ブログランキング |

体重と今日食べたもの

k1segawa.exblog.jp

ダイエット

ブログトップ

<   2019年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

台風一過で最初の出勤が始まる15日火曜日、関東はどれくらい復旧しているか通勤経路の範囲でレポート。

バス・・・通常のダイヤで遅延なく運行
JR・・・東海道が15分から20分の遅れで運行
JR横浜駅・・・トイレのウォッシュレットの個室の陶器の根元にびちゃびちゃになった土嚢が置いてある状態(逆流防止)
JR東京駅・・・特に混乱もなく駅周辺に落ち葉や枝などが散乱していることも無い
山手線を含む路線・・・下記のように10:00に一部運行を見合わせ。なので外回りではいけない駅もある。武蔵小杉駅は一部階段が使用不可になっている
相模川・多摩川・・・JRが横断する橋の上で速度を落として徐行運転をしているため上記の遅れを招いている
外国人観光客・・・東京駅に限って言えば特に混乱もないが人数は少なくなっているようで、外出を控えているか帰国済みか
公共施設・・・初めての平日という事でどこも混んでいる。ただし正午を過ぎるとまばらになっていた
天候・・・終日曇り。少し雨がパラつく。気温低めで薄手のコートが必要。午後からはJRに暖房が入った。半袖の方もいる

車両や線路内がほぼ完ぺきに整備されており、構内も綺麗で、時々遭遇する黄色いジャケットの線路保守点検員のグループが、いつもの倍の頻度で見受けられる。たぶん早朝に線路点検作業を完了してそれ以外の線路内施設に取り掛かっているようだ。感謝。
a0034780_20074376.png
a0034780_20073843.png



by k1segawa | 2019-10-15 20:08 | Comments(0)
城山ダムが緊急放流を終了して、今後は相模川周辺は公共の予想洪水浸水範囲を踏まえて避難準備を行うのがよい。

a0034780_04245397.png

拡大図
a0034780_04245919.png
予想される範囲は、北は寒川駅のあたり、東は新湘南バイパス沿い。
南・西は平塚駅や平塚市役所あたりまで。

この範囲外は一応安全とは言える。ただし相模川による洪水浸水に関する災害だけ。
なので、変電所や水道設備が相模川流域にある場合は、その供給先(エンドユーザの住居)も避難範囲になるので、広がる可能性がある(山崩れや土砂災害によっても停電や断水が起きやすい)。

また水害は高潮や津波もあるので、海岸から1km以内(標高10m以下)は心配する必要はある。国道1号線がその目安で、藤沢方面に向かう国道はそれ自体が高台になっているので、北方面の防波堤代わりとなっている面もある。


by k1segawa | 2019-10-14 04:40 | Comments(0)
台風19号が去って、大雨の被害が明らかになりつつあるが、今後も危険な状況がすぐに解消するわけではなく、天候の悪化により簡単に水害の発生や土砂災害が起きるリスクが高くなっていることに注意する必要がある。

そのため、現在自治体が用意している「雨量・水位」についてのホームページを、閲覧するのが良い。



リアルタイム雨量・水位情報 | 常陸河川国道事務所 | 国土交通省 関東地方整備局
a0034780_17492932.png


「雨量水位情報」でGoogle検索すると上記の3つが出てくる。上2つが地図に河川とその水位情報が掲載されていて見やすい。国土交通省のページは全国を網羅しているが位置情報が大まかなので、このような自治体ホームページを探して、地域の氾濫河川の危険度をあらかじめ知っておく。

今後の天候不順によって再度災害が発生する場合、どれだけ離れているか、簡単に発生するかを把握して欲しい。


by k1segawa | 2019-10-13 17:28 | Comments(0)
Windows 10 1903以降のWinUpdate後に、それまで共有フォルダを設定していたPCのフォルダが他から見えなくなる(ただしなるPCとならないPCがある)現象について、どうやら次の設定が勝手に書き換わっているようだ。
a0034780_12122003.png
なるほど、共有フォルダの設定(下記の4)だけじゃ回復しないわけだ。そもそものオプション設定(下記の3)が書き換わってたのね。PC再起動要だ。

ちなみに共有フォルダの設定方法は、以下のサイト様の「手順3 共有オプションを有効にする」+「手順4 共有フォルダを設定する」が詳しい。

by k1segawa | 2019-10-13 12:18 | パソコン | Comments(0)
[追記]こちらのサイト様が詳しいので神奈川東京埼玉の方は参照の事。現在の氾濫中の河川のフォロー(19時)もある。
【2019年台風19号・12日21時半追記】城山ダム緊急放流開始 広範囲に大雨特別警報 台風は東京→埼玉を通過中 | よどきかく

台風19号は18時に伊豆半島に上陸
a0034780_21120011.jpg
20時に小田原市付近を通過
北北東に進路を取っており、
a0034780_21120900.jpg
21時に町田市付近を通過する
a0034780_21185882.png
このことから台風は本州の内陸を通過しており、21時には台風の「南~西側」つまり山梨長野神奈川県は南~西の風向きとなり、陸地を経由するので風速は60m/sではなく「20~40m/s」になり、暴風域のピークからはすでに過ぎ去っている。
a0034780_21251906.png
21時:山梨長野神奈川県は暴風域のピークを過ぎた


【暴風域は台風の中心の東から南東の海上】

なので、今は台風の東側~中心部の、東京埼玉千葉群馬が風速60m/sの暴風域になり、0時の台風の中心の位置がどこになるかで、いつまで関東甲信が暴風域60m/sの風を警戒しないといけないかわかる。

21時:東京埼玉千葉群馬が現在進行形で暴風域のピーク
0時:上記関東北部と東部がいつまで暴風域のピークかわかる(現時点で23時に栃木茨木に移動)

とりあえず、山梨長野神奈川県の人は大雨と停電、山岳部は土砂、河川付近は洪水を心配しよう。

P.S.
【追加】
城山ダムの放流によって洪水浸水などの災害が起きる可能性がある場所は、円の部分の河川流域。
特に下流は傾斜も緩いので川が蛇行した歴史があって地盤が軟弱だ。
a0034780_22034953.png

今後、台風は速度を上げて北東方向に向きを変えて進むので、雨風は弱まって水害地域は曇りから弱い雨になっていく。
天候が回復する明日の朝まで避難所にいて夜は動かない方がよい。
a0034780_22211339.png
南関東はここまで

***
ここからは埼玉東京方面について

南関東は風雨も収まり、避難指示も事前に警告出来たが、逆にこれから利根川や東京周辺で緊急放流のダムが増えつつあり、入間川、多摩川など氾濫が起きており、警戒レベル5の発令が間に合っていないので、埼玉千葉東京方面は洪水避難警報が出るのでTVラジオに注意→氾濫や洪水についての緊急避難警報がついに出た(勧告ではなく。23時頃)

▲▼▲▼▲▼▲▼
埼玉東京は避難指示が出ていなかったので、氾濫河川付近の住人は自身で避難場所への避難を判断しなければならない。夜遅くではあるが、身を守る行動をとって欲しい。
▲▼▲▼▲▼▲▼


by k1segawa | 2019-10-12 21:29 | Comments(0)
今季最大級の台風が10/12に日本に上陸する。

気象庁発表の日本海付近の衛星写真や天気図もそうだが、リアルタイム(シミュレーション)っぽい様子は次のサイト様でも見れる。
a0034780_02120479.png
減色してGIF化(リンク先はもっと高精細)
a0034780_02563871.gif
これで日本海付近の台風の様子がわかる。

GIF化ツールはScreenToGif。
インターネットって本当に便利だな〜


by k1segawa | 2019-10-12 02:12 | Comments(0)
スタンドアローンVRヘッドセット Oculus Go と Quest には WANDER という Google Street View のVR版というべきアプリがある。
これはPCVRの方のGoogle Earth VR のような3DVRではなく、360°VR である。

Google Map には 360度いわゆるパノラマ写真を個人でもアップする事が出来る。そしてGoogle StreetはGoogleカーで撮影した世界の主要道路の360度パノラマ写真が道路に沿って連続して配置されている。

これをVRヘッドセットで見ることに特化したアプリで、Google Earth VR(に統合されたGoogle Street View VR) のような周りを見渡そうとすると一瞬視野中心以外が暗くなってVR酔いを抑えるような処理が無く、返ってスムーズに3Dで360度パノラマ写真を見ているような実際に見渡している感覚が素晴らしく、没入感がGoogle Earth VRが話にならないほど全然違う。

詳細:(この辺はちょっと思い入れが強すぎて飛ばしていい)
===============================================
そしてその操作UIが理にかなっており、わざわざグリップしてから回るGoogle Earth VRのへたくそなGoogle Street View(まあGoogle Earthの方がメインだから残ったUIがこれしかなかったのと圧倒的に重い処理のGoogle Earth側がそれを感じさせないようなUIにしている時点で、操作性の容易さは求めるべくもないが)とは違って、Touch パッドの軽く左右スラッシュやスティックの左右で周りを見渡せるという、自然な操作方法が採用されており、かつGoogle Street のと同じ移動矢印を採用して、360度パノラマ写真に対し目立たないよう配慮している各種の気遣い。

こういう部分以外でも、マップや近くの施設、お気に入り、ツアー、起動時のおススメ、ランダム、写真の履歴を簡単にさかのぼって過去の360度パノラマ写真を見れる、フォルダ分けの簡単さ、マルチプレイヤー機能、Google と同じ入力補間機能で簡単入力、候補表示、マップと航空写真の切り替え、ストリートの道筋のマップ上表示がGoogle Map互換でとっつきやすい、などそれを難しいUIで提供するのではなく、Dash ボードのような手前のメニューUIだけで完結に用意している事、このUIを設計した方は、よくある「Windowsコントロールに反発して訳の分からない独りよがりなフォトショップ的なアプリによくあるグラフィックを凝り過ぎて一般人には想像もつかない操作性を求められる」ようには、決してなっていない。

こういう優れたアプリが羊の皮をかぶっているので、それを見極められない提灯記事を量産しているライターから軽んじられているように見えて歯がゆいけれど、しっかりとアップデートされて初期起動時のロード時間が長くなってしまったのは、少しちょっとだけ、ほんのちょっとの時間だけれど、起動してすぐまわりに360度パノラマ写真が表示された旧バージョンがとても懐かしい。
===============================================
(ここまで)

起動時のおススメが、本当に素晴らしい景色を選んでくれるので、お気に入りが沢山のおススメであふれてしまっている。
Mont Blanc(モンブラン)で検索:
a0034780_00562569.png
a0034780_01011869.png
PCでの見え方

WANDERだと、全然違うのでぜひ見て欲しい。Goなら半額セールで400円程度。Questでも通常価格が1000円程度だ。

Google Map もいつのまにかGoogle Earthのような地球のボール状表示に変わって日々進化していた。Google Earth VRの方も、割り当てボタン切替え可能、視野角縮小の有無(PCのCPUパワーで問題なく描画できるケースもあるので)の追加などエンハンスしていって欲しいなー
a0034780_00432842.png
P.S.
Google Earth VRも WANDERも両方使っているが、最初の感動が大きいのはEarthで、長く楽しめるのはWANDER。だってEarthの3DってGoogleが頑張って現実に似せて作った建物であって、近づいて見てみると結構ボロボロ(解像度低い)なので、ズームしても現実の写真なWANDERの方が当たり前だけど解像度ともに綺麗で実用的(旅行や故郷の様子を見る)。だからGoにEarthが来なくても感動するのは一瞬だから、結局使わなくなる。どこにいっても3Dはよく出来た偽物(ありがたいけど)でしかなく本物(の写真の力)には勝てない。



by k1segawa | 2019-10-10 01:04 | VR | Comments(0)
7/4の前記事、リンク先サイト様が404 Not Foundになっているので改めて下記に示す。



ここで取り上げているキーボードは、Logicool K380 で、キーボードの右端がEnterキーで、余計なPgUp/PgDn/Home/End/Cursorキーが無い、かつキーボードの左上隅がESCキーである事が、タッチタイピングする場合に重要。

右にこれらのキーがあるとEnterとBackspace、ESCキーにFやJにあるような突起をつけて、見ないでも触覚で判断できるようにする。両面テープの厚手の物を貼って仮としている。

Amazonの評価で、Google日本語入力+Chromeブラウザへの最初の入力が欠損するのがキーボードの不具合と言っているが、PCでも同じだし、自環境ではMS IMEでもChromeブラウザで発生するのでChromeの不具合である。これはネットで入力文字の候補を探しに行ってる処理が重いのが理由なので、Chromeの設定から切れば良い。
ネットワーク環境遅延やGoogleのサーバへのアクセスにSoCがついて行っていないので、ならない人が大多数。

Chromeの個人情報送信(送信したパスワードをGoogleサーバ管理者が眺めていた事例が2005年にあった)が許容範囲であるなら、そのまま使っていればいいのだが、今は個人情報を抜かないブラウザ(Firefox/Chromium/Brave/Vivaldiなど)は沢山あるからそちらでは不具合は発生しない。


by k1segawa | 2019-10-07 14:45 | Raspberry Pi | Comments(0)
だいぶ前に買ったFire Stick TV 4Kだが、スマホ(Android 7)からX-Plore経由でTwitchアプリをインストールして正常動作している。

Woooのプラズマで色彩をユーザカスタマイズして広い色域を生かすようにすると、Beat Saber Live配信とかがものすごく鮮やかに見れる。パソコンはiiyamaなのでそれよりもずっと綺麗。

SoCも以下のサイト様で80%向上の恩恵で楽々再生可能。HDR/HDMI 1.4/1080pだからかもしれないが。
Fire TV Stick 4Kのスペック詳細。メモリは1.5GBに増量、CPUの変更によりパフォーマンスが80%以上アップ | another Win And I net
https://www.kimanagu.com/entry/fire-tv-stick-4k-summary/

Twitchの場合、最初にログイン画面で最低限マウスが必要になるので、Fire Stick TV 4KにBluetoothマウスを接続。
ペアリングや接続は以前の記事の通りで、裏のボタンがペアリング、電源スイッチOFF-ONまたはスリープから復帰で接続。

一応Bluetoothキーボードも繋いであるが、標準のリモコンでOK。タブキーはリンクNextで便利かな。

Twitchの検索アイコンで、Beat SaberやMHW アイスボーンを検索し、右上のハートをクリックするとそのカテゴリをフォローしたことになるので、それ以降はマウス無くても最初のカテゴリに出てくるのでリモコンだけで選択可能。各Live画面で選択が微妙だけど(リモコンのリングのカーソル右でNextだがBackが出来ないので戻るキーでいったん戻ってNext)まあ出来ないことも無い。

この他にも、Amazon プライムビデオやAmazon music、AWAも入れたがなかなか快適に動作している。最初にDropboxでX-Plore入れればあとはスマホから無線で直接apkインストール出来るしな。

初Fire Stickだったが、こんなに簡単にカスタマイズ出来て性能も十分で、ほとんど見ないTV番組以外で大画面TVを活用出来て本当に満足。


by k1segawa | 2019-10-06 11:19 | Android, スマホ, タブレット | Comments(0)
VRの臨場感・迫力にハマっているのだが、もう一つの仮想(?)空間とも言えるドローン(その映像とともに)がVRヘッドセットのような形に進化した!

以下のサイト様
DJI FPV System Air Unit デジタル720p60fpsが凄すぎて・・ | ドローンマニアックス
https://toy-drone.com/dji-fpv-system-air-unit

ドローンが捉えた映像は、スマホや専用モニタで見るのが一般的だが、これはVRのようにヘッドセットをカブって視界をドローン映像だけにし映像に集中することで、臨場感が爆上げになる(ひょっとしたら両目1枚の液晶パネルではなく、1眼のカメラ映像を、ヘッドセットのレンズ2眼で別々の映像を3D処理している?)。

もちろんVR(360度映像)のように3Dofのヘッドトラッキングするには、ドローンのカメラが360度カメラになるか、2眼カメラにならないと出来ないが、これはスティックでドローンの方向を変えて、実機の向きを変えることで360度周りの景色を、VRヘッドセットのようなのぞき込む形で見渡すことが出来る。
将来360度カメラを積んだとしても、逆に進行方向と視線の方向が一致しなくて、今現在のVR酔いと同じになるので、ドローンの進行方向にカメラが固定している今の方が酔わないだろう。
Beat SaberがVR酔いが少ないのもほぼ(DayDream - Google のように移動が50cm以内に抑えたVR仕様)固定カメラに近い(上下と横前後の移動範囲がせいぜい身長の長さ程度かつ遠景が位置移動しない:その場でエフェクトするだけ)なので、VRにおける固定カメラや、自身の向きに連動したカメラ目線なのは、一般に普及する時VR酔いを防ぐアプリの実装方法の一つだ(ワープ移動・スティック移動・スライド移動などと呼ばれる移動もVR酔いを軽減する。あと移動中の視野を一時的に狭くするなど)。

リアルでVRと等しい経験である「雲の上」に、ドローンという眼を人類は得て、ますます仮想現実っぽい環境は未来に向けて大きく発展していくだろう。

さてこれの次のバージョンアップは、2眼カメラ搭載で片目別々の映像を流し込んで立体視出来るようになるのかな。




by k1segawa | 2019-10-04 08:21 | ドローン | Comments(0)